台所の油汚れを落としたい! 掃除に役立つアイテムや油汚れを防ぐ方法も

「台所の油汚れを何とかしたいけど、どうすればいいのか分からない」「汚れを落としてもすぐ汚れてしまう」など、台所の油汚れで困っている方は多いでしょう。毎日使う台所は汚れやすい場所ですが、油汚れを中和する洗剤を使えば頑固な汚れでもきれいに落とすことができます。また、油汚れの付着を防ぐ方法もあるので、台所の使い方しだいではきれいな状態がキープできるでしょう。

本記事では、台所の油汚れを落とす方法や対策について解説します。

  1. 台所の油汚れに役立つアイテム
  2. 台所の油汚れを落とす方法
  3. 油汚れの付着を防ぐには?
  4. 自力で落とせない油汚れは?
  5. 台所の油汚れに関してよくある質問

この記事を読むことで、台所の油汚れを簡単に落とすコツが分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.台所の油汚れに役立つアイテム

最初に、台所の油汚れに役立つアイテムをいくつか紹介します。

1-1.細かい繊維でできた「メラミンスポンジ」

油汚れを落とす際、普通のスポンジではなくメラミンスポンジの使用がおすすめです。メラミンスポンジは一般的なスポンジよりも細かい繊維でできているので、水でつけてこするだけで汚れが落ちるでしょう。洗剤いらずのスポンジともいわれているほどです。油汚れがついたばかりのときはまだ落ちやすい状態なので、洗剤を使わずにメラミンスポンジだけできれいにできます。ただし、キッチンの素材によっては傷をつけてしまう恐れもあるため、使用しても問題ない素材か確認する必要があるでしょう。

1-2.アルカリ性の性質を持った「重曹」

油汚れは酸性の性質を持っているので、酸性汚れを中和してくれるアルカリ性の洗剤が有効です。アルカリ性の洗剤として代表的なものが重曹となります。重曹は自然由来の成分でできているため、小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使うことができるでしょう。また、軽度な汚れから重度な汚れまで使えるのも大きなメリットです。重曹を使った掃除方法は後ほど【2.台所の油汚れを落とす方法】で説明するのでぜひチェックしてください。

2.台所の油汚れを落とす方法

それでは、台所の油汚れを落とす具体的な方法を紹介します。

2-1.軽度な汚れは重曹スプレーを使う

付着してから日の浅い油汚れの場合、重曹スプレーを使って汚れを落とすことができます。重曹スプレーは水100mlに対し小さじ1杯の重曹をスプレーボトルに入れて混ぜ合わせるだけでOKです。汚れが気になる箇所にスプレーして5~10分ほど放置すると、固まった油がやわらかくなります。後はメラミンスポンジを使って汚れを落とすだけなので、気軽に使うことができるでしょう。なお、重曹スプレーを使用する際は、きちんと重曹の成分を拭き取ることが大切です。重曹が残ってしまうと白くなるため、念入りに拭き取りましょう。

2-2.重度な汚れは重曹ペーストを使う

油汚れを長時間放置した場合、重曹スプレーだけでは落ちにくい傾向があります。その場合は、重曹スプレーではなく重曹ペーストを使ってください。重曹ペーストは重曹に少量ずつ水を入れてペースト状になるまで混ぜるだけで作ることができます。重曹3:水1の割合で混ぜていけば、ちょうどいい感じにペースト状になるでしょう。後は、重曹ペーストを油汚れの部分に塗り込み、5~10分程度放置してからメラミンスポンジで汚れをこすり落とすだけでOKです。それでも落ちない場合は、粉末のまま少しずつ汚れ箇所に振りかけてスポンジでこすり落としてください。

2-3.それでも落ちない場合は重曹パックを使う

重曹スプレーでも重曹ペーストでも落ちない油汚れがある場合は、重曹パックがおすすめです。重曹パックは頑固な油汚れに有効だといわれており、重曹と食品用ラップがあれば簡単にできます。主な手順は以下を参考にしてください。

  1. 汚れが気になる箇所に重曹ペーストを厚塗りする
  2. その上から食品用ラップをかけて密封する
  3. 約1時間放置した後、メラミンスポンジでこすり落とす

パックの効果によって油汚れと重曹がよく混ざり合うことができるため、固まった油汚れも分解されやすくなります。

3.油汚れの付着を防ぐには?

