水筒の捨て方はどうすればいい? 一番楽でお得な方法を詳しく解説!

水筒の捨て方で迷っている方はいませんか? 節約ブームや健康ブームの影響で、水筒の需要が高まっています。しかし、水筒にも寿命がありますし、新しいものに買い替えることもあるでしょう。どうせなら、一番手軽でお得な捨て方を知りたいですよね。

そこで今回は、水筒の捨て方について詳しく解説します。

  1. 水筒を捨てるときに確認することは?
  2. 自治体にゴミとして出す方法
  3. 買い替えやリセールは利用できる?
  4. 不用品回収業者に依頼するといいケースは?
  5. 水筒の捨て方に関するよくある質問

この記事を読むことで、水筒の捨て方やコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.水筒を捨てるときに確認することは?

最初に、水筒を捨てるときに確認するべきことを詳しく解説します。

1-1.水筒の素材を確認しよう

水筒の素材には、以下のようなものがあります。まずは、どんな素材が使われているか確認しましょう。

  • プラスチック製
  • 金属製(アルミ・ステンレスなど)
  • 樹脂製

1-2.ゴミの区分は自治体によって異なる

水筒をゴミとして自治体に出す場合、以下のような区分となります。実際の区分は、自治体ごとに異なるので確認してください。

  • 可燃ゴミ:プラスチック製・樹脂製
  • 不燃ゴミ:金属製
  • 資源ゴミ:金属製

また、自治体によっては金属ゴミ・プラスチックゴミなど、素材ごとに区分しているところもあります。

1-3.簡単に取り外せるものは分解・分別する

水筒でも、内ぶた部分が簡単に取り外せるものなどは、分解・分別して出すといいでしょう。ただし、自治体によっては分解せずに出すことができます。たとえば、愛知県名古屋市では、以下のようなゴミの区分となり分解する必要はありません。

  • 水筒(プラスチック製):可燃ゴミ
  • 水筒(金属製):不燃ゴミ  

2.自治体にゴミとして出す方法

不要になった水筒は、自治体にゴミとして出すことができます。

2-1.ゴミとして出す場合は費用が無料

自治体にゴミとして出す場合、無料で処分してもらえます。ただし、自治体ごとに決められた日時・場所を厳守することが必要です。指定日時以外に出しても回収してもらえず、集荷場所の近隣に迷惑になるのでやめましょう。なお、可燃ゴミや不燃ゴミは指定のゴミ袋に入れて出すなど、自治体によって出し方が異なるので確認してください。

2-2.できるだけ資源リサイクルできる方法で処分する

水筒をゴミとして出すときは、資源リサイクルできる方法を選びましょう。たとえば、資源ゴミ・金属ゴミ・プラスチックゴミなどです。自治体で回収後、再生資源としてリサイクルされ、新たな製品の原料として生まれ変わります。単に可燃ゴミ・不燃ゴミとして出すと、まだ使えるものでも廃棄処分となり資源が無駄になってしまうのです。また、新品未使用品は買取に出せないか、考えてみましょう。

3.買い替えやリセールは利用できる?

水筒の買い替えによる下取りやリセールを利用できるかについて解説します。

3-1.買い替えによる下取り・引き取りは期待できない

水筒を買い替える際、メーカーや販売店に下取りや引き取りをしてもらえることはほとんどありません。水筒は、新品で高価なものでも1個数千円程度のものであり、古い水筒を回収すると経費がかかりすぎるからです。買い替えの場合でも、古い水筒の処分方法を考えておきましょう。

3-2.新品未使用品だけ買取してもらえる可能性がある

不要になった水筒でも、新品未使用品なら買取してもらえる可能性があります。ただし、元値が安いこともあり、買取価格は数百円以下になることもあるでしょう。買取を希望するときは、リサイクルショップに売る・ネットオークションなどで売るなどの方法を検討しましょう。

4.不用品回収業者に依頼するといいケースは?

不用品回収業者にも水筒の処分を依頼できます。

4-1.水筒以外の不用品が大量にある場合におすすめ

不用品回収業者に依頼すると、不要になった水筒を処分してもらえます。ただし、水筒1個だけの依頼では回収費用が割高になるため、水筒以外に処分したい不用品が大量にある場合などにおすすめです。また、以下のような場合にもメリットとなるでしょう。

  • 高齢や病気などにより集荷場所まで運ぶのが難しい
  • 仕事が多忙などで指定日時・場所にゴミ出しするのが難しい

4-2.回収方法は3種類ある

不用品回収業者が水筒を回収する方法は、主に以下の3つです。業者によっては、利用できる方法が異なるので確認してください。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:場所・日時指定をして業者に回収してもらう

4-3.出張回収は1回数千円程度~の費用がかかる

水筒の処分を不用品回収業者に依頼した場合、出張回収では1回数千円程度の回収費用がかかります。水筒1つだけの依頼でも、人員や車両を手配する必要があるからです。店頭持ち込みは無料で回収してもらえることもありますが、業者の店頭までの交通費やガソリン代は自己負担となります。なお、宅配回収は宅配便の送料負担だけで処分してもらえることが多いものの、水筒はさらに回収費用がかかる・単体では回収対象外となることもあるので注意しましょう。

5.水筒の捨て方に関するよくある質問

最後に、水筒の捨て方に関するよくある質問に回答します。それぞれ確認してください。

Q.水筒を捨てるときは中を洗わないとダメ?
A.ゴミとして出すのなら、特に洗う必要はありません。ただし、中身が残ったままだと、ゴミ出しの際に手や服が汚れることがあるので、中身は捨てておきましょう。

Q.大量の水筒を捨てるときの注意点は?
A.自治体によっては、1回に出せるゴミの量に制限があります。制限がかかるときは、複数回に分けて出すようにしましょう。なお、集荷場所まで運ぶ手間などを考えると、不用品回収業者に処分を依頼するほうが便利です。

Q.水筒を捨てるときに気をつけることは?
A.個人情報が分かるものは、悪用を防ぐために消したり除去したりしてください。たとえば、個人名や住所が書かれていたら消すか黒マジックなど塗りつぶしておきましょう。

Q.破損した水筒を捨てるときはどうすればいい?
A.破損した部分でケガをしないようにガムテープやダンボール紙で巻き、テープで固定しておきましょう。さらに単体で袋に入れて「破損アリ」と書いておくと、集荷する人にも分かりやすくて安心です。

Q.営業車で定期的にやってくる不用品回収業者に処分を依頼してもいい?
A.おすすめしません。住宅街を営業車で巡回している業者は、悪質なケースが多いからです。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、やめておきましょう。たとえば、水筒だけを処分してもらうつもりが、勝手に家の中を物色されて貴金属などの高価なものを無理やり回収されることもあります。

まとめ

今回は、水筒の捨て方について詳しく解説しました。水筒を捨てるときは、素材を確認してから、自治体ごとのゴミ出しルールに従って正しく出しましょう。なお、水筒のほかにも処分したい不用品が大量にある場合などは、不用品回収業者に処分を依頼すると便利です。出張回収なら、集荷場所に運ぶ必要もなく、都合のいい日時・場所を指定して回収してもらえます。ただし、1回につき数千円程度~の回収費用がかかるので注意しましょう。なるべく不用品をまとめて処分するか、買取してもらえるものを同時に出して処分費用と相殺することをおすすめします。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!