お風呂のタイルを補修するには? 簡単にできる方法とコツを教えます!

「お風呂のタイルにひび割れがあるが、自分で補修できる方法があるか知りたい」とお考えではありませんか? お風呂のタイルは経年などの理由で徐々に素材が劣化するため、ひび割れたり欠けたりすることがあります。タイルの劣化を発見したら、そのまま放置せず、早めに補修することが大切です。しかし、どこにどんな方法で補修を依頼できるのか、自分で補修してもいいのか、よく分からないことでしょう。

そこで今回は、お風呂のタイル補修について詳しく解説します。

  1. 劣化したお風呂のタイルを放置するとどうなる?
  2. お風呂のタイルをすぐに補修すべきケース
  3. DIYか業者に依頼するかの判断基準
  4. お風呂のタイル補修を業者に依頼する場合
  5. お風呂のタイル補修をDIYする方法
  6. お風呂のタイル補修に関するよくある質問

この記事を読むことで、お風呂のタイルを補修するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.劣化したお風呂のタイルを放置するとどうなる?

最初に、お風呂のタイルが劣化したまま放置するとどうなるのか見ていきましょう。

1-1.壁や床から水漏れする原因になる

お風呂のタイルが劣化したままになると、壁や床から水漏れする現認になります。上階のお風呂で水漏れを起こすと、階下に大きなダメージを与えるので注意してください。水漏れは、気が付かないうちに被害が拡大するので早急に対応する必要があります。

1-2.壁や床が腐食して内部が劣化する

お風呂のタイルが劣化すると、壁や床に浸水して腐食していきます。すると、内部が劣化してボロボロになってしまうでしょう。内部まで劣化が進んでしまうと、建物の強度が落ちてしまいます。また、補修する際も大がかりになるので、費用や日数がかかるなどデメリットばかりです。

1-3.入浴中にタイルが落下してケガをする

お風呂のタイルの劣化を放置すると、入浴中にタイルが落下してケガをする可能性があるので気を付けてください。特に、上部のタイルが劣化していると、高さがある分落下した際の衝撃が大きく、大ケガにつながることがあります。また、落下したタイルを踏みつけたりつまずいて転倒したりすることもあるでしょう。お風呂では裸になり無防備な状態であることも、大ケガをしやすい理由です。

劣化したお風呂のタイルを放置すると、浴室の寿命そのものが短くなるんですね。
はい。もっと修繕費がかかるようになるので、早めに修復しましょう。

2.お風呂のタイルをすぐに補修すべきケース

お風呂のタイル修理をすぐに行うべきケースを見ていきましょう。

2-1.広範囲にひび割れや脱落が見られる

広範囲にひび割れや脱落が見られるときは、すぐに業者に修理してもらいましょう。すでに下地にまで腐食が広がっていることが予測されます。広範囲の補修は、慣れない人が手を付けると時間と労力がかかるだけです。

2-2.害虫が大量に発生している

シロアリなどの害虫が大量に発生している場合、内部の腐食が進行している可能性が高くなります。タイルの補修だけでなく、害虫駆除・下地補修も必要になるでしょう。放置すると害虫による食害被害がますます広がるので、早めに補修してください。

2-3.浴槽との間にすき間ができている

目地がタイルが破損して浴槽との間にすき間ができている場合も、早急な補修が必要です。すき間から水分が入り込み、腐食が進んでしまいます。放置すると壁や床に大きなダメージを受けるので注意してください。

広範囲にひびや落剝が生じた場合はすぐに補修が必要なんですね。
はい。内部に水が入らないうちに行いましょう。

3.DIYか業者に依頼するかの判断基準

お風呂のタイル補修をDIYで行うか業者に依頼するかの判断基準を、詳しく見ていきましょう。

3-1.DIYで対応できる場合

以下のような場合は、DIYで対応できることがあります。

3-1-1.ごく一部分に割れや欠けがある

ごく一部分の割れや欠けだけなら、DIYでタイルを交換することができます。十分な時間とやる気があるのなら、DIYでの交換にチャレンジしてもいいでしょう。

3-1-2.劣化を発見してすぐ

お風呂のタイルが劣化しているのを発見してすぐなら、DIYで補修しやすいでしょう。ひび割れがごく狭い範囲だったり浅かったりするからです。DIYで行うことを決めたら、できる限り早く作業してください。

