服の片付け最終版! 仕分けや捨てる方法のヒントや買取に出す方法まとめ

片付けの中でも、特に服は整理や処分が難しく悩んでいる方も多いでしょう。服はかさばる上に、なかなか手放せないものが多く、どうしても片付けを後回しにしがちです。服をきちんと整理して片付ければ、クローゼットは一気に使いやすくなります。しかし、正しい方法や考え方を知らないまま、むやみに服の片付けを行ってもうまくいかなかったり、また服が増えてごちゃごちゃになってしまったりする可能性が高いのです。

  1. 服を片付ける前に知っておきたいこと
  2. 服を片付けられないときの解決方法
  3. 服を残す・手放す基準とは?
  4. いらない服は買取に出そう
  5. 服の片付けについてよくある質問

服の片付けの基本・仕分け方法・捨てられない服を手放すヒント・買取に出す方法などをまとめてご説明します。服を効率的に片付けたい方・服の売り方を知りたい方にも役立つ情報が満載ですので、最後まで読んでみてください。

1.服を片付ける前に知っておきたいこと

まずは、服を片付ける前に知っておきたい基礎知識をご説明します。

1-1.服が片付かない理由は?

服が片付かないのには、以下のような原因があります。

1-1-1.服の量が、自分で把握・管理できる範囲を超えている

つまり、服を持ちすぎているということです。服は大量にあるのに実際に着られる服が少ない・どこに何があるかわからないという場合は、服を持ちすぎだと考えたほうがよいでしょう。

1-1-2.服は捨てにくい

服は、「まだ着られる」「高かった」「いつか着る」「ほとんど新品なので捨てるのはもったいない」などの理由で、着ていないのに手放せない理由が多く存在します。

1-1-3.服の収納方法・場所が決まっていない

服を戻す場所が決まっていないと、クローゼットやタンス類はごちゃごちゃになってしまいます。Tシャツはここ、下着はここ、というように種類ごとにきちんと定位置を作りましょう。また、部屋の配置的にクローゼットに戻しにくい環境だと、面倒でつい床に置いてしまうこともあります。戻しやすい場所に置くことが大切です。

1-2.服を片付ければおしゃれになる!?

服を片付けると以下のようなメリットがあります。

  • 服選びが楽になる・おしゃれになる
  • 自分の服の好みを知ることができる
  • 余計な服を買わないようになる

1-3.服の片付けの流れは出す→仕分け→処分&収納

服に限らず、ものを片付けるときは以下のステップが必要です。

  1. 服をすべて出す(片付けスペースがない場合は種類ごとに出す)
  2. 保管する服をチョイスする
  3. 全体量を把握する
  4. 置き場所を決める

クローゼットから服を出さずに捨てる服だけ選んだり、置き場所を決めずになんとなく置きやすい場所に戻したりすると、またすぐに服が散らかってしまうでしょう。

2.服を片付けられないときの解決方法

次に、服の片付けで発生しやすい問題の解決方法をご説明します。

2-1.捨てる決心がつかない

たとえ着られない服・着ていない服であってもなかなか捨てにくいものですが、持っていても場所を取って服選びの邪魔になるだけです。手放すメリットのほうが多いと考えましょう。

2-2.高かったので捨てられない

定価が高い服や人気の服は中古でも売ることができます。着ていないのに持っていても服の価値を取り返せるわけではないので、積極的に手放しましょう。

2-3.服の収納方法がわからない

服は、たためるものはすべてたたむのがおすすめです。ハンガー収納は楽ですが、たたんだほうが圧倒的にスペースを節約できます。服を20枚くらいに絞れる方はハンガー収納でもよいでしょう。服の洗濯→たたんで戻す作業は週に3~4回は行うので、続けられる楽なたたみ方を研究してみてください。ピシッときれいにたたむことに神経質になると続かない場合もあります。
位置決めの際は、トップスは上のほう、ボトムスは下のほうなど直感的にわかりやすくするのがおすすめです。「下着」「Tシャツ」などラベルを貼っておくなど、頭で考えなくても服を簡単に戻せる仕組みを作りましょう。

3.服を残す・手放す基準とは?

服の仕分けで悩んだら、以下を参考にしてみてください。

3-1.一軍だけの服だけを残そう

取っておく服は、以下のようなものがメインとなるでしょう。

  • 次シーズンも着たいと思った服
  • お気に入りの服
  • 着ると元気が出る服
  • 電車に乗っても恥ずかしくない服

3-2.悩んだ服は捨てでOK

基本的には「悩んだら捨て」という考えでOKです。本当に必要な服は悩みすらしないので「捨てようかな?」と悩みが生じた時点で、その服は手放せる可能性が高いでしょう。

  • 毛玉・シミ・汚れがある服
    • →恥ずかしいので手放しましょう。
  • サイズが合わない服
    • 「痩せたら着る」→痩せたら似合う服は変わります。そのとき買いましょう。
    • 「太ったとき用に取っておく」→太らないための自戒として手放しましょう。
  • 電車に乗れない服
    • 「コンビニまでなら着られる…」というような三軍の服は処分対象です。
  • 肌に合わない・チクチクするなど着にくい服
    • なんとなく避けてしまう服は服選びの妨げになります。
  • 見栄(みえ)や人からの目など、他者ために着ている服
    • 自分の意思を基準にすることで、好きな服しかないクローゼットを作ることができます。
  • 1年以上着ていない服(礼服は除く)
    • 1年着ていない服を今後着る可能性はほぼゼロです。パーティードレスやスーツなどはレンタルするという手もあります。

