シーリングファンの掃除方法を紹介! 必要な掃除道具はコレ!

「シーリングファンのホコリや汚れが気になる」という人はいませんか? シーリングファンは、吹き抜けの天井などに設置することで部屋の空気を循環させ、冷暖房の利きをよくしてくれます。その一方で、「掃除がしにくく悩んでいる」という人もいるでしょう。

そこで今回は、シーリングファンの掃除方法を紹介します。

  1. シーリングファンはホコリがたまりやすい
  2. シーリングファンの掃除方法
  3. シーリングファンの掃除をプロに依頼する方法
  4. シーリングファンの掃除に関するよくある質問

この記事を読めば、シーリングファンを掃除する際の注意点もよく分かるでしょう。シーリングファンの汚れが気になっている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.シーリングファンはホコリがたまりやすい

シーリングファンは、前述したように部屋の空気を循環させるものです。部屋の空気には、以下のようなものが含まれています。

  • ホコリ
  • 花粉
  • カビの粒子
  • ペットの毛

つまり、ハウスダストです。これらハウスダストは、シーリングファンの羽に絡みついて蓄積していくでしょう。つまり、掃除せずにシーリングファンを使い続けていると、部屋中に羽に付着した汚れを振りまいていることになります。これでは、健康にも重大な悪影響が出るでしょう。

2.シーリングファンの掃除方法

この項では、シーリングファンの掃除方法を紹介します。

2-1.シーリングファンの掃除は、柄の長いモップで行う

シーリングファンにつく汚れは、ホコリが大部分です。ですから、汚れを入念にこすって落とす必要はありません。静電気でホコリを絡めとるモップを使いましょう。今は、柄が2m以上のモップも販売されています。届かない場合は、脚立も準備しましょう。

2-2.シーリングファンの掃除前にものをどかす

シーリングファンを掃除すると、ホコリやゴミが床に落ちます。後で掃除機をかける方法もありますが、シーリングファンの下にある家具はできるだけ移動し、ホコリがかぶらないようにしましょう。そうすれば、ホコリの後片付けも楽です。

2-3.シーリングファンはなでるように掃除をする

シーリングファンは、なでるように優しく掃除をしましょう。力を入れると羽が歪んだりします。静電気でホコリを絡めとるタイプのモップは、時々掃除機でホコリを吸い取りながら掃除をしましょう。

2-4.脚立に乗って行う場合は転落事故に注意

脚立に乗ってシーリングファンの掃除をする場合は、転落に注意しましょう。特に、高齢者の場合は転落すると骨折の危険もあります。

3.シーリングファンの掃除をプロに依頼する方法

この項では、シーリングファンの掃除をプロに依頼するメリットや注意点を紹介します。

3-1.プロならば、丁寧に隅々まで掃除してくれる

プロのハウスクリーニング業者なら、シーリングファンを隅々まで丁寧に掃除してくれます。個人で行うよりキレイになることでしょう。また、シーリングファンの破損や故障も防ぐことができます。

3-2.シーリングファンを掃除してくれる業者の選び方

シーリングファンは、どんな家庭にもあるものではありません。そのため、「シーリングファンの掃除は行っていない」と断る業者もいるでしょう。また、「未経験ですが、大丈夫でしょう」と無責任に引き受ける業者にも不安があります。シーリングファンの掃除をした経験がある業者を選ぶことが大切です。

3-3.保険に入っている業者を選ぶ

優良なハウスクリーニング業者は、依頼人の住宅設備を破損した場合、補償できるよう保険に加入しています。しかし、小さな業者の場合は補償額に限度があったり、保険に加入していなかったりすることもあるでしょう。万が一を考え、損害保険がしっかりとしている業者を選んでください。

3-4.費用は1万円台~が相場

シーリングファンの掃除は、数千円台が相場です。ダスキンの照明クリーニングの場合、シーリングファンは6,480円~となっています。リビング全体の掃除と一緒に依頼すると安くなるという業者もあるでしょう。

4.シーリングファンの掃除に関するよくある質問

この項では、シーリングファンの掃除に関する質問を紹介します。

Q.シーリングファンはどのくらいの頻度で掃除をしたらいいでしょうか?
A.2か月に1度くらいの割合で掃除するのがおすすめです。長期間使わない場合は、カバーをかけておくのもいいでしょう。

Q.シーリングファンに昇降機をつけたほうがいいですか?
A.昇降機をつけると、数万円かかります。こまめに自分で掃除したいという場合は取り付けましょう。

Q.シーリングファンにいは油汚れはつきませんか?
A.はい。つきません。換気扇ではありませんので、ベタベタになるほどつくことはないでしょう。

Q.シーリングファンの掃除を定期的に業者にお願いすることはできますか?
A.はい。ダスキンなど大手ハウスクリーニング業者に依頼することが可能です。

Q.シーリングファンの掃除はモップだけでできますか?
A.はい。軽くなでるように掃除すればホコリを落とすことができるでしょう。

まとめ

今回は、シーリングファンの掃除方法を紹介しました。シーリングファンは、汚れがたまっていても分かりにくい場所です。しかし、確実に汚れはたまっているので、定期的に掃除するように心がけましょう。