魚焼きグリルの掃除方法は? 汚れと臭いがスッキリ落ちるコツを伝授!

「魚焼きグリルの汚れが落ちにくくて困っているが、簡単に掃除する方法はないか」とお考えではありませんか? 魚焼きグリルを使うとおいしく仕上がるとはいえ、使用後は掃除が大変なのがデメリットですよね。家事を時短するためにも、できるだけ簡単に掃除できる方法があったら知りたいことでしょう。

そこで今回は、魚焼きグリルの掃除について詳しく解説します。

  1. 魚焼きグリルが汚れる原因は?
  2. 魚焼きグリルの掃除に役立つアイテム
  3. 魚焼きグリルの掃除方法
  4. 魚焼きグリルの汚れを防ぐ方法
  5. 魚焼きグリルの掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、魚焼きグリルの汚れを効率よく落とすポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.魚焼きグリルが汚れる原因は?

最初に、魚焼きグリルが汚れる原因について見ていきましょう。

1-1.油汚れ

魚焼きグリルを使うと、油汚れが発生します。調理油だけでなく、魚自体の脂が溶け出して、調理中に網や受け皿に垂れるからです。また、魚焼きグリルの庫内にも、はねたり気化したりした油が付着しています。魚を焼いた後の油汚れは、ドロドロの状態で独特の生臭さがあるのも大きな特徴です。

1-2.焦げ付き

魚焼きグリルには、焦げ付き汚れが発生しやすくなります。調理中に食材が焦げて、網などにこびり付くのが原因です。焦げ付きを放置すると魚焼きグリルを使用するたびに加熱されて、簡単には取りづらい汚れになります。焦げ付きが発見したら、速やかに掃除をして除去しておきましょう。

1-3.手あか・ハウスダスト

魚焼きグリルの取っ手や扉部分には、手あかやハウスダストが付着します。手あかやハウスダストも、時間が経過すると落ちづらくなるだけでなく、雑菌やカビが繁殖する原因になるので注意してください。魚焼きグリルを清潔に使用するためにも、取っ手や扉部分に付着した手あかやハウスダストもきちんと掃除しましょう。

2.魚焼きグリルの掃除に役立つアイテム

魚焼きグリルの掃除にあると便利なアイテムを詳しくご紹介します。

2-1.重曹・セスキ炭酸ソーダ

重曹やセスキ炭酸ソーダは、魚焼きグリルの掃除に大活躍するアイテムです。いずれも、魚焼きグリルの汚れをスムーズに落とすために役立ちます。主な使い分けは、以下を参考にしてください。

重曹:油汚れ・焦げ付き・手あか
セスキ炭酸ソーダ:ひどい油汚れ

2-2.古歯ブラシ

古歯ブラシは、網や受け皿の隅など細かな部分にこびり付いた汚れをかき出すことができます。また、少ない力かつピンポイントで掃除できるのもメリットです。ただし、毛先が固過ぎるものは魚焼きグリルを傷付けることがあるので、なるべく柔らかい毛先のものをおすすめします。

2-3.メラミンスポンジ

メラミンスポンジは、しつこい焦げ付き汚れをこすり落とすのに便利です。たとえば、つけ置きしても落としきれなかった汚れに使ってみるとよいでしょう。一般的なスポンジよりも目が細かくて研磨力が高いので、軽い力でこすり落とすことができます。ただし、力を入れ過ぎると魚焼きグリルの表面に傷が付くことがあるので注意してください。

2-4.キッチンペーパーと食品用ラップ

キッチンペーパーと食品用ラップは、取り外しできない場所のつけ置きに重宝します。たとえば、魚焼きグリルの庫内や取っ手などの掃除に便利です。キッチンペーパーは、汚れを拭き取った後そのまま捨てることができるので、洗う手間もかかりません。食品用ラップを使うと、つけ置きの際に水分の蒸発やキッチンペーパーの脱落を防いでくれるため、より高い効果が期待できます。

