やる気が出ない時はどうする? 部屋の片付けがはかどる5つの方法

部屋のあちこちにモノが散らばって足の踏み場もない…。
「いい加減片付けなきゃ」と頭ではわかっていても、中々行動に移せない。
こうしたお悩みを抱えていませんか?
散らかった部屋のほうが居心地が良いという人も中にはいるかもしれませんが、多くの方が本当はキレイな片付いた部屋で、快適に過ごしたいと願っているのではないでしょうか?
そこで今回は、お部屋の片付けがはかどる方法をご紹介します。
部屋を片付けたいのに、なんとなく気分が乗らないという方は是非この方法を試してみてくださいね。

1. どのような部屋にしたいかイメージする

片付いたキレイな部屋をイメージして、まずはどこに何を置くのかを間取り図に書き込んでみましょう。
しっかりとしたイメージを持つことで、片付けをスムーズに進めることができます。
また、どこに何を置くかをしっかりと決めることで、今後散らかりにくい部屋になるという効果も期待できるでしょう。

2. やる気が出る音楽を流して気分を上げる

掃除のやる気を出すために音楽を流すのは定番ですね。
学生時代、掃除の時間に音楽が流れていたという方も多いのではないでしょうか?
どうしてもやる気が出ない時はまず好きな音楽を流して、掃除モードにスイッチしましょう。
オススメはアップテンポでテンションの上がるもの。
「掃除の時はこの音楽!」と決めておくのも良いですね。

3. 片付けの得意な友人に協力してもらう

「1人では、だらけてしまって片付けが進まない…」という方は、思い切って片付けの得意な友人に協力を依頼するのもオススメです。
手伝ってもらう手前、自分がさぼるわけにはいきませんし、「こうすれば効率良く片付けられるんだ!」という新しい発見があるかも知れません。
部屋がキレイに片付いた後は、お礼を忘れないようにしましょう。

4. 大好きな人が家に来ることを想像する

大好きな人・憧れの人があなたの部屋に来ることを想像してみましょう。
「こんな汚い部屋を見られるわけにはいかない!」と片付けに集中できるはずです。
部屋が片付いた後に待っている楽しみな事を想像しながら片付ければモチベーションもアップしますね。

5. SNSで部屋を片付けることを宣言する

ツイッターやfacebookなど、たくさんの人が見ているところに「今から部屋を片付ける!」と宣言するのもオススメです。
1人の意思では行動が難しいことも、たくさんの人に宣言してしまった手前、やらざるを得なくなります。
経過を報告しながら片付けていけば、「コメント」や「いいね」が励みになり、楽しみながら片付けができるかも知れませんよ。

まとめ

いかがでしたか?
今回は片付けがはかどる5つの方法をご紹介しました。

  1. どのような部屋にしたいかイメージする
  2. やる気が出る音楽を流して気分を上げる
  3. 片付けの得意な友人に協力してもらう
  4. 大好きな人が家に来ることを想像する
  5. SNSで部屋を片付けることを宣言する

片付けで一番大事なのは、まず行動に移すことです。
「やろうと思っていても、中々やる気になれない」という方は、是非これらの方法を取り入れてみてくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!