日当たりが悪いからこそ楽しめる! シェードガーデンの作り方を知ろう

せっかく自由に使える庭があるのに「日陰だから」という理由でガーデニングをあきらめてしまってはいませんか?
日本では家と家とが隣接しているのが当たり前で、庭があっても日当たりがよいとは限らないのです。
でも、あきらめる必要はありません。
日陰でも元気に育つ植物でガーデニングを楽しむ「シェードガーデン」という方法があるのです。
シェードガーデンにとって日陰の環境はむしろメリット。
メンテナンスも少なく、実は人気のガーデニング方法なのです。

そんな人たちのために、シェードガーデンの作り方や適した植物についてまとめてみたいと思います。

1.シェードガーデンとは

シェードガーデンとは「日陰の庭」を意味する言葉。
通常、庭で植物や花を育てるときは、日当たりのよい場所に花壇を設置します。
しかし、中には日陰を好む植物も。
日陰や半日陰でも植物を育てることができるのです。
このようなガーデニングのことをシェードガーデンと呼びます。
もちろん、日向(ひなた)の花壇で色とりどりの花々が咲き乱れる光景も魅力的。
しかし、夏は誰もが木陰を求めるように、まったく日陰のない庭というのも考えものです。
日陰がもたらす落ち着いた雰囲気は、日向(ひなた)にはない魅力なのではないでしょうか。
北側の普段は使っていないスペースも、シェードガーデンとして活用してみてはいかがですか?

2.シェードガーデンの作り方

2-1.まずは日陰の度合いをチェック

シェードガーデンに適した庭であるかを知るために、まずは日陰の度合いをチェックしましょう。
シェードガーデン向けの植物には、日陰に適したものと半日陰に適したものがあります。
半日陰とは、1日のうち2~3時間は日光が当たり、そのほかの時間帯は日陰になる場所のことです。
「午前中は日が当たり午後は日陰になる」というような庭が、半日陰に当たります。
そのほかにも、木陰などで常に50%程度日光が当たらない環境も、半日陰の状態と言えるでしょう。
自宅の庭が「日陰だと思っていたら半日陰だった」という可能性もあります。
季節や時間帯によって日陰の度合いがどう変化するのか、しっかり観察してください。

2-2.イメージを固める

植物の配置を考える前に、作りたい花壇のイメージを固めましょう。
シェードガーデンのポイントになるのは、花の色と葉の高さ。
工夫すれば奥行きがあるように見せることも可能です。
バランスのよい花壇になるよう、じっくり考えてください。
あまり手間がかけられない場合は、グランドカバープランツを使用する方法もあります。
土の乾燥防止や雑草対策に使用するもので、簡単にシェードガーデンを作ることができるでしょう。

2-3.土の性質チェックと湿気(しっけ)対策

植物は水はけのよい土壌を好みます。
この条件はシェードガーデンでも同じでしょう。
庭の土を掘り起こしたものを、スコップの背で軽く叩(たた)いてみてください。
簡単に崩れてしまう場合は、水はけと通気性のよい土である証拠です。
庭の土がどのような性質のものなのか、しっかりチェックしておきましょう。
また、湿気対策も必要不可欠です。
シェードガーデンでも、日当たりのよい庭と比べて見劣りのしない花壇に仕上げることは十分に可能でしょう。
ただし、日陰は湿気が高くなりがち。
カビやコケなどが発生する可能性も高くなっています。
通気性を確保するために、間をあけて植物を植えるなど工夫が必要でしょう。

3.シェードガーデンに適した植物

最後に、シェードガーデンに適した植物にはどのようなものがあるのかご紹介します。
植物選びに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

3-1.木陰に適した植物

木陰とは、木で影ができる場所のことです。
時々木漏れ日が差し込むような、やさしい日陰を意味します。
木陰で育てるのに適した植物には、アジュガやヒューケラ、カレックスなどがあるでしょう。
初夏に青紫やピンクのかわいらしい花を咲かすアジュガは、背が低く、はうように広がっていくのが特徴です。
耐寒性の高い花ですが、霜には弱いため寒冷地では霜よけが必要でしょう。
ヒューケラは葉の種類が豊富な植物です。
緑や黄色、赤紫など、さまざまな様子を楽しむことができるでしょう。
雪の下でも耐えることができる耐寒性の高さが特徴です。
日本にも約200種類あると言われているカレックスは、細い葉のラインが美しい植物。
葉の色もさまざまなため、見た目だけでも楽しむことができます。
暖地では越冬も可能でしょう。

3-2.半日陰に適した植物

次に、半日陰に適した植物をご紹介します。
代表的なものに、フウチソウやアルケミラ・モリス、ティアレラなどがあるでしょう。
フウチソウは、丈夫で育てやすい植物です。
地上に出ている部分は冬になると枯れてしまいますが、春にはまた新しい芽が出てきます。
根で育つため、雪の下でも問題ないでしょう。
初夏にカスミソウのような小さな花が咲くアルケミラ・モリスは、柔らかい葉が大量に茂ります。
高温多湿に弱いため、日本での夏越しは難しいでしょう。
ティアレラはとても丈夫な植物なため、日本でも元気に育ちます。
初夏には穂のような形の花が咲くでしょう。

3-3.日陰に適した植物

直接日光がほとんど当たらない日陰では、ホスタやヤブラン、ツワブキなどがおすすめです。
根元にまとまってつく葉が印象的なホスタは、初夏から秋にかけて薄紫や白、ピンクの花が咲きます。
葉の種類もさまざまで、光沢のあるものやしわの目立つものなどがあるのです。
冬に葉が凍るくらいになると枯れてしまう場合もあるでしょう。

4.まとめ

シェードガーデンの作り方についてご紹介しました。

  • シェードガーデンとは
  • シェードガーデンの作り方
  • シェードガーデンに適した植物

「シェードガーデンに関心がある」「作り方や適した植物について知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!