コツを押さえれば意外と簡単!? 知っておくと便利な倉庫の片付け法!

自宅においても会社においても、倉庫はついつい散らかってしまいがちな場所です。気がつくとどこに何が収納してあるのかが分からなくなっていることも珍しくはないでしょう。しかし、それでは倉庫の用をなしていません。しっかりと片付けて倉庫本来の役割を取り戻しましょう!

  1. 倉庫の片付けが大変な理由って何?
  2. 倉庫の片付け方は?
  3. 倉庫の片付けで出た不用品の片付け方
  4. 倉庫の片付けをプロに依頼する場合
  5. 倉庫の片付けに関するQ&A

この記事を読むことで倉庫の片付けにおいて知っておくべき基本情報を知ることができます。片付けの効率を高めるためにも、ぜひ最後までご一読ください。

1.倉庫の片付けが大変な理由って何?

この項目では、なぜ倉庫の片付けは大変なのか、そして、なぜ片付けることが大切なのかについてご紹介します。

1-1.何でも入れてしまう

倉庫の片付けが大変な理由として第一に挙げられるのが、何でもかんでも入れてしまっていることです。何でもかんでも入れてしまっていると倉庫の中に何が入っているのかが把握しづらく、また仕分け作業などを行う際にも分別が多岐にわたるため手間かがかかります。また、何でも入れてしまっている倉庫は、基本的に大量にものが入っているので、ものを出し入れするだけでも労力がかかるのです。

1-2.整理整頓されていない

整理整頓がされていない倉庫は、仕分け作業に膨大な時間が必要となります。そのため、片付けに時間や手間がかかり大変です。

1-3.大きいものが多い

一人では運搬が困難なものが収納されていると、片付けの際に人や体力を必要とするため、気軽に片付けができません。また、大きなものは得てして処分方法が面倒なことが多いため、この点でも片付けを困難にしてしまいます。

1-4.何をしまったか分からない

何をしまったのかが分からない状態の倉庫では、片付けの際に何が入っていたのかを把握しながら片付ける必要があります。そのため、記録などに無駄な労力や時間がかかり大変です。

1-5.倉庫を片付ける必要性は?

倉庫はものを置いておく場所としか考えていない方も多いと思いますが、本来は必要なものを一時的に保管する場所のことを指します。急に必要になった資料や道具が見つからず、探すのに1時間も2時間もかけていてはとても無駄ですよね。ですので、いざ使いたいときに使いやすい状態に片付けておくことが大切となります。

2.倉庫の片付け方は?

この項目では倉庫の片付け方の基本をご紹介します。

2-1.まずは何が入っているのかを把握することが大切!

まずは倉庫の中に何が入っているのかを把握することが大切です。何が入っているのか分からないまま片付けを行うと、トラブルやミスにつながります。たとえば、会社の倉庫に薬品が保管されていることを知らずに片付けを始めれば、事故につながるかも知れません。

2-2.基本は家の片付けと同じ!

倉庫の片付けの基本は以下の4ステップに分かれています。

  1. 収納物を外に出す
  2. 必要なものと不要なものに仕分ける
  3. 不要なものを処分する
  4. 残ったものを倉庫に収納する

一つ一つ出しながら必要か不要かを考えていると効率が悪いので、まずは収納してあるもの全部外に出します。次にどれが必要で不要なのかを仕分けていきましょう。不要なものを処分したら最後に倉庫に収納していきます。収納する際には、使うときのことを意識したレイアウトで収納するのがポイントです。

2-3.倉庫を仕分ける際のポイント

今後役立つかどうか・処分しても困らないかどうかなどを基準にして仕分けるとよいでしょう。たとえば、会社の倉庫なら今は使っていない道具や部品、不要になった書類・資料・書籍、宴会用の小道具などが挙げられます。家庭の倉庫なら使っていない健康器具やスポーツ用品などを優先して処分するとよいでしょう。

2-4.片付けのタイミング

倉庫の片付けは大人数で集中してやったほうが効率的です。人を集められる日を作って、そのタイミングで行うとよいでしょう。たとえば、会社なら事前に仲間と相談して全員が休日出勤可能な日を作る、自宅倉庫なら家族に日曜日の予定を空けておいてもらってください。

3.倉庫の片付けで出た不用品の片付け方

この項目では倉庫の片付けで発生した不用品を片付ける方法についてご紹介します。

3-1.自治体で処分する(自宅倉庫限定)

自治体を利用した処分は一番安上がりな方法です。基本的には無料ですし、粗大ゴミなど一部費用のかかるゴミに関しても、処分品にもよりますが一つ当たり数百円から数千円で収まります。可燃ゴミ・不燃ゴミ・金属ゴミ・資源ゴミ・粗大ゴミなどとして処分しましょう。ゴミの分類方法は自治体によってさまざまなので、詳しくは自治体のホームページを確認してください。

3-2.不用品回収業者を利用する

不用品回収業者を利用するのもおすすめです。不用品回収業者のメリットは手間がかからないという点にあります。処分前に分別をする必要はなく、不要物はまとめて引き取ってもらうことが可能です。しかも、自宅や会社などへ出張回収しに来てくれるので、運搬の必要もありません。ただし、自治体を利用する場合に比べて処分費用が割高になってしまうのが難点です。しかし、不用品回収業者の中には買取を行っている業者もあります。売却益で処分費用が相殺されたり、逆にプラスになったりすることもあるので一概に高いとは言えません。まずは査定してもらってから利用するか考えるのもよいでしょう。

3-3.会社の倉庫の場合はどうすればいいの?