2-5.つけ置き用の容器

網や受け皿が入る大きさの容器があると、つけ置き用に便利です。つけ置き用の容器があれば、作業効率がグンと上がります。たとえば、大きな洗面器やたらいなどが使いやすくておすすめです。なお、適当な大きさの容器がない場合は、大きなゴミ袋でも代用できます。ただし、ゴミ袋は破れると大変なので、シンクの中で使うようにしましょう。

3.魚焼きグリルの掃除方法

魚焼きグリルの掃除方法を部分別に確認しましょう。

3-1.網

網は、魚焼きグリルの中でも掃除が一番厄介な場所です。具体的な掃除方法は、以下を参考にしてください。

普段の掃除方法

  1. スポンジに台所用中性洗剤を付けて、網に付着した汚れをこする
  2. よく水で洗い流してから完全に乾かす

しつこい汚れの掃除方法

  1. つけ置き用の容器に水を入れ、セスキ炭酸ソーダ大さじ2杯を入れてよく溶かす
  2. 網を1に浸して20分程度放置する
  3. 汚れがゆるんだら古歯ブラシでこすり洗いする
  4. 水でよく流して完全に乾かしたら元に戻す

3-2.受け皿

受け皿には、網から落下した汚れがたくさん付着しています。詳しい掃除方法は、以下をご覧ください。

普段の掃除方法

  1. 食器洗い用スポンジに台所用中性洗剤を付けて、受け皿の汚れをこする
  2. よく水で洗い流してから完全に乾かす

しつこい汚れの掃除方法

  1. つけ置き用の容器に水を入れ、セスキ炭酸ソーダ大さじ2杯を入れてよく溶かす
  2. 網を1に浸して20分程度放置する
  3. メラミンスポンジや古歯ブラシで汚れがひどい部分をこする
  4. 水でよく流して完全に乾かしたら元に戻す

3-3.庫内

魚焼きグリルの庫内には、想像以上に油汚れが付着しています。具体的な掃除の手順は、以下のとおりです。

普段の掃除方法

  1. 調理後、庫内が冷めてから網や受け皿を外す
  2. キッチンペーパーに重曹水(水200ccに重曹大さじ1杯をよく溶かしたもの)を含ませ、汚れを拭き取る
  3. 水拭きとから拭きで仕上げる

しつこい汚れの掃除方法

  1. 調理後、庫内が冷めてから網や受け皿を外す
  2. 重曹水をキッチンペーパーにたっぷり含ませて、魚焼きグリルの庫内に貼り付ける
  3. 1の上から食品用ラップをかぶせて20分程度放置する
  4. 食品用ラップを外し、汚れをよく拭き取る
  5. 別のキッチンペーパーを用意し、水拭きとから拭きで仕上げる

3-4.持ち手・扉

魚焼きグリルの掃除では、持ち手や扉も忘れずに掃除しましょう。具体的な方法や手順は以下をご覧ください。

普段の掃除方法

  1. 台所用中性洗剤を溶かした水にキッチンペーパーを浸して固く絞る
  2. 汚れが付着している部分を拭く
  3. 別のキッチンペーパーを用意し、水拭きとから拭きで仕上げる

しつこい汚れの掃除方法

  1. 重曹水をキッチンペーパーにたっぷり含ませて、手あかがひどい部分に貼り付ける
  2. 1の上から食品用ラップをかぶせて20分程度放置する
  3. 食品用ラップを外し、汚れをよく拭き取る
  4. 別のキッチンペーパーを用意し、水拭きとから拭きで仕上げる

4.魚焼きグリルの汚れを防ぐ方法

普段から気を付けて使用すると、魚焼きグリルに汚れが付着するのを防ぐことができます。

4-1.網にアルミホイルを敷いて使用する

網にアルミホイルを敷いて使用すると、汚れが付着しづらくなるのでおすすめです。使用後は、そのままアルミホイルを捨てるだけなので掃除も簡単にできます。ただし、アルミホイルの敷き方や食材の量によっては、汚れを受けとめきれないこともあるので気を付けましょう。また、焼き上がりがいつもと異なる可能性もあるので、適宜調整してください。

