シェアハウスの探し方を知りたい方必見!部屋探しのコツを徹底解説

「シェアハウスで生活したいけど、探し方がわからない」「自分では安全・安心なシェアハウスがわからない」など、悩んでいる方は多いでしょう。他人と1つ屋根の下で生活するシェアハウスは、魅力的な要素がたくさん詰まっています。しかし、近年はシェアハウスにおけるトラブルも起きているのが現実です。誤ったシェアハウスに入居しないためにも、必要な知識を習得する必要があります。そこで、本記事では、シェアハウスの基礎知識や探し方・注意点など詳しく説明しましょう。

この記事を読むことで、安心して生活できるシェアハウスを選び、新しい生活をスタートすることができます。シェアハウスについて知りたい方や物件を探している方は、ぜひ参考にしてください。

1.シェアハウスの基礎知識

理想的かつ安心できるシェアハウスを見つけるためには、基礎知識を習得する必要があります。シェアハウスとは何なのか、魅力やメリット・家賃など詳しく説明しましょう。

1-1.シェアハウスとは

シェアハウスで数人の若者が生活する某番組により、近年、存在が広く知れ渡るようになりました。女性でも気軽に利用できるシェアハウスも増え、人気が高まっているようです。そもそも、シェアハウスとは、数人が1つの物件で共同生活をするシステムになります。友達数人で直接貸り主から借りるケースもありますが、事業者のシェアハウス運営が多いのです。ほとんどの方が、事業者が運営しているシェアハウスの募集を見つけ、入居しています。

1-2.シェアハウスの魅力

シェアハウスの魅力はたくさんあります。最も大きな魅力は、広い物件で生活するのに家賃が安いことです。数人でシェアしながら生活するシェアハウスは、一軒家が多く、ワンルームよりも広い空間で生活できます。加えて、家賃もお得になるのです。リビングやトイレ・バスは共有スペースになりますが、プライベートな部分もしっかり確保できています。また、シェアハウスの仲間ができるのも魅力の1つです。「おかえり」といってくれる仲間がいるだけでも、一人暮らしの寂しさから解放されます。さまざまな人が生活しているため、幅広い友人ができるでしょう。

1-3.シェアハウスの家賃

シェアハウスの家賃は、家の形態や立地・広さなどで異なります。一人暮らしを始める際、敷金・礼金・仲介手数料が必要になるでしょう。しかし、シェアハウスの場合は必要ないところが多いのです。そのため、初期費用が一人暮らしよりもおよそ半額で済む場合もあります。中にはシェアハウスの共益費の中に光熱費が含まれているケースもあるため、固定費を安く抑えることができるのです。ただし、シェアハウス運営会社によって異なります。家賃が気になる方は、内訳もきちんとチェックしてくださいね。

1-4.シェアハウスと一人暮らしとの違い

シェアハウスと一人暮らしの大きな違いは、“共有スペース”と“個人スペース”が区切られていることです。一人暮らしの場合は、ワンルームすべてが自分だけの空間になります。しかし、シェアハウスの場合は、数人で共有するため、リビング・トイレ・キッチン・バスなどは共有スペースです。共有スペースはキレイにしなければならないなど規則が決まっています。個人で勝手にすることはできないため、注意が必要ですね。

2.シェアハウスの探し方

人気が高まると同時にシェアハウス物件の数も増えてきています。実際、理想のシェアハウスを見つけるためには、一体どのような方法があるのでしょうか。シェアハウス探しに向いている時期から、事前に決めておくこと、シェアハウス探しのコツなど詳しく説明します。

2-1.シェアハウス探しに向いている時期

シェアハウス探しに向いている時期は、1月~3月です。1月~3月は新生活を始めるための準備期間で、退去する人たちも増えます。そのため、不動産会社やシェアハウス運営会社も積極的に物件募集に取りかかり始めるのです。また、秋の引っ越しシーズンである9月~10月もシェアハウス探しに最適な時期といえます。物件情報が増え始めるので、こまめにチェックしたほうがいいでしょう。