事業系のゴミは家庭ゴミ(可燃ゴミや不燃ゴミなど)として処分することはできません。自治体に処分してもらう場合は、事前に清掃事務所などに連絡をし、直接持ち込むか自治体の指定する業者に依頼する必要があります。これが無理な場合は、前述した不用品回収業者を利用するのが一般的です。

4.倉庫の片付けをプロに依頼する場合

この項目では倉庫の片付けをプロに依頼する場合に知っておきたい情報をまとめています。

4-1.どんなときに依頼すべき?

以下のようなときにはプロに依頼するのがおすすめです。

  • 会社の倉庫
  • 量が多くて自力での片付けが困難
  • 買取で処分費用を浮かせたい

4-2.費用相場

多くの業者は「基本料+単価+オプション料」という形になっており、基本料が高くて単価が低い業者と基本料が低い代わりに単価が高い業者に分かれます。基本料の相場は3,000~5,000円です。単価は処分するもの自体にかかる処分費用、オプション料は特殊な運搬方法を使ったり階段を使ったりしたときに加算される料金となります。処分するものが少なければ1万円程度ですが、量によって大きく値段が変わるので、一概に相場を挙げることはできません。詳しくは見積もりを取って確認しましょう。

4-3.悪徳業者に注意しよう!

不用品回収業者は比較的簡単に始められる業種のため、しっかりとした業者がある一方で犯罪まがいのことをする業者や素人と変わらないような業者もいます。業者を選ぶ際には後述するポイントを押さえ、悪徳業者に引っかからないようにしましょう。

4-4.業者選びのポイント

悪徳業者を避けるために押さえておきたいポイントをご紹介します。

  • 買取を行っているか
  • 古物商許可番号を持っているか
  • 回収可能エリアに入っているか
  • ブログやSNSを運用しているか

処分費用を浮かすためにも、買取を行っている業者のほうが有利なので、買取を行っているかは第一に調べましょう。次に古物商許可を得ているか確認してください。業者が中古売買を行うには古物商許可が必要です。古物商許可がないのに買取を行っている業者は利用しないでください。ホームページの会社概要などから確認しましょう。ちなみに、併記されている番号をネットで調べれば本物の許可番号かどうかが判別できます。言い換えると、番号の併記されていない許可表記は偽物の可能性が高いので注意しましょう。
また、意外と忘れがちですが、回収可能エリアかどうかというのも非常に重要です。回収可能エリア外だと依頼自体ができないことがほとんどですし、仮に依頼できても出張費などが割高になる可能性があります。地域の業者を利用するのが一番です。
ほかにも、軽視しがちですがブログやSNSを定期的に更新しているかどうかもよい目安になります。なぜなら、トラブルを起こすような業者のブログやSNSは炎上してしまうからです。ブログやSNSの様子が問題なければ信用する目安になります。

5.倉庫の片付けに関するQ&A

この項目では倉庫の片付けに関して頻繁に寄せられる質問とその回答をご紹介します。

Q.片付けた倉庫をまた散らかさないために必要なことは?
A.ラベリングと分類を徹底し、ものの住所を設定することが重要となります。何でもかんでも無造作に入れてしまうから、どこに何があるのか分からなくなり、使い勝手の悪い倉庫になってしまうのです。分類分けしてものを収納することで散らかることを防げます。

Q.運搬困難なものでも粗大ゴミに出すことは可能ですか?
A.原則として粗大ゴミは家の外に出しておかなければいけません。しかし、自治体によっては高齢者や障害者を対象に自宅内まで引き取りに来てくれることもあります。詳しくは自治体に問い合わせてください。

Q.査定や見積もりにお金はかかりますか?
A.業者によって違いますが、査定も見積もりも無料で行っていることが多いようです。ただし、出張査定・見積もりの場合は出張費がかかることがあります。

Q.悪徳業者に引っかかってしまった場合の対処法を教えてください
A.悪徳業者とトラブルになったら国民生活センター(消費生活センター)に相談することをおすすめします。国民生活センターは独立行政法人のため気軽に相談が可能です。相談員の専門性も高いので、安心して相談しましょう。

Q.自治体や不用品回収業者で処分が困難なものはありますか?
A.毒物・劇物・薬物・土砂・石などはどちらも共通して回収が困難なものです。これに加えて、業者は汚物・生木・生ゴミなども回収困難な場合が多いでしょう。これらのものは専門の回収業者に依頼してください。

まとめ

今回は倉庫の片付けに関する情報をご紹介しました。倉庫は使いやすいことが重要です。ただ乱雑に収納されているだけでは倉庫本来の役割を全うできません。そのため、使いやすい状態に片付けておくことが大切です。しかし、倉庫の片付けはさまざまな要因が重なってとても手間がかかります。ですので、今回ご紹介したコツ・ポイント・注意点などをよく読んで片付けを行ってくださいね。