食器を処分する方法は? 業者の活用法や買取などについて徹底解説

不要になった食器の処分に困っていませんか? 処分するのはもったいないという方や、お得に処分したい方などは、食器の買取や寄付などの方法も活用してみてください。本記事では、食器の処分についてご紹介します。

  1. 食器を自治体で処分する方法
  2. 食器を不用品回収業者で処分してもらう方法
  3. 食器は買取対象となる場合もある
  4. 食器を買取に出す方法
  5. 食器を寄付やリサイクルで処分する方法
  6. 食器の処分でよくある質問

この記事を読むことで、食器の処分についてよく分かります。買取やリサイクルなどの方法も覚えておき、処分の仕方で迷わないようにしましょう。

1.食器を自治体で処分する方法

食器を自治体で処分する場合のメリットやデメリットなどをご紹介します。

1-1.分別方法は素材によって異なる

食器を自治体で処分する場合、素材に応じた分別をしなければなりません。食器は、陶磁器・ガラス・金属・プラスチックなど、さまざまな素材でできています。陶磁器やガラスは不燃ゴミ、金属のものは金属ゴミ、プラスチックのものはプラスチックゴミもしくは不燃ゴミとなる自治体がほとんどです。ただし、大きさが30cmを超えるようなものは、粗大ゴミとなる場合があります。お住まいの地域に確認し、ルールに従って処分してください。

1-2.処分時はこん包が必要な場合もある

食器が割れ物扱いとなる場合、新聞紙や厚紙などでこん包しなければならない自治体があります。金属やプラスチックなどの場合は割れ物にあたらないため、こん包せずにゴミ袋に入れて出すことができるところもあるでしょう。自治体ごとにルールが異なるため、こん包が必要かどうかを確認してから処分してください。

1-3.自治体回収は無料で利用できるのがメリット

自治体回収は、粗大ゴミを除き、無料で利用できるのがメリットです。収集日や分別ルールはきちんと守ってください。自治体回収の場合、こん包や運搬などを自分でしなければならないため、処分する食器の数が多い場合は手間がかかるのがデメリットです。粗大ゴミに該当する食器の場合、自治体への事前申請や粗大ゴミ処理券の購入なども必要で、回収まで時間がかかります。

1-4.「割れ物」「危険」などの表記をすること

食器を処分するときは、回収時に作業員がケガをしないよう、「割れ物」や「危険」などの表記をしてください。食器を処分する際の注意点は、自治体ごとに規定があります。表記の仕方なども併せて確認してください。

2.食器を不用品回収業者で処分してもらう方法

食器の数が多い場合や、急いで処分したい場合は、不用品回収業者の活用がおすすめです。メリットや費用などについてご紹介します。

2-1.食器を一気に処分したいときにおすすめ

不用品回収業者は、大量の不用品でも迅速に回収してくれるため、一気に食器を処分したい場合に適しています。食器は数が多いと重量も増し、割れる危険性も高いため、自宅訪問してくれる業者なら安全に処分できるでしょう。運搬が面倒・こん包する時間がないなどの悩みがある方におすすめです。ほかにも処分したい不用品がある場合、食器と一緒に回収してくれます。断捨離などを機に不用品を処分する予定がある方は、業者を利用してみてください。

2-2.回収費用が割高なのがデメリット

不用品回収業者は、1点あたり数千円程度の回収費用がかかるため、自治体回収などに比べて割高なのがデメリットです。しかし、定額料金プランを用意している業者が多くなっています。食器だけを処分するより、不用品の大量処分をしたほうがお得です。不用品回収業者は分別・運搬・こん包などの手間がかからないので、費用対効果は非常に高いでしょう。

2-3.回収方法や費用は業者によって異なる

不用品回収業者の回収方法は、主に出張回収・持ち込み回収・宅配回収となっています。業者ごとに回収方法が異なるため、利用しやすい方法を採用している業者を選びましょう。出張回収を利用の場合、出張費用が加算されるケースがあるので注意してください。定額料金プランでは、軽トラック1台分の不用品回収で3万円前後の費用となっている業者が多いものです。利用前に、業者の料金プランをよく確認してください。無料見積もりで業者を比較することも大切です。

