Illumination, Home

今年のクリスマスこそ仲間入りしたい! 庭でイルミネーションを楽しむ方法

クリスマスの時期が近づくと、街路樹や公園の樹木だけでなく、自宅の庭をイルミネーションで飾る家が増えてきます。庭をイルミネーションで飾ると子供たちも喜ぶでしょう。

たくさんの人たちの目にとまるような、すてきなイルミネーションで飾りたいですよね。
しかし、初めて自宅の庭でチャレンジする人は「方法がよく分からない」ということも多いのではないでしょうか。「今年は自宅の庭をイルミネーションで飾りたい」「イルミネーションで飾る方法やポイントを知りたい」「電気代はどのくらいかかるのか?」

そんな人たちのために、イルミネーションの取り付けや飾り付けのポイント、費用についてまとめてみたいと思います。

1.イルミネーションの取り付け・飾り付けをする方法

自宅の庭にイルミネーションを飾り付ける方法には、どのようなものがあるのでしょうか。
イルミネーション初心者の人は、ぜひ参考にしてください。

1-1.まずはイメージから

クリスマスのイルミネーションと言っても、イメージはさまざまでしょう。
家族で相談してテーマを決めてから取りかかることをおすすめします。
まずは、明るいうちに設置場所の写真を撮影してください。
ペンなどを使って写真に直接書き込んでいくとイメージがつかみやすいでしょう。
ある程度のイメージが固まったら、実際に計測を始めます。
屋外コンセントがどこに何か所あるか確認してください。
屋外コンセントがない場合は、延長コードを使って室内から電源をとることになります。

1-2.必要なものを用意する

飾り付けに取りかかる前に、必要なものを用意しておきます。
以下を参考にしてください。

  • 屋外用延長コード
  • 屋内用分配コード
  • ハサミ
  • カッター
  • ビニールテープ
  • ビニールワイヤー
  • ひも
  • はしご
  • 防水用のテープとビニール袋

1-3.電飾の種類を選ぶ

イルミネーションに使用する電飾には、さまざまな種類のものがあります。
ポイントは、防水・防滴のものを選ぶこと。
LEDと白熱電球で悩む人は多いと思います。
それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。
LEDの場合、初期費用はかかりますが「電気代が安い」「長持ちする」というメリットがあります。
また、熱を持たないため、植木にもやさしいでしょう。
白熱電球の場合だと、電気代はLEDの約4倍。
しかし、温かみのある明るさは白熱電球にしか出せません。
最近は、LEDと白熱電球を混ぜて使用している家庭が増えているのです。

1-4.取り付け前の注意点

電飾は購入したらすぐ取り付けるのではなく、必ず先に電源を入れてみてください。
ゆるみや破損をチェックし、不具合があったら販売店に交換してもらいましょう。
高所に取り付けを行う場合は、1人では危険です。
必ず誰かに協力してもらってください。
地面に落ちている電飾はないか、踏みそうな場所に配線がないかを確認し、安全に取り付けを行いましょう。

2.イルミネーションの取り付け・飾り付けのコツ

初心者でもイルミネーションの取り付けや飾り付けに成功するためのコツやポイントをご紹介します。

2-1.あまり広範囲にならないように

最初から広範囲を飾ろうとすると、途中で予算が足りなくなり、結果的に寂しいイルミネーションになってしまうことがあるのです。
「せっかくだから庭を華やかにしたい」という気持ちは分かります。
しかし、あまり欲張らずにすすめることがポイント。
ある程度は飾りたい場所をチョイスして、実際にかかる費用を割り出してみましょう。
そうすることで、場所に合わせて必要なものを用意しやすくなります。

2-2.「空間を飾る」イメージで

「木」や「窓」など場所を限定しすぎると寂しいイメージになってしまいがち。
1つの「もの」を飾るのではなく「空間」を飾るイメージを持つようにすることが大切です。
たとえば、「窓を中心としたデッキまわり」や「木を中心とした花壇まわり」というように、空間ごとに考えるようにしましょう。

2-3.イメージに合わせた色選びを

イルミネーションには幅広いカラーバリエーションがあります。
空間がまとまりを持つように、自分のイメージに合った色選びをするようにしてください。
たとえば、温かみのある色には「シャンパンゴールド」や「イエロー」「レッド」「グリーン」などがあります。
「ブルー」や「ホワイト」「パープル」「グラデーション」などの色は、雪や氷をイメージしたクールな色です。
かわいらしいイメージにしたいなら「ピンク」や「ホワイト」「パープル」「ピンクグラデーション」などを選ぶとよいでしょう。

3.イルミネーションにかかる費用や電気代

最後に、自宅の庭をイルミネーションで飾る際にかかる費用や電気代についてご紹介します。

3-1.イルミネーションの費用

イルミネーションそのものにかかる費用は、商品によってまちまちです。
シンプルなタイプの電飾であれば、1つ1~2万円程度で購入可能でしょう。
キャラクターの形をした電飾が大体5000円前後なため、いくつか飾ってあげると庭がにぎやかになりますよ。
電気代を気にせずに済むソーラー充電式イルミネーションでそろえるのもおすすめです。

3-2.電気代

月々の電気代については、LEDか白熱電球かで大きく変わってきます。
LEDの場合、1か月の消費電力は24W。
電気代に換算すると、約64円かかります。
白熱電球の場合だと、1か月の消費電力が96Wで電気代は約254円。
部分的に白熱電球を使い、残りをLEDタイプにするだけでも十分電気代の節約はできるでしょう。
また、最近はソーラー充電できるLEDアイテムが人気を集めています。
電源を確保する必要がなく、電気代の節約にもなるでしょう。

まとめ

庭にイルミネーションを飾り付ける方法についてご紹介しました。

  • イルミネーションの取り付け・飾り付けをする方法
  • イルミネーションの取り付け・飾り付けに成功するコツやポイント
  • イルミネーションにかかる費用や電気代

「庭にイルミネーションを飾りたい」「イルミネーションを飾り付ける際のポイントは?」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。