部屋についた猫の臭いをなんとかしたい!消臭方法・臭いの原因も紹介!

「猫を飼っていると、部屋の中の臭いが気になる」このような悩みを抱えている人は、多いと思います。猫は、犬よりも体臭は薄目ですが、お世話の仕方によっては臭いが強くなることもあるでしょう。また、猫の臭いを不快に感じる人も多く、放置しておくと人に迷惑がかかることもあります。
今回は、猫が臭う原因や猫を飼っている部屋の消臭方法・臭いの予防方法を解説しましょう。

  1. 猫が臭う原因
  2. 猫の臭いがする部屋の消臭方法
  3. 猫の臭いを予防する方法
  4. 部屋の猫の臭い対策に関するよくある質問

この記事を読めば、猫の臭いの消し方がよく分かります。猫の臭いに悩んでいる人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.猫が臭う原因

はじめに、猫の臭いの原因や、猫の臭いが染みつきやすいものを紹介します。

1-1.猫は体臭が薄い

猫は、犬などと比べると体臭が薄い生物です。猫は頻繁に毛づくろいを行い、ひなたぼっこを好みます。そのため、皮脂汚れなどがたまりにくく、毛も常に乾燥していて臭いにくいのです。

1-2.猫が臭う原因は排泄物

一方、猫の排泄物はとても臭います。猫は、排泄をすると土をかけて隠す習性がありますが、室内飼いをする場合はトイレのこまめな掃除が大切です。排泄物の処理を怠っていると、臭いが部屋にしみついてしまいます。また、猫は縄張りを主張するために、スプレー行為といって臭いの強い尿をふりまくこともあり、その臭いが一度部屋にしみつくとなかなか取れません。未去勢のオスは、発情するとスプレー行為をしやすくなります。

1-3.エサの食べ残しが臭うこともある

猫のエサは、ドライタイプとウエットタイプがあります。ウエットタイプは水分を多く含んでいる分、食べ残しを放置していると、臭いが強くなることがあるでしょう。特に、夏場はウエットタイプのエサを食べ残したら、すぐに片付けることが大切です。

1-4.部屋の中で猫の臭いがしみつきやすい場所とは?

猫の臭いは、糞尿(ふんにょう)がかかった場所や猫がよく過ごす場所にしみつきやすいものです。特に、スプレー行為の尿がかかった場所は長い間臭い続けることも珍しくありません。また、猫がお気に入りの毛布などがある場合、そこに臭いがつくこともあります。さらに、猫の臭いが強くなると部屋に置いてあるものにまで、臭いが移ることがあるでしょう。たとえば、猫のトイレの近くに服を置いておけば、服にも臭いが移って外出時に指摘されることもあります。

2.猫の臭いがする部屋の消臭方法

この項では、猫の臭いがする部屋の消臭方法を紹介します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.トイレを清潔に保つ

前項で、猫は排泄物が最も臭うと解説しました。そのため、トイレを清潔に保つことが消臭の第一歩です。猫が排泄したら、こまめに掃除をし、定期的にトイレも洗いましょう。猫のトイレは、丸洗いできる作りになっているものが多く、80℃くらいのお湯に耐えられる製品もあります。ですから、トイレをお湯で消毒し日光で乾かせば、臭いを消すことができるでしょう。

2-2.猫がそそうをした場合の対処方法

猫は決められた場所で排泄をしますが、トイレが汚れていたりなわばりを主張したりするために、トイレ以外の場所で排泄をすることもあります。服や羽毛布団・敷き布団などにそそうをする猫が多いでしょう。猫のそそうに気がついたら、すぐに水で大まかな汚れを落とし、酵素系の漂白剤に20分ほどつけておきます。色落ちが気になる場合は、重曹をお湯にとかしたものにつけておいても一定の効果があるでしょう。その後、普通に洗濯してください。
洗えないものにそそうをされた場合は、重曹を溶かした水でぞうきんを固く絞り、汚れを拭き取ります。その後、猫に影響のない消臭・除菌スプレーをふりかけ、徹底して乾燥させましょう。ただし、これでも臭いが取りきれないことがあります。この場合は、思いきって処分してください。

