玄関をスッキリ片付ける方法は? 最も簡単&キレイに整理するコツ!

「玄関に靴がたくさんあって困るので、簡単に整理する方法はないか」「玄関をスッキリ片付けるためのコツを知りたい」とお考えではありませんか? たくさんの靴や傘を出したままだったり、何となくものを置いたりしたままでは、玄関がスッキリしないのも当然です。しかし、何とかして整理したくても、どんな方法でどんなポイントに気を付けて片付ければいいのかよく分からないことでしょう。

そこで今回は、玄関の片付けについて詳しく解説します。

  1. 玄関が汚いとどんな問題がある?
  2. 玄関を片付けるメリット
  3. 玄関を片付けるアイデア
  4. 玄関の片付けに関するよくある質問

この記事を読むことで、玄関をスッキリ片付けるポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.玄関が汚いとどんな問題がある?

最初に、玄関が汚いとどんな問題があるか具体的に見ていきましょう。

1-1.家がだらしない印象になる

玄関が汚いと、家がだらしない印象になります。玄関は、家の顔に当たる場所であり、その家の象徴と考えられているからです。いくら家の外観がキレイでも、玄関ドアを開けた途端にゴチャゴチャとしているのでは、だらしないと思われても仕方がありません。なお、だらしない印象がある家は防犯意識に欠けるので、空き巣や悪質業者のターゲットになりやすいのもデメリットです。

1-2.来客時に恥ずかしい思いをする

玄関が汚いと、来客時に恥ずかしい思いをするでしょう。特に、大切な人が急にやってきた場合などは、恥ずかしさが倍増します。大切な人を迎え入れるのに、玄関が汚いのでは、来客も言葉に詰まってしまうことでしょう。家に上がってもらうときにも、玄関に不用品が散乱していて、どこで靴を脱いでいいのか分からない状態では、来客のほうが困ってしまいます。

1-3.ものにつまずきやすい

玄関が汚く、不用品が散乱しているような状態では、ものにつまずきやすくなります。特に、高齢者は足がうまく上がらず、つまずきやすくなるので気を付けましょう。つまずいて転んだとき、骨折してしまうこともあるのです。高齢者でなくても、つまずきやすい玄関では安全性に欠けて危ないので、きちんと片付けて足元をスッキリさせておきましょう。

1-4.掃除がしづらく不衛生になりやすい

玄関が片付けられていないと、掃除がしづらくて不衛生になりやすいのもデメリットになります。玄関にものがたくさんあると、すき間が多く発生して掃除道具が届きにくくなるからです。そのため、ゴミやホコリがたまってもそのままになり、不衛生な状態になります。また、ゴミやホコリがそのままでは、雑菌や害虫が発生する原因になり、場合によっては、ハウスダストアレルギーやダニアレルギーなどを引き起こすこともあるでしょう。

2.玄関を片付けるメリット

玄関を片付ける主なメリットを見ていきましょう。

2-1.家を出入りするときに気分がよい

玄関がスッキリ片付くと、家を出入りするときに気分がよいのが大きなメリットです。朝に通勤や通学で家を出るときには、さわやかな気持ちになります。帰宅時には、玄関に足を踏み入れた途端、自然と安らぎを感じることでしょう。家族を気持ちよく送り出したり迎え入れたりするためにも、玄関を片付ける意味は大きいのです。

2-2.急な来客にも慌てずに済む

玄関を片付けると、急な来客にも慌てずに済むのもメリットです。家に上がってもらう場合でも、迎え入れる準備が整うまで、キレイな玄関で安心して待っていてもらえます。また、来客に悪い印象を与える心配もなくなるでしょう。特に、親族や友人がよくやってくる家は、玄関を普段から片付けておくことをおすすめします。

2-3.掃除が楽になる

玄関を片付けると、掃除が楽になります。玄関に余分なものがなくなるので、掃除道具を使いやすくなり、短時間で隅々までキレイにできることでしょう。また、掃除が楽になり時間を節約できるようになれば、気持ちに余裕ができます。特に忙しい人にとって、家事の時短はとても助かることでしょう。

2-4.安全性が高くなる

玄関の安全性が高くなるのも、大きなメリットです。玄関を片付けることで、家族がものにつまずいたりすべったりするのを予防できます。また、玄関の安全性が高くなれば、高齢者も安心して外出できて活動的になるので、身体機能低下や認知症の予防にもつながることでしょう。

