住まいの環境問題・窓の結露を防ぐ方法について

冬場だけでなく、湿度の多い日に窓の結露が気になりませんか?
結露をそのままにしておくとサッシや壁紙を痛めることになります。また、埃が貯まっているとカビ等の生えやすい状態になるので注意が必要です。今回は、窓の結露を防ぐ方法についてご紹介しましょう。

【窓の結露・放って置くとどうなる?】

窓の結露でお悩みの方は既にご存じかもしれませんが、結露を放って置くと、壁紙やサッシにカビが生えることがあります。また結露のひどい場合、壁紙の部分が歯上がれ落ちることがあるので注意が必要です。カビや壁紙の剥がれが起こる前に、有効な「結露防止策」を取り入れましょう。

● スポンジなどの結露防止グッズは有効?

100円ショップ、ホームセンターで「結露防止のテープ」などが販売されています。ただ、こうしたグッズを使っても結露の原因は根本的に解決されていません。スポンジ部分に結露が溜まり、放って置くとカビ等が生えるのでNGです。

結露を吸い取る前に、住まいを「結露の出にくい環境」へと整備していきましょう。

【結露は何故起こるのか?】

冬や梅雨時の寒い季節、窓の部分は外気で冷たくなります。反対に室内は暖かさが保たれるのですが、窓の部分のみ(室内の水蒸気が)外気によって冷やされます。このため、窓の部分には大量の水滴が溜まり「結露」を引き起こしているのです。

【窓の結露を防ぐ方法について】

現代の住環境はエアコンなどを使い、室内の温度を一定にすることで成り立っています。
しかし、こうした方法では窓の結露だけでなく、室内の空調、結露を予防するのには最適とは言えません。
室内の温度・室内を快適に保つには、環境や家族の健康に配慮した方法を取る必要があります。

● 具体的にどうすれば良いのか?

従来の冷暖房・空調のシステムではなく、室内の空気をきれいにし、快適な環境を生み出す方法が存在します。それは高性能な「熱交換換気システム」を導入した住まいです。

「熱交換換気システム」では、新鮮な空気を室内に取り入れ、熱を外に出さないことで住まいの温度・湿度を快適な状態にしてくれます。この方法を使えば、少しの冷暖房で一年中快適な状態が作り出せるのです。

【超高気密高断熱という選択肢】

「熱交換換気システム」を採用した住まいは環境先進国のドイツで生まれました。こうした住まいは、スウェーデンなどの環境国をはじめ、この日本でも「パッシブハウス理論」として広く知られるようになりました。

パッシブハウス理論を採用した家は、住まいの耐久性や環境への配慮など幅広い視点で「未来や人にやさしい住まい」と言える存在です。また、パッシブハウスの理論は、住環境(結露の問題を含め)根本的に解決するには、最もふさわしい方法と言えるでしょう。