2-3.重曹・コーヒーかす・備長炭などで臭いを消す

ペット用の消臭剤も出ていますが、猫の臭いを別の臭いでごまかすのはおすすめできません。重曹・コーヒーかす・備長炭など臭いを吸着させる効果のあるものを使い、臭いを消しましょう。臭いの元になるトイレの付近やえさ場の近くに置いておくのがおすすめです。

2-4.エサの管理をしっかりとする

猫がエサを食べのこしたら、すみやかに片付けましょう。猫を飼っていれば、だんだんと1回に猫の食べるエサの量が分かってくるはずです。ウエットタイプのエサを複数回に分けて与える場合、残りは冷蔵庫に保管しましょう。

2-5.こんなときは病院へ

トイレがきれいなのに、猫がトイレ以外で頻繁にそそうをするようになった場合や、下痢が続く場合、便秘気味の場合は病気の可能性があります。また、猫の口臭がひどくなった場合は、歯肉炎の可能性があるのでやはり病院を受診してください。

3.猫の臭いを予防する方法

この項では、猫の臭いを予防する方法を紹介します。

3-1.猫のトイレに敷く砂を変える

猫のトイレに敷く砂には、消臭効果のあるものも販売されています。その中でも、ヒノキからできている猫砂は消臭効果が高く、砂自体に天然由来のよい匂いがついているのでおすすめです。

3-2.臭いがつきにくいトイレを使う

現在、臭いがつきにくいトイレや、自動で清掃してくれるトイレも販売されています。仕事で家を留守にする時間が長く、トイレ掃除が頻繁にできない場合は、臭いがつきにくいトイレを使いましょう。

3-3.エサを工夫する

猫の腸内環境が悪化すると、排泄物の臭いが強くなります。エサを変えたら猫の排泄物の臭いが強くなったという場合は、エサを元に戻しましょう。脂肪分の少ない高たんぱくのエサがおすすめです。

3-4.去勢する

オス猫を室内飼いする場合は、去勢しましょう。去勢すればスプレー行為も少なくなります。また、攻撃性もなくなるケースも多いでしょう。

3-5.多頭飼いをするときは慎重に

猫は、縄張り意識が強い生物です。複数の猫を室内で飼育すると、スプレー行為を頻繁に行うようになるケースもあります。すでに猫を飼っている人がもう1匹猫を迎える場合は、慎重に慣れさせましょう。

4.部屋の猫の臭い対策に関するよくある質問

この項では、部屋の猫の臭い対策に関するよくある質問を紹介します。

Q.猫はシャンプーをする必要ありませんか?
A.犬ほど頻繁にする必要はないでしょう。年に2度くらい、換毛期にてあげるといいですね。

Q.猫の口から魚の臭いがします。
A.猫の口は、どうしても多少臭うものです。がまんできないほど臭う場合は、一度病院ではぐきや歯の状態を診てもらってください。

Q.猫のトイレを洗っても、臭いが取れません。
A.その場合は、トイレそのものを交換しましょう。

Q.何度注意しても、前にそそうをしてしまった場所で猫が排泄をすることがあります。
A.猫は、排泄物の臭いがする場所をトイレと認識しているので、臭いを取る努力をしましょう。

Q.猫のいる部屋で空気清浄機を使うと効果はありますか?
A.一定の効果は期待できますが、猫の毛がフィルターに絡みやすいので掃除をこまめにしましょう。

Q.ペットシーツでは、猫は排泄してくれませんか?
A.することもありますが、猫砂の方がおすすめです。ペットシーツは、何度掃除をしてもそそうをする場所に敷いておくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 今回は猫の臭いがする部屋の消臭方法について解説しました。猫の臭いは一度部屋にしみついてしまうと、なかなか取れません。排泄物の臭い対策を中心に行い、部屋に臭いがしみつかないように努力しましょう。また、服は猫が入らない場所にしまっておくなどの対策を立てることも大切です。