3.玄関を片付けるアイデア

玄関をスッキリ片付けるアイデアをご紹介しましょう。

3-1.不用品を処分して物量を減らす

玄関を片付けるには、不用品を処分して物量を減らすことが大切です。玄関のスペースは限られているので、ものが多過ぎれば収拾がつかなくて当然でしょう。たとえば、以下のようなものは不用品として処分してください。

  • 履かなくなった靴(サイズが合わない・汚れや傷みがひどい・デザインが流行遅れなど)
  • 多過ぎる傘
  • 使わなくなった園芸用品
  • 世話が行き届いていない観葉植物や植木鉢
  • 趣味の合わない置きもの

3-2.市販の収納グッズを活用する

市販の収納グッズを上手に活用すると、玄関の限られたスペースを有効活用できます。たとえば、以下のような方法を試してみてください。

  • 玄関ドアの上につっぱり棒を2本並行に使用し、板を乗せて棚を作る
  • シューズボックスと柱の間にすき間ラックを使う
  • シューズラックを使って上下に靴を収納する
  • アンブレラハンガーを壁に取り付け、傘をつるして収納する

3-3.定位置を決めて収納する

玄関を効率よく片付けるには、定位置を決めて収納することが大切です。それぞれのものに定位置を決めておけば、収納する際に迷わずに済みます。さらに、使った後は必ず元の場所に戻すように習慣化すると、常に玄関が片付いた状態になるでしょう。後でやり直そうと考えて適当な位置に収納すると、すぐにゴチャゴチャしてしまうので気を付けてください。

3-4.靴は最低限のものだけ出しておく

玄関に出しておく靴は、最低限のものだけにしましょう。理想は、すべての靴をシューズボックスに収納した状態です。しかし、毎日玄関を出入りするのなら、前夜のうちに翌日履く予定の靴を出しておいて構いません。靴の汚れを落とし、きちんとそろえて置いておきましょう。朝、そのまま履いて出かけることができます。

4.玄関の片付けに関するよくある質問

最後に、玄関の片付けに関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.なるべく靴を捨てたくないのですが?
A.無理に捨てる必要はありません。ただし、そのままでは収納スペースを圧迫するので、使用頻度の低いものやオフシーズンのものを別の場所に収納することを考えましょう。たとえば、玄関ドアの上などのデッドスペースを活用して棚を作り、収納するのもよい方法です。

Q.玄関に置くべきものではないものは?
A.以下のようなものは、本来玄関に置くべきものではありません。必要なものは本来収納すべき場所に戻し、不要なものは処分してください。

  • 使用済みの段ボール箱や紙袋
  • 化粧道具
  • 子どものおもちゃ
  • 果物や野菜などの食品類

また、防犯面からも、印鑑を玄関に置かないことをおすすめします。目を離したすきに押印されたり盗まれたりすることがあるからです。

Q.玄関を片付けると縁起がいいと聞いたのですが?
A.確かに、玄関を片付けると運気が上向く、縁起がよくなると言われています。玄関が片付くと、風とおしがよくなって明るくなるので、気持ちが前向きになることも影響しているでしょう。前向きな気持ちを持つことができればチャンスをつかみやすいので、縁起がいいと言われても不思議ではありません。

Q.玄関の片付けはどのくらいの頻度でやるべきか?
A.玄関の片付けは、毎日行うのが理想です。しかし、1回きちんと片付けてしまえば、使ったものを元の場所に戻すように気を付けるだけで普段は大きな問題になりません。シーズンの変わり目で靴を入れ替えたり、大掃除をしたりするタイミングで片付けるといいでしょう。

Q.子どもに玄関の片付けを徹底させるアイデアは?
A.子どもが使うものの収納場所を決め、使った後は必ず元に戻すように教えましょう。何をどこに収納するべきか子どもでも分かりやすいよう、ラベルを貼っておくのもおすすめです。最初は、親子で一緒に片付けると効果的でしょう。慣れると子どもだけでもできるようになります。

まとめ

今回は、玄関の片付けについて詳しく解説しました。玄関がスッキリ片付けられていると、とても気持ちがいいものです。玄関を片付けるには、最初に不用品を処分して物量を減らすことから始めましょう。必要なものだけが残ったら、シューズボックスだけでなく、コーナーや玄関ドアの上など、デッドスペースも活用しながら収納してください。なお、常に玄関が片付いた状態を維持するには、定位置を決めて収納することが大切です。使ったら必ず元に戻すことを徹底すれば、散らかることもないでしょう。