4.服の処分方法まとめ

次に、服を処分する方法についてそれぞれご説明します。

4-1.自治体回収は無料で楽に処分できる

多くの自治体では、服を古布としてリサイクル回収しています。資源ゴミの回収日をチェックしておきましょう。自治体回収後、服は資源として再利用されます。時間がかからない・楽に捨てられるというメリットがありますが、売れる服を捨てるのはややもったいないといえるでしょう。

4-2.ほかに不用品があるときや大量の場合は回収業者に

不用品の回収業者に依頼する方法もありますが、服だけを処分したい場合はあまり現実的ではないでしょう。処分費用がかかるので自治体回収に出したほうがお得です。服以外にも、自分で処分できない大きい不用品がある場合や、服の量が多すぎて捨てるのすら面倒という場合には不用品回収業者を利用してもよいでしょう。

4-3.服を寄付すれば困っている人の役に立つ

古着を回収して、貧困国や被災地に届ける慈善団体があります。きれいな服やまだ着られる服が多い場合におすすめです。送料は自己負担となりますが、人の役に立ちたいという方は挑戦してみるとよいでしょう。団体によって、梱(こん)包・発送方法・送れる商品内容が違うので、HPなどで事前にチェックしてください。

4-4.衣料品店の下取りに出す

主なメーカーの下取りについてご説明します。

4-4-1.H&M

  • 店舗のリサイクルボックスへ投入
  • 古着を持っていくとクーポン券をもらえる
  • H&M以外の服でもOK
  • 用途:古着として再販・清掃用品や織物繊維として再利用

4-4-2.ユニクロ・GU

  • 店舗のリサイクルボックスへ投入
  • ユニクロ・GU商品のみ
  • 用途:難民キャンプ・被災地への支援・燃料やリサイクルとして再利用

5.いらない服は買取に出そう

まだ着られる服は、買取に出すのがおすすめです。服を処分できると同時にちょっとした収入にもなります。

5-1.買取してもらえる古着とは?

買取してもらいやすい服の特徴は以下のとおりです。

  • ブランド品・メーカー品
  • 未開封・未使用品
  • 定価が高いもの
  • 劣化が少ないもの

5-2.古着をリサイクルショップや買取専門店に売るには?

古着を売る場合は、店舗に直接持ち込む方法か、段ボールなどに梱(こん)包して配送する方法などがあります。特に予約などはいりません。ただし、宅配買取の場合は伝票や段ボール箱を送ってもらう手続きが必要です。1着ごとに査定され買取価格が決まります。買取不可の服は無料で引き取ってもらうことも可能です。

5-3.古着をメルカリなどに出品

メルカリやヤフオクなどのフリマサイトやネットオークションでは、古着の売買が行われています。ユニクロなどファストファッションの服も、状態がよければ定価の半額以上で売れることもあるのです。もちろんブランド品も売れやすい傾向があります。ブランド名ごとにカテゴリが分かれているので、そのブランドが欲しい! という人がダイレクトに検索しにきてくれるというメリットもあるでしょう。ただし、商品の撮影・出品・梱(こん)包・発送の手間がかかるので、慣れていない方はやや面倒に感じるかもしれません。

6.服の片付けについてよくある質問

服の片付けについて、よくある質問にお答えします。

Q.服の片付けに必要なものは?
A.十分なスペースを確保しましょう。1~2畳は必要です。どうしてもスペースがない場合は、最初はTシャツだけ、次はズボンだけ、というように種類ごとにすべて出して仕分けしましょう。また、ホコリが舞うのでマスクがあると安心です。資源ゴミやリサイクルショップに持っていくための袋も多めに用意しておきましょう。袋を余分に用意しておくことで、手放しやすくなります。

Q.着ない服は部屋着にしてもいい?
A.着ない服を部屋着に降格させるのは、片付けのセオリーとしてはNGです。捨てない言い訳ができてしまうので、一軍として着ることができない服は潔く処分したほうがよいでしょう。

Q.思い出の服は?
A.着ないけれど思い入れのある服は、飾ったり宝箱に入れたりして、服ではなく思い出のものというジャンルで保管しましょう。

Q.子供の服が捨てられません
A.思い出の服の中でも、子供の服は得意に捨てにくいでしょう。かといってすべてを思い出のものとして取っておくこともできません。そこで、一部を切り取ってカバンやくるみボタンなどにリメイクする方法がおすすめです。ハンドメイドが苦手な方は、切り取った布をアルバムに入れておくだけでも楽しめるでしょう。特徴のある柄の部分を切り取ってみてください。

Q.古着を処分するときの注意点は?
A.買取・寄付・下取りリサイクルに出す場合は、洗濯をしておきましょう。ただし、柔軟剤など強いにおいのものは避けてください。自治体の古布回収に出す場合は、特に何もしなくてOKです。濡(ぬ)れるとリサイクルしにくくなってしまう布もありますので、ビニール袋に入れるとよいでしょう。

まとめ

服の片付けや仕分けのヒント・処分方法についてご説明しました。服をすっきり整理することで、一軍の服だけのすてきなクローゼットができあがります。服の多さで悩んでいる方は、今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ片付けを始めてみてください。