それでは、油汚れの付着を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。

3-1.使った後にすぐ掃除することが大事

油汚れの付着を防ぐ1番の方法は、キッチンやコンロを使った後にすぐ掃除することです。油汚れは放置期間が長くなるほど頑固な汚れになり、簡単に落とせなくなってしまいます。けれども、付着してからすぐに掃除すれば、洗剤を使わなくてもスポンジだけで落とすことが可能です。キッチンやコンロを使った後は雑巾やふきんなどで簡単に拭き取ったり、メラミンスポンジでこすったりしてこまめな掃除を心がけましょう。掃除を心がけていれば大掃除も楽になります。

3-2.料理中は換気扇をつける

調理を始める前に、換気扇をつけることも大切なポイントです。料理中の油は気化して空間に舞い上がります。換気扇をつけていないと気化した油が空気中に舞い上がり、キッチン全体に広がってしまうことになるでしょう。ワンルームや1Kではキッチンと部屋に区切りがないケースが多いため、部屋に置いているベッドや壁紙などに油汚れが蓄積される恐れもあります。キッチン全体に広がってしまわないように、料理中は必ず換気扇をつけてください。

3-3.鍋やフライパンはフタを使う

調理で鍋やフライパンを使う際は、フタも一緒に使うようにしてください。鍋から上がる湯気・フライパンからはねる油は、油汚れとなってキッチン付近の床やまわりに飛び散りこびりつきます。そのため、油汚れの付着を防ぐために、フタをして調理することが対策につながるのです。フタをするとガス代の節約にもなるので一石二鳥といえるでしょう。また、フタだけでなく、床に油汚れが付着しないようキッチンマットを敷くのも対策の1つです。

3-4.換気扇カバーやレンジパネルなどを活用する

油汚れが付着しやすい箇所にカバーをつける方法もあります。換気扇カバー・レンジパネル・壁の汚れ防止シートなど、100均ショップやホームセンターなどで購入できるのでぜひ活用してください。カバーをつけておけば油汚れが直接付着することなく、汚れたら捨てることができます。便利グッズを上手に活用することで油の飛び散りを最小限に抑えることができるでしょう。掃除も楽になるので、こまめな掃除ができない方にもおすすめです。

4.自力で落とせない油汚れは?

自力で落とすことができない油汚れはどうすればいいのでしょうか。主な対処法を解説します。

4-1.ハウスクリーニング業者などのプロに依頼する

自分で汚れを落とすことができない場合は、ハウスクリーニング業者などのプロに依頼する方法があります。特に、頑固な油汚れは重曹などの洗剤で落とすことができません。プロの業者に依頼すれば、専用の洗剤や機材を使って頑固な汚れでもきれいに落とすことができるでしょう。プロが扱う洗剤の中には、長期間放置した油汚れでも落とすことができる強力な洗剤があります。頑固な汚れで悩んでいる方はもちろん、仕事や子育てなどで忙しく大がかりな掃除をする時間がないという方にもおすすめです。

4-2.業者に依頼する際は料金とサービス内容を確認する

プロのハウスクリーニング業者に依頼する場合は、いくらかかるのか料金を必ず確認してください。キッチンの広さや汚れ具合などによって費用は異なりますが、約5,000~1万円でキッチン掃除を依頼できます。簡単な汚れであれば費用はそこまで高くならないでしょう。けれども、頑固な汚れであればあるほどお金がかかってしまいます。プロに依頼するとシンク・コンロ・調理台・排水口など日常の掃除ではなかなか手に負えない箇所まで掃除できるのがメリットです。サービス内容を確認した上で、見積書も細部までチェックしてください。

4-3.信頼できる業者選びのポイント

ハウスクリーニングを行っている業者の中には、きちんと掃除せずに高額な費用を請求するといった悪徳業者が存在しています。実際に、「高額な料金を支払ったのに油汚れが落ちていない」「見積書に記載されていない追加費用を請求された」などのトラブルが続出中です。悪徳業者とのトラブルを回避するには、信頼できる業者を選ぶことが大切なポイントとなります。ハウスクリーニング業者を選ぶ際は、以下のポイントをチェックするといいでしょう。

