髪質を変えると5歳は若返る! 髪の毛をツヤツヤにする方法

人の第一印象はどこで判断されていると思いますか? 「顔の造り」や「体型」よりも「髪」に目がいくという調査結果もあるほど、女性の美しさには髪の毛が大きく影響しています。さらに、傷んだ髪は、ハリやツヤのある健康的な髪に比べて5歳も老けて見えるとも言われています。

ここでは、ツヤツヤの髪の毛をつくるために必要な3つのポイントをお伝えします。

ポイント1:頭皮を健康に保つ正しいシャンプー法

シャンプーの仕方によって、髪の質は大きく変わります。美容院で行われているような正しいシャンプーのやり方を身につけましょう。
シャンプー前には丁寧なブラッシングが欠かせません。ブラッシングで髪の毛と頭皮についている汚れやほこりを浮き上がらせるのと同時に、絡まった髪の毛をほぐしておきます。
それから、38度くらいのぬるめのお湯を使って地肌を中心に「湯洗い」します。このシャンプー前の湯洗いがとても重要です。ここでしっかりと洗うことで、汚れの8割は落とせると思ってもよいでしょう。
ほとんどの汚れが落ちたところで、シャンプーに入ります。シャンプーは地肌に直接つけてはいけません。手のひらで十分に泡立ててから、地肌を洗います。肌を傷つけないように指のはらを使って、やさしくマッサージをするように洗うのがポイントです。
その後は、シャンプー剤が残らないようにしっかりと洗い流します。3分以上かけて丁寧にすすぎましょう。美容師さんのやり方を真似て、手でお湯を溜めるようにして地肌をすすぐと効果的です。
トリートメントは毛先を中心になじませます。地肌につけると頭皮を傷める原因になるので避けた方が無難です。髪を洗い終わった後はタオルでやさしく水分を吸い取り、すぐにドライヤーで地肌を乾かしましょう。

ポイント2:髪の美しさを左右する栄養をしっかり摂取

髪の毛の主な成分は、ケラチンというタンパク質です。髪の毛を構成している成分の9割も占めており、保水性に優れています。つまり、髪のツヤを保つ重要な成分と言えます。ケラチンが不足しないように、良質なタンパク質をしっかりと摂取するようにしましょう。卵や大豆、魚、肉、乳製品に多く含まれています。
また、納豆や煮干し、貝類、海苔、ラム肉などに豊富に含まれている亜鉛も必要です。亜鉛が体内へ吸収されやすくなるように、果物や野菜に含まれるビタミンCも一緒に摂るようにしてください。
髪の毛を美しく成長させるためにはビタミンB群が良いとも言われています。豚肉やまぐろ、うなぎ、牛乳などもおすすめです。

ポイント3:頭皮に栄養を届けるマッサージ

食事から摂った栄養素は血流にのって体中に届けられます。頭皮にも十分な栄養が運ばれるように、血液の循環をよくしてあげるとよいでしょう。
まずは、体全体の血のめぐりを改善することが大切です。ウォーキングやストレッチといった適度な運動や半身浴で、体の中から温めるように心がけてください。
そのうえで、頭皮のマッサージをすることをおすすめします。指のはらを使って円を描くように頭皮を軽くもみほぐします。血流に沿って下から上へと少しずつ動かしていくと効果的です。気持ちよいと感じる程度の力加減で5分くらいマッサージするとよいでしょう。それ以上続けると、頭皮に負担をかけてしまうので逆効果となってしまいます。

ツヤツヤの髪を手に入れるためのポイント

美しい髪の毛をつくるためには、次の3つの点が重要となります。

  • 頭皮の汚れをしっかり落とす
  • 髪の毛に必要な栄養を摂取する
  • 栄養を届けるために血行を促進する

このように、外側だけでなく内側からのケアも続けていきましょう。髪の毛には生え変わりのサイクルがあるため、すぐには効果が実感できないかもしれません。しかし、ツヤツヤの髪の毛を手に入れるためには毎日の積み重ねが大切なのです。