外壁を断熱リフォームする工法やメリットとは?

外気温が変化しても、家の中の温度が一定に保たれているのは「断熱」の効果です。
しかし、築年数が経(た)ってくると断熱効果も薄れてきます。
また、30年以上前に造られた住宅の中には、断熱材じたいが入っていない住宅もあるのです。
そこで、必要になってくるのが断熱リフォーム。
今回は、主に外壁の断熱リフォームについてご紹介します。
従来の断熱リフォームとどこが違うのでしょうか?
メリットとともにご説明します。
そろそろ断熱リフォームをしたい、と考えている方は必見ですよ。

1.断熱リフォームとは?

まず始めに、断熱リフォームと外壁断熱についてご紹介します。
断熱リフォームはなぜ必要なのでしょうか?

1-1.断熱リフォームはなぜ必要?

断熱とは、外からの熱気や冷気を遮断(しゃだん)して家の中の温度を一定に保つことをいうのです。
北海道など北国では、家の窓を二重にして冷たい外気が屋内に入ってこないようになっています。
これも断熱の一種ですね。
また、家を建てるときには壁の中に断熱材を入れて、外気の侵入や適温になった屋内の空気が外に出ていくのを防ぎます。
最近は「高気密高断熱」を売りにしている住宅も多いですね。
さて、この断熱材は年月とともに劣化していきます。
ですから、定期的にリフォームが必要なのです。
また、古い住宅では断熱材そのものが入っていない場合もあります。
断熱材が入っていない家に断熱材を入れる工事も、リフォームの一種です。

1-2.外壁断熱とは?

従来の断熱工事は、内壁の間に断熱材を入れていく「内断熱」が主流でした。
しかし、この場合は柱の部分で断熱材がとぎれてしまいます。
ですから、断熱効果にも限界がありました。
外壁断熱とは、外壁に断熱効果のある塗料をぬったりパネル型の断熱材を張りつけたりして、家全体をすっぽりとおおってしまう工法です。
これだと、柱で断熱材がとぎれてしまうこともありません。
ですから、より高い断熱効果が期待できるのです。

2.外壁断熱リフォームの施工法や費用とは?

では、外壁断熱にはどのような施工法があるのでしょうか?
この項では、工法の種類や費用をご紹介していきます。

2-1.断熱効果のある塗料をぬる

最も手軽な外壁断熱リフォームの工法です。
現在は、外壁塗料も進化して断熱効果の高いものが出てきました。
これを外壁にぬることで断熱効果をアップさせるのです。
ただし、この工法だけで完璧な断熱効果は期待できません。
ですから、内断熱の補助として用いられます。
「家の構造上本格的な外壁断熱が難しい」という場合に使われることもあるでしょう。

2-2.パネル型の断熱材を家の外側に張りつける

外壁断熱工事、というとこの工法を行う場合が多いです。
工事が簡単なうえ、職人の腕によるばらつきも少ないでしょう。
外壁リフォームとして行うこともあります。
また、一時期はやったコンクリート打ちっぱなし外壁をもつ住宅の断熱効果を高めるために行われることも多いです。

2-3.柱の外側に断熱材を敷き詰める

こちらは、家の外観を変えることなく外断熱をしたいというときに行われる工法です。
内断熱と同じように壁の中に断熱材を入れていきますが、外壁の後ろに入れていくのが特徴。
外壁を全く変えることなく断熱リフォームができますが、かなり高度な技術が必要。
施工を依頼する際は、業者をよく選びましょう。

2-4.外壁を断熱リフォームする費用とは?

外壁の断熱リフォームは、普通の塗料を使った外壁ぬり直しや内断熱リフォームよりも、費用が高くなります。
おおよそ、ぬり直しや内断熱リフォーム工事の費用より10%~20%増しが相場でしょう。
外壁の面積が広いほど、費用も高くなります。
しかし、外壁の断熱改修リフォームは、エコポイントの対象になるのです。
ですから、工事費をエコポイントで割り引くことも可能。
さらに、ローンを組んだ場合は住宅ローンと同じように減税の対象にもなります。
つまり、「内断熱リフォームに比べて、格段に費用が高い」ということにはなりにくいでしょう。

3.外壁を断熱リフォームするメリットとは?

では、外壁を断熱リフォームするとどのようなメリットがあるのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.より高い断熱効果が期待できる

前述したように、外壁を断熱リフォームするとより高い断熱効果がえられます。
また、内断熱だけでは外壁の素材によっては断熱効果が不十分なのです。
先ほど例にあげた、コンクリート打ちっぱなしの外壁がその代表例。
コンクリートの外壁は、温まりにくく冷めにくいという特徴があります。
ですから、内断熱では夏になると蒸し暑く、冬になると底冷えがするという家も少なくありませんでした。
外壁を断熱リフォームすれば、底冷えと蒸し暑さが解消されるでしょう。
また、内断熱の家では冷暖房をしても部屋ごとに温度差が生じやすいです。
外壁断熱リフォームをすれば、部屋ごとの温度差もほぼ亡くなるでしょう。

3-2.省エネになる

外壁を断熱する工法は、もともとヨーロッパの住宅で行われていました。
ヨーロッパの主要都市の緯度は、北海道と同じ位置にあります。
ですから、冬が寒いのですね。
そこで、高気密の家を造り外壁を断熱して暖かい空気が外へ逃げるのを防いで、暖房費を節約しました。
今は、日本の家も高気密のものが一般的です。
外壁断熱リフォームをすれば、エアコンで適温になった空気を屋外へ逃がしません。
つまり、省エネ効果も高くなります。

3-3.結露が少なくなる

壁や窓にできる結露に悩んでいる方は多いでしょう。
結露は放っておくとカビや腐食の原因になります。
外壁断熱リフォームをすれば、結露はなくなるかずっと少なくなるでしょう。
結露に悩んでいるという方は、外壁断熱を検討してみてはいかがですか?

4.外壁の断熱リフォームを依頼する際の注意点

外壁の断熱リフォームは、現在断熱リフォームの主流になりつつあります。
しかし、外壁断熱リフォームを多く手がけている業者の方が、満足いく仕上がりになりやすいでしょう。
また、家によっては防湿対策が必要な場合もあります。
下見や見積もりの際にそのこともきちんと説明してくれる業者ならば、信頼できるでしょう。
今は、ホームページで施工例を公開している業者も多いです。
業者を選ぶ目安にしてみるのもよいでしょう。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、外壁の断熱リフォームについてご紹介しました。
まとめると

  • 外壁を断熱リフォームすると、より高い断熱効果がえられる。
  • 内断熱よりも省エネ効果も高く、結露も生じにくい。
  • 業者に依頼する際は、外壁断熱リフォームを多く手がけている業者に依頼しよう。

ということです。
インターネットを検索すると、外壁断熱リフォームのメリットもデメリットもヒットするでしょう。
日本は高温多湿の国です。
ヨーロッパで生まれた断熱工法をそのまま持ちこんでも、うまくいかない場合もあります。
しかし、防湿対策をしっかりと行えば、メリットの方が大きくなるでしょう。
また、寒く乾燥している地域ほど外壁を断熱リフォームした方が暮らしやすくなります。
「断熱リフォームをどのような方法で行ったらよいのか迷っている」という方は、一度外壁の断熱リフォームを行っている業者に相談してみてください。
家の構造や築年数によって、断熱リフォームの工法も変わってきます。
どのような工法がよいのか、適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。