2-4.会社概要や利用者のクチコミをしっかりチェックしよう

不用品回収業者は増加傾向にある一方、悪質な業者も後を絶ちせん。事業所を構えず、廃品回収車だけで営業する業者の場合、不用品を回収後に不法投棄をする場合があります。また、無料回収と強調しながら、実際には法外な料金請求をするなど、利用者とのトラブルも多いものです。利用者の声や会社概要などをしっかりチェックし、信頼できる業者かどうかを見極めるようにしましょう。

3.食器は買取対象となる場合もある

買取対象となる食器の特徴や、中古需要などについてご紹介します。

3-1.状態や数によっては中古需要が見込める

生活用品を扱うショップや業者では、食器の買取を行っています。ただし、買取できるのは、割れていない食器だけです。状態が良好で、なるべくセット販売できるものが理想でしょう。使用済みの食器は、買取不可となる業者が多いので注意してください。

3-2.ハイブランドの食器は高額査定になりやすい

ハイブランドのものや有名な焼き物の食器は、高額査定になりやすいでしょう。たとえば、ロイヤルコペンハーゲン・マイセン・バカラ・ノリタケ・イッタラ・ウエッジウッドなどです。信楽(しがらき)焼・備前焼・越前(えちぜん)焼・益子焼(ましこやき)・美濃(みの)焼・九谷焼なども、古くから愛されている焼き物で、中古ニーズも高い食器となっています。

3-3.セット販売できる状態のものが好ましい

カップ&ソーサーやお皿など、セット販売ができるものは買取対象となりやすいでしょう。お皿やプレート類は、4〜5枚でワンセットになっているものが多くなっています。なるべくまとめ売りをするようにしましょう。

3-4.新品未開封のものは人気がある

ギフトでもらったものなど、新品未開封のまま保管している場合は、買取を利用してみましょう。箱に入った状態であれば、高額査定が期待できます。ノンブランドでも、新品未開封なら買取可能というショップや業者は多いものです。

4.食器を買取に出す方法

食器の買取先をご紹介します。ショップや業者を利用のほかに、自分で売却する方法も覚えておきましょう。

4-1.リサイクルショップ・買取業者に依頼する

食器の買取は、リサイクルショップや買取業者などを利用する方法が一般的です。メリットやデメリットなどもご紹介します。

4-1-1.買取可能ならすぐに現金化できるのがメリット

リサイクルショップや買取業者は、買取可能と判断した場合、その場で現金化してもらえるのがメリットです。なるべく早く手放したいという場合に適している方法でしょう。とはいえ、業者はそれぞれ得意分野が異なるため、買取価格には差が生じるものです。1つの業者だけで買取価格を相場と考えず、複数の業者で査定を受けることをおすすめします。

4-1-2.出張対応してくれる業者が便利

食器は割れ物であるため、なるべく出張対応してくれる買取を利用できる業者を利用したほうが便利です。しかし、出張対応してもらえる業者は限られてしまうので、業者探しで手間取るケースもあります。

4-1-3.食器1点だけでは対応してくれない場合が多いので注意

3-3でご紹介したとおり、食器はセット販売のものが買取対象となりやすいため、食器1点だけでは買取不可となってしまうケースが多いでしょう。出張対応を希望する場合は、なるべく食器のまとめ売りを心がけてください。

4-2.ネットオークションやフリマサイトを使って自分で売却する

近年は、ネットオークションやフリマサイトを使った個人売買も活発に行われています。メリットや注意点などを覚えておきましょう。

4-2-1.希望価格で出品できるのがメリット

自分で売却する場合、希望価格で出品できるのがメリットです。食器の状態や色味などが伝わるように、分かりやすい画像と紹介文をアップロードしましょう。ネットオークションやフリマサイトでは、ノベルティやプレゼント商品などの食器も出品されています。自由度が高い売却方法であるのが魅力です。とはいえ、すぐに売却成立となるわけではないため、買い手が現れるまで時間がかかるデメリットもあります。