  • サービス内容や料金体系が細かくホームページ等に記載されているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • どんな方法で掃除を行うのか説明してくれるか
  • 口コミや評判がいいか
  • 無料見積もりや無料相談を行っているか
  • サービス内容が充実しているか

また、複数の業者を比較することで悪徳業者が見極めやすくなります。面倒だから、と最初から1社だけに注目するのではなく、最低でも3〜4社を比較してください。

5.台所の油汚れに関してよくある質問

台所の油汚れに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.油汚れはなぜ落ちにくいのか?
A.飛び散りやすく、油がついてから時間が経過すると落ちにくくなるからです。料理中に気化した油の粒子が舞い上がり、周囲に付着しやすいのも落ちにくい原因といえるでしょう。また、油汚れは空気に触れて酸化する特徴があります。空気に触れる期間が長くなるほど、樹脂化しやすくなるのです。樹脂化してしまってこびりついた汚れは洗剤も浸透しづらく、こすってもなかなか落ちない傾向があります。だからこそ、付着してからすぐに拭き取ることが大切です。

Q.五徳の汚れをきれいにするコツは?
A.油汚れが付着しやすい五徳は、こまめに掃除することが大切です。なかなか落ちにくい油汚れを落としたいなら、重曹水へのつけ置きをおすすめします。以下の手順を参考にしてください。

  1. ビニール袋や桶(おけ)などに60℃程度のお湯を入れる
  2. お湯1Lに対して重曹を大さじ6杯入れてからよく溶かす
  3. 五徳をつけ置きし、30分間放置する
  4. 汚れが浮いてきたら五徳を取り出し、使い古した歯ブラシで汚れをこすり落とす
  5. 最後に水を洗い流して乾燥させたら完了

Q.セスキ炭酸ソーダでも油汚れは落ちるのか?
A.重曹よりも強いアルカリ性を持っているので、セスキ炭酸ソーダでも油汚れを落とすことができます。頑固な油汚れほど、重曹よりもセスキ炭酸ソーダを使ったほうがいいでしょう。水500mlに対してセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯混ぜてスプレーボトルに入れてください。後は、油汚れがひどくなっている箇所にスプレーを吹きかけ、5分ほど放置して汚れを拭き取るだけでOKです。

Q.重曹を使う際の注意点は?
A.重曹は弱アルカリ性の性質を持っていますが、肌が弱い人にとっては赤みが出たり、傷ついたりする恐れがあります。そのため、肌が弱い人・長時間使用する場合はゴム手袋をつけてから扱うようにしましょう。また、アルミ素材や鍋に重曹を使ってしまうと黒く変色する恐れがあります。安易に使うのではなく、目立たないところで変色しないか試してから使ってください。

Q.業者に依頼する際、費用を抑えるコツは?
A.早めに掃除することが1番の費用節約となりますが、汚れがひどくなってから依頼するケースがほとんどでしょう。その場合はキッチンの清掃だけでなく、トイレ・風呂・洗面台など水まわりをセットにしたプランがおすすめです。水まわりの清掃をまとめて依頼することで個別に依頼するよりもお得になる可能性があります。また、複数の業者を比較するのも大切なポイントです。ただし、あまりにも安すぎる業者は悪徳業者の可能性があるので注意してください。

まとめ

台所の油汚れは酸性の性質を持っているので、アルカリ性の洗剤がおすすめです。自然由来の成分でできているセスキ炭酸ソーダなどがあります。小さな子どもやペットがいる家庭でも安心して使うことができるでしょう。油汚れが付着したときにすぐ汚れを拭き取ることで、頑固な汚れを未然に防ぐことができます。大切なのは、毎日こまめに掃除することです。どうしても自分で除去できない汚れがある場合は、プロのハウスクリーニング業者に依頼するといいでしょう。水まわりプランで掃除を依頼すると、台所・風呂・洗面所・トイレといった水まわりをまとめてきれいにしてくれます。