2-2.通常の物件探しとの違い

シェアハウスと通常の物件とは、探し方が異なります。シェアハウスならではの探し方をしっかりチェックしておきましょう。

2-2-1.ほかの入居者について知る

シェアハウスの場合、ほかの入居者について知る必要があります。通常の物件は、間取りや立地条件など部屋に関係する項目のチェックでいいでしょう。しかし、シェアハウスはすでに入居している人物がいるので、入居者情報を把握しておかなければなりません。ほかの入居者があなたと性格が合わない場合、せっかく入居しても嫌な思いをすることになります。余計にストレスを抱え込んでしまうでしょう。シェアハウスによっては、見学する際に入居者同士の顔合わせをおこなっているところもあります。入居者の性格や雰囲気など細かくチェックしておきましょう。

2-2-2.ルールをチェックする

シェアハウスの運営会社によって、ルールが細かく決められています。たとえば、ソーシャライブで決まっているルールは以下のとおりです。

  • 入居者以外の宿泊は禁止
  • 共用部の利用は24時まで
  • ハウス内や指定喫煙所以外での喫煙は禁止
  • 共用部での服装はほかの入居者に不快感を与えないもの
  • 生ゴミ以外のゴミは各自で責任を持つ
  • 個室は各自での清掃をおこなう

2-2-3.共有スペースをチェックする

リビング・キッチン・トイレ・バスなどのスペースは入居者同士で共有する場所です。そのため、常にキレイに片づいているかどうかチェックする必要があります。清潔さはもちろんのこと、使いやすい空間がどうかも確認してください。共有スペースの居心地が悪くなると、気楽に使うことができなくなります。また、共有スペースの掃除は誰がするのか、運営会社が担当してくれるのかもチェックしておきましょう。

2-3.どんなシェアハウスがいいのか

シェアハウスを探す前に、自分でどんな物件がいいのか希望を明確にしておくといいでしょう。物件の数が増えるほど、シェアハウスのタイプも種類が豊富になっています。たとえば、全部屋に家具・家電がついているのか・共有スペース以外にどのような部屋があるのかなどです。また、内装・外装だけでなく、周辺情報もチェックしておきましょう。徒歩圏内にコンビニエンスストアや郵便局・スーパー・駅があるのかもチェックし、要望を具体的にしておいたほうが見つけやすくなります。

2-4.事前に決めておくこと・用意するもの

事前に決めておきたいことは、どの場所を居住区域に選ぶかです。シェアハウスはすべての地域にあるとは限りません。希望する駅の近くを探しても見つからない場合もあります。あらかじめ、生活したい場所を決めてからシェアハウスを探しましょう。また、運営会社によって入居に必要なものが決まっています。ソーシャライブの場合、身分証明書(免許証・パスポート・保険証など)・緊急連絡先・家賃・保証金が必要です。希望のシェアハウスにすぐ入居できるよう、事前に用意してください。

2-5.シェアハウス探しのコツ

シェアハウス探しは不動産よりも、インターネットで検索したほうがスムーズです。多くの不動産屋はシェアハウスを取り扱っていません。たとえ、取り扱っているとしても物件数は少ないでしょう。シェアハウスを運営している会社を見つけ、物件を探したほうが早道です。インターネットでは、シェアハウスの物件を扱っているサイトもあります。「○○(地域名) シェアハウス」と検索してみてください。ソーシャライブでは横浜の物件を主に扱っています。横浜で生活を始める予定の方は、ぜひチェックしてみてください。

2-6.注意点

シェアハウスの探し方は、普通の物件と異なります。他人と生活を共有することになるため、慎重に物件を見極めることが大切です。また、「いいな」と思っていた物件がすでに埋まるなど、運とタイミングが重要になります。希望に合った物件を見つけたときは、すぐに見学をして、細かいところをチェックしたうえで入居を決めてください。

3.こんなシェアハウスには要注意

シェアハウスの中には違法しているところや悪質な運営会社などもあります。優良物件と悪徳物件を見極めるために、知識を身につけておかなければなりません。ここでは、悪徳物件の特徴や気をつけることなど詳しく説明します。