4-2-2.類似商品をリサーチしてから出品することが大切

ネットオークションやフリマサイト内を検索すると、類似商品が多数出てきます。売却済みの商品をチェックし、価格設定や商品の状態などを見ておきましょう。なるべく近い価格帯にすることが、早く売却するコツです。

4-2-3.送料負担や発送方法も考慮すること

個人売買では、送料が出品者負担のほうが売れやすい傾向にあります。しかし、ネットオークションやフリマサイトを利用すると、売却成立時に手数料が10%ほど取られてしまうため、送料と手数料を考慮した価格設定を意識してください。また、食器は割れやすいものなので、発送方法やこん包の仕方には注意が必要です。

5.食器を寄付やリサイクルで処分する方法

食器は、資源としてリサイクルすることができます。寄付やリサイクルについて覚えておきましょう。

5-1.自治体のリサイクル回収を受ける方法

自治体によっては、食器のリサイクル回収を行っている場合があるでしょう。リサイクル回収された食器は、粉砕して粒子にして資源化されます。食器には、粘土や長石などの貴重な資源が含まれているため、粒子にしてから土として再生するのです。環境保護にもつながるため、処分せずにリサイクルすることも視野に入れてみましょう。

5-2.市民団体やNPO法人などに寄付する方法

市民団体やNPO法人などに寄付する方法もあります。団体を介し、発展途上国や介護施設などに寄付されるため、社会貢献につながるのがメリットです。ただし、寄付する際の送料は、自己負担となります。ほかの物資も寄付を受けつけている場合もあるので、まとめて寄付したいものがある場合は、問い合わせ時に確認してみましょう。ただし、汚れや傷があるものは寄付できない場合がほとんどです。

5-3.知人に譲る方法も1つのリサイクル

食器を欲しがっている知人に譲る方法も、1つのリサイクルです。食器集めが好きな方などには喜ばれるでしょう。ただし、周囲に食器を欲しがっている知人がいない場合は、買取やリサイクルなどの方法を考えなければなりません。

6.食器の処分でよくある質問

食器の処分に関する質問を集めました。不安や疑問は事前に解消しておきましょう。

Q.自治体回収で大量に食器を処分する場合でも、不燃ゴミやプラスチックゴミで出すことができるのか?
A.数が多い場合は、粗大ゴミと見なされてしまう場合があります。大量に処分する際は、事前に自治体へ確認したほうが安心です。

Q.買取を利用するときは、何社ぐらいを比較したほうがいいのか?
A.最低でも3社は比較しましょう。買取価格は業者によって差があります。他社の買取価格を提示すれば、買取価格の交渉に応じてもらえる場合もあるため、1社だけで判断しないことが重要です。

Q.割れた食器はどのように処分すればいいのか?
A.割れた食器は、新聞紙や厚紙で丁寧に包み、ゴミ袋に入れてから指定日に出してください。「割れ物」「危険」などの表記がはっきり分かるようにしましょう。不燃ゴミとして出す場合、ほかのものと混在せず、割れた食器は単体で出したほうが安全でしょう。

Q.食器を買取に出す前は、掃除やメンテナンスをしたほうがいいのか?
A.掃除やメンテナンスはとても大切です。見栄えがよくなるだけでなく、割れや欠けなどがないかという状態の把握もできます。買取に出す前の検品として、掃除やメンテナンスはしっかり行ってください。

Q.不要な食器をまとめて無料回収してくれる業者もあるのか?
A.はい、あります。ただし、送料は発送者負担としている場合がほとんどです。食器は数が多くなると重量が増すため、送料の負担が大きくなる場合があります。また、発送にあたり、こん包も必要です。送料負担やこん包の手間なども考慮し、業者選びや処分方法を考えてください。

まとめ

いかがでしたか? 食器は、自治体回収などを利用して処分することができます。しかし、こん包や運搬などが必要であるため、大量にある場合や重量があって運べない場合は、業者を活用する方法がおすすめです。状態が良好なものやセット販売ができる食器・ハイブランドのものなどは買取対象となります。処分前に査定を受けてみてください。また、食器は処分だけでなく、市民団体やNPO法人へリサイクルや寄付もできます。買取と併せ、リサイクルや寄付なども視野に入れておきましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!