4-2.受け皿に市販のクリル用ストーンを敷く

受け皿に市販のグリル用ストーンを敷いておくと、受け皿が汚れにくくなります。使用するときは、注意書きをよく読んで正しく使いましょう。グリル用ストーンを使うと、焼き魚の仕上がりがふっくらする効果や消臭効果も期待できます。ただし、2~3回使用して全体的に黒ずんできたら寿命なので、新しいものに交換してください。寿命を迎えたグリル用ストーンでは、汚れ防止効果を十分に期待できません。

4-3.受け皿に片栗粉と水を入れる

受け皿の汚れを防止するには、調理する前に受け皿に片栗粉と水を入れておくのもよい方法です。調理中の汚れをキャッチして固まるので、汚れが付着しづらくなります。

  1. 受け皿に水を300cc程度入れ、片栗粉大さじ4杯を入れてよく溶かす
  2. 受け皿を魚焼きグリルにセットし、調理を開始する
  3. 調理が終わって受け皿が冷えたのを確認してから取り出す
  4. 受け皿から固まった片栗粉をはがして捨てる
  5. 受け皿を水洗いし、よく乾かしてから戻して完了

4-4.受け皿に重曹と水を入れる

受け皿に水と重曹を入れておくのも、受け皿の汚れ防止に効果的です。重曹には消臭効果もあるので、嫌な臭いも予防できます。

  1. 受け皿に水を300cc程度入れ、重曹大さじ2杯を入れてよく溶かす
  2. 受け皿を魚焼きグリルにセットし、調理を開始する
  3. 調理が終わって受け皿が冷えたのを確認してから取り出す
  4. 受け皿の水を捨てて水洗いし、よく乾かしてから戻して完了

5.魚焼きグリルの掃除に関するよくある質問

最後に、魚焼きグリルの掃除に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.魚焼きグリルの寿命は何年?
A.10年程度が目安です。魚焼きグリルの寿命が近づくと、焼きムラが発生するなどの不具合が見られるようになります。また、汚れが付着しやすくなるのもひとつの目安です。不具合が頻発するようになったら、早めに買い替えましょう。

Q.魚グリルの掃除は毎回行うべきか?
A.はい。簡単にでも使用した都度掃除しましょう。油汚れや焦げ付きは、時間が経過すると固まってしつこい汚れに変化します。魚焼きグリルを長期間状態よく使うためにも、毎回掃除してください。

Q.何回掃除しても焦げ付きが落ちない場合はどうする?
A.プロのハウスクリーニング業者に掃除してもらうのもおすすめです。プロならではのテクニックで、効率よく汚れを落としてもらえます。掃除の手間や時間の節約にもなるので、検討してみるとよいでしょう。

Q.魚焼きグリルを使用した後の生臭さを重曹以外のもので消すには?
A.レモンやオレンジなど、かんきつ系の果物を使うとよいでしょう。受け皿に水を入れ、レモンやオレンジなどのスライスを浮かべて5分程度加熱してみてください。受け皿が冷めたら取り出し、中身を捨てて水洗いし、よく乾かしてから元に戻したら完了です。

Q.魚焼きグリルを久しぶりに使う場合は掃除するべきか?
A.はい。使用前にきちんと掃除しておきましょう。以前使ったときの汚れが付着していたり、ハウスダストがたまっていたりすることがあるからです。

まとめ

今回は、魚焼きグリルの掃除について詳しく解説しました。魚焼きグリルには、しつこい油汚れや焦げ付きが発生しやすいものです。魚焼きグリルの汚れは、重曹やセスキ炭酸ソーダなどを使用してつけ置きすると簡単に落とすことができます。細部に入り込んだ汚れは、古歯ブラシなどを使うと便利です。なお、魚グリルを使う際、網にアルミホイルを敷いたり受け皿に水と重曹を入れたりするなどの工夫をすれば、汚れが付着するのを予防できるので試してみてください。