3-1.悪徳物件の特徴

悪徳シェアハウスは、管理体制の悪さが特徴です。入居者同士のトラブルが起きても運営会社は対応してくれません。また、共有スペースが荒れていたり、運営会社スタッフの対応が悪かったりと悪い部分が目立ちます。また、違法シェアハウスは個人のスペースが非常に狭く、2畳~3畳とゆっくり眠ることができないスペースです。実際、違法シェアハウスにおいて騒音やゴミ問題・盗撮・窃盗などの事件が起きています。

3-2.気をつけること

個人スペースのプライバシーが完全に守られているかどうか、確認しなければなりません。特に、女性は個室にカギがついているシェアハウスを選んでください。カギがついていない・プライバシーが守られていない個室はNGです。入居を決めたとしても、実際に生活し始めてから不便さを感じるようになるでしょう。

3-3.よくあるトラブル

入居者同士のトラブルだけでなく、運営会社とのトラブルも多発しています。よくあるトラブルとしては、「入居後に追加家賃を請求された」「サービス内容と違う」「すぐに対応してくれない」などです。入居前との情報が異なるケースが多いため、事前に確認すべきところをチェックしておかなければなりません。少しでも疑問点があれば、すぐ運営会社に尋ねてみてください。

4.シェアハウスにかんしてよくある質問

シェアハウスにかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。シェアハウスの探し方を知りたい方や生活を始めたい方はぜひ参考にしてください。

4-1.シェアハウス探しでおすすめのサイトが知りたい

インターネットで検索してみるとわかるように、シェアハウス物件が記載されているサイトがいくつかあります。中でも関東圏のシェアハウスが多数紹介されている「シェアシェア」や学生サイト向けの「学シェア」が代表的です。横浜を中心に展開している「ソーシャライブ」もぜひチェックしてください。

4-2.シェアハウスの掲示板とは?

運営会社ではなく、個人でシェアハウスを営んでいる方の募集物件が多いのが掲示板です。シェアハウスの掲示板では、地域ごとに空(あ)いているシェアハウス物件を紹介し、メンバーを募集しています。運営会社がおこなっているわけではないため、安全性には欠けるでしょう。

4-3.安いシェアハウスを見つけるコツとは?

いくつものシェアハウス物件を比較することです。1社だけではサービス内容やシェアハウス物件・家賃など比較できません。数社のシェアハウスを比較することで、良い点と悪い点が見えてきます。また、自分にとっての希望物件も見つかりやすくなるでしょう。

4-4.シェアハウスの分類が知りたい

主に、シェアハウスは大まかに3つの種類にわかれています。中規模な建物の中に個室と共有スペースが備わっているもの・シェアハウス用に設計されたもの・普通の一戸建てに少人数で生活するパターンです。自分がどの分類のシェアハウスで生活したいのか、事前に決めておきましょう。

4-5.希望のシェアハウス物件を見つけるポイントとは?

希望のシェアハウス物件を見つけるポイントは、希望を詰めすぎないことです。あれもほしいこれもほしい状態では、一向に条件にぴったり合った物件が見つかりません。自分にとって絶対に譲れない条件をいくつかしぼっておきましょう。希望が多い場合は、優先順位をつけておくと物件が見つかりやすくなりますよ。

まとめ

いかがでしたか? 数人で1つ屋根の下で暮らすシェアハウスは、一人暮らしで感じる寂しさがありません。程よいプライベート空間の中で他人と共有しながら生活できます。初期費用が安く抑えられ、友人もできるでしょう。ただし、普通の物件と探し方が異なるため、知識を習得しておかなければなりません。不動産屋で探すのではなく、インターネットで探したほうが見つかりやすいです。いくつかお気に入りの物件を見つけたら、実際に見学をしてみてください。どのような雰囲気か、入居者はどのような人か確かめたうえで入居を決めたほうが安心できますよ。理想のシェアハウス生活を始めるためにも、探し方のコツをつかんでおきましょう。