ハンガーの処分でお困りの方へ! 一番簡単でお得な方法を教えます!

「ハンガーを買い替えたが、古いものはどんな方法で処分するべきか」「クリーニングでもらったハンガーの処分方法を知りたい」など、ハンガーの処分でお悩みではありませんか。最近は、断捨離によって服を大量に処分した結果、ハンガーが余ってしまったということも耳にします。クローゼットをスッキリ片付けるためにも、早く処分してしまいたいですよね。

そこで今回は、ハンガーの処分方法について詳しく解説します。

  1. ハンガーの処分を自治体に依頼する方法
  2. ハンガーをリサイクルに出す方法
  3. ハンガーの処分を業者に依頼する方法
  4. ハンガーの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ハンガーを処分する方法やコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ハンガーの処分を自治体に依頼する方法

最初に、ハンガーの処分を自治体に依頼する方法について見ていきましょう。

1-1.ハンガーの素材によってゴミの区分が異なる

ハンガーは、さまざまな素材でできているため、素材によってゴミの区分が以下のようになります。自治体によっても区分が異なるため、確認しておきましょう。

  • 木製:可燃ゴミなど
  • プラスチック製:可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源ゴミ・プラスチックゴミなど
  • 金属製:不燃ゴミ・資源ゴミ・金属ゴミなど

1-2.自治体ごとの指定日時・場所に出す

粗大ゴミ以外は、自治体の指定日時・場所に出しておくと無料で回収してくれます。自治体によって、指定のゴミ袋に入れたり複数本のハンガーをまとめて縛ったりする必要があるので、確認しておきましょう。なお、ハンガーの金属部分はひっかかりやすく、ケガの原因になるため、古新聞紙などで巻いてテープで留めてから出すことをおすすめします。

1-3.無料で処分できるのが最大のメリット

ハンガーを自治体にゴミとして処分してもらうメリット・デメリットは、以下をご覧ください。

メリット

  • 無料で処分してもらえる

デメリット

  • 集荷日時・場所が決まっている
  • 集荷場所まで運ぶのが面倒
  • 不燃ゴミ・可燃ゴミは資源リサイクルされない

2. ハンガーをリサイクルに出す方法

ハンガーの処分では、リサイクルに出して有効活用する方法もあります。

2-1.比較的キレイなものは寄付も考えよう

ハンガーでも、比較的キレイで壊れていないものは福祉施設などに寄付できることがあります。特に、丈夫な素材でできているもの・クリップつきのものなどは歓迎されることでしょう。反対に、クリーニング店などでもらえる金属製のハンガーは敬遠されます。寄付先は、自治体などに聞いてみるなどして自分で探してください。また、配送に伴う諸費用は自己負担となります。

2-2.ほぼ新品なら買取に出すことも可能

不要になったハンガーでも、以下のようなものは買取に出すことも可能です。業者に依頼する場合でも自分で売る場合でも、ほぼ同じ条件となります。

  • ほぼ新品
  • 人気メーカー
  • 傷や汚れがない

買取価格は、1本数十~数百円程度です。ただし、無名メーカーのものや状態によっては価格がつかず、無料もしくは有料での引き取り処分なら可能となるケースも多く見られます。また、引き取り処分は行っていない業者も多いので注意してください。

2-3.クリーニング店に回収してもらえることもある

不要になったハンガーは、クリーニング店で回収してもらえることがあります。特にプラスチックハンガーは、再利用しやすいことから多くのクリーニング店で回収しているので確認してみるといいでしょう。たとえば、以下のようなところでは積極的に回収しています。

  • 白洋舎
  • ホワイト急便
  • うさちゃんクリーニング

なお、クリーニング店によっては独自ポイントを付与しています。ポイントがたまったら洗剤やクリーニング料金の割り引きサービスが受けられることがあり、お得です。

3.ハンガーの処分を業者に依頼する方法

不要になったハンガーは、業者に依頼して処分する方法もあります。

3-1.大量・ほかに処分したい不用品があるときなどにおすすめ

ハンガーの処分は、不用品回収業者に依頼すると便利です。ただし、少量のハンガーだけの依頼では、処分費用が高くついてしまい現実的ではありません。たとえば、以下のようなケースにおすすめです。

  • ハンガーが大量にある
  • ほかに処分したい不用品がある

3-2.出張回収の場合は1回につき数千円程度かかる

不用品回収業者では、以下のような方法でハンガーを回収します。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む(ガソリン代や交通費を自己負担)
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する(宅配便の送料を自己負担)
  • 出張回収:日時・場所指定で業者に回収してもらう(1回につき数千円程度~かかる)

ハンガーや不用品が大量にあるときは、費用がかかっても出張回収がいいでしょう。なお、家電や家具・パソコンなどは、状態により買取してもらえることがあります。買取代金と処分費用を相殺できれば安くなるのでおすすめです。

4.ハンガーの処分に関するよくある質問

最後に、ハンガーの処分に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.針金ハンガーの上手なリメイク方法は?
A.たとえば、以下のような方法があります。針金ハンガーは曲げ方によってさまざまにアレンジできるので試してみてください。

  • 両端を上に折りまげて靴用ホルダーにする
  • 逆さまにして壁に留め、フック部分にアクセサリーなどをかける
  • 一部を切断して形を整え、キッチンペーパーホルダーにする
  • 洗濯ネットと組み合わせて風呂の湯あか取りにする

Q.ハンガーを増やさないコツは?
A.無料でもむやみにもらわないようにすることです。洋服を購入したりクリーニングを利用したりする際にも、サービスのハンガーは不要だと伝えましょう。

Q.金属とプラスチックが組み合わさったハンガーはどうする?
A.ゴミとして出す場合は、なるべく素材ごとに分解してから処分しましょう。ただし、自治体によっては分解せずに出すことが可能なこともあるので、確認してみてください。

Q.ハンガーと同時に処分するといいものは?
A.以下のようなものを処分するといいでしょう。

  • 製造後3年以内の家電
  • 家具
  • 使わなくなったブランド品のバッグ
  • 着る予定のない着物類
  • 子どものおもちゃ
  • スポーツ用品
  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット

Q.針金ハンガーはクリーニング店で回収してもらえない理由は?
A.1回使用したものは、変形や素材の劣化が激しく、リサイクルしづらいからです。針金ハンガーは、なるべくもらわないようにするかリメイクして活用するようにしましょう。

まとめ

今回は、ハンガーの処分について詳しく解説しました。不要になったハンガーは、素材ごとにゴミとして出すほかにも、さまざまな方法で処分できます。ゴミとして出すこともできますが、できるだけ資源リサイクルできる方法がおすすめです。キレイで数がそろっているものなら、福祉施設などに寄付してもいいでしょう。また、ほぼ新品なら買取に出すことも可能です。なお、大量にある・ハンガー以外の不用品も処分したい場合は。不用品回収業者に依頼するといいでしょう。ハンガー以外のものでも買取してもらえるものがあれば、処分費用と相殺して安くできます。