冬の結露はなぜ起きるのか? 窓の結露を防ぐ方法

コップに冷たい水を入れると、数分後にはコップの周りに水滴ができ結露が起きます。
これと同じように、冬になると窓に結露が発生し、結露対策に悩まされている人も多いはず。
結露は、外気と内気の温度差によってできるので外気と内気を同じにすれば結露はできないのですが、冬の外気に合わせるなんてことはできませんよね。
今回は冬場の結露対策について紹介していきたいと思います。

結露は家のどこで起きるのか?

結露が起きる場所といえば「窓」をイメージすると思いますが、本当に窓だけなのでしょうか?

建築屋さんに聞いてみると、結露は家のありとあらゆる場所で起きており、壁の中でも結露が起きていると教えてくれます。

また浴室など湿度の高い場所でも結露が起きやすく、家のあちこちで結露が起きているということがわかります。

結露が起きる条件とは?

結露は、外気と内気(室内温度)の温度差によって発生しますが、それ以外にも湿度や風通しなど、湿度が高くなりやすい条件が揃っています。

結露が起きる条件

  • 温度差が大きい場所
  • 湿度が高い場所
  • 風通しが悪い場所

この3つのいずれかがある場所では、結露が起きやすくなります。この条件が最も出やすいのが浴室などの水回り周辺。

特に湿度が高いため、冬場だけではなく夏場でも結露が起きやすくなっています。

窓の結露を起きないようにする方法とは?

結露が起きてしまう場所というのは、温度差が出やすい場所であったり、湿度が高くなりやすかったり、風通しが悪くなりやすい位置になっています。

では、どうしたら窓の結露が起きないようにできるのか?

それは窓に直接空気を触れさせないようにすることができれば、結露を防止することができるのです。

どういうことかというと、二重サッシのように外窓と内窓を設置し、内外の間に空気の層を作ります。この空気の層が断熱材の代わりとなり、結露の防止につながるのです。

では、簡単に結露を防止するにはどうしたらよいのかというと、梱包用のプチプチを窓の内側に取り付けます。取り付ける際には、窓に直接貼り付けるのではなく、1~3センチ程度離してつけるのがベストです。

こうすることで、サッシとプチプチの間に空気の層ができ、さらにプチプチの中にある空気が断熱材の変わりになり、結露を起きにくくしてくれます。

窓の内側に板をはって完全にさえぎるという方法もありますが、この方法だと明かりが入らなくなってしまいますのでお勧めはできません。

最後に

冬場の結露は、拭いても拭いても出てくるので、できれば結露が起きないようにと考えていると思います。

結露を完全に防ぐことはできませんが、できるだけ少なくするためには

  • 外気と内気の温度差を少なくする
  • 湿度を一定に保つ
  • 風通しを良くしておく

ということが大切です。
冬の寒い時期ではありますが、換気をしたり内窓を取り付けたりなど、一手間加えるようにして結露防止をしていきましょう。