3-2.業者に依頼すべき場合

お風呂のタイル補修を業者に依頼すべきケースを見ていきましょう。

3-2-1.築年数が15年以上

お風呂の築年数が15年以上の場合は、業者に依頼しましょう。お風呂全体の劣化が進んでいることが考えられるため、深部までダメージが広がっている可能性が高いからです。タイルの全面貼り替えや、タイル以外のお風呂へのリフォームも検討しましょう。

3-2-2.発見後1年以上放置した

劣化の発見から1年以上放置した場合も、業者に依頼するべきです。劣化した部分から、内部まで腐食が進んでいる可能性があります。DIYで直せると考えて手を付けたら、予想以上に腐食が進んでいて困り果てるというケースも多いのです。

3-2-3.タイルを全面的に貼り替えたい

劣化した部分だけでなく、タイルを全面的に貼り替えたいのなら、業者に依頼しましょう。タイルの全面貼り替えは、作業が大変すぎて挫折したり時間がかかりすぎたりする可能性があります。業者に依頼すれば、効率よく美しく仕上げてくれることでしょう。

自分でできる補修もあるんですね。
はい。しかし、業者に依頼したほうが安心です。

4.お風呂のタイル補修を業者に依頼する場合

お風呂のタイル補修を業者に依頼する場合の費用や工期の目安を、内容別にご紹介します。

4-1.ひび割れ補修は3万円~

タイルのひび割れ補修は、半日程度の工期で費用目安は3万円~です。補修作業自体は、補修材を注入するなどで、特に難しくはありません。ただし、ひび割れが広範囲におよんでいる場合や位置によっては、補修ではなくタイル交換が妥当な場合もあります。まずは、業者に現場を確認してもらい、判断するといいでしょう。

4-2.目地補修は2万円~

お風呂の目地補修は、半日程度の工期で費用目安は2万円~となります。目地補修だけなら、簡単な作業で済むので難易度も高くありません。ただし、天井近くや隅など気づかない部分の目地が劣化していることもあるので、全体的に業者にチェックしてもらうといいでしょう。

4-3.タイルの部分的な補修は3万円~

タイルを部分的に補修する場合は、半日~1日程度の工期で、費用目安は3万円~となります。午前中から工事が始まれば、夜には入浴可能となるでしょう。ただし、場合によっては、部分補修で対応できない可能性もあるので、業者とよく相談してください。

4-4.タイルの全面貼り替えは6万円~

お風呂のタイルを全面貼り替えする場合は、数日程度の工期が必要になります。費用目安は、床が6万円~、壁は10万円~です。数日間お風呂が使えなくなるため、親族の家のお風呂を借りたり入浴施設の利用を検討したりなど、あらかじめ考えておくといいでしょう。

補修内容もいろいろあるんですね。
はい。壊れ方によっては複数の修理が必要になります。

5.お風呂のタイル補修をDIYする方法

お風呂のタイル補修をDIYで行う方法や必要な道具などを解説します。

5-1.お風呂のタイル補修で準備するものは?

お風呂のタイル補修をDIYで行う場合は、以下のような道具や材料を用意しましょう。

  • 補修用タイル
  • タイル用補修材
  • タイル用接着剤
  • 目地剤
  • マスキングテープ
  • ヘラ
  • マイナスドライバー
  • 金づち
  • 消毒用エタノール
  • マスク
  • ゴム手袋

5-2.お風呂のタイル補修をDIYでやる方法

お風呂のタイル補修をDIYでやる方法を詳しく見ていきましょう。

5-2-1.目地を補修する

お風呂の目地補修の方法や手順は、以下のとおりです。

  • 目地にカビが生えている場合は消毒用エタノールを塗布して乾かす
  • 周辺のタイルにマスキングテープを貼って養生する
  • ヘラを使用して目地剤を塗り込む
  • マスキングテープをはがして目地材を完全に乾燥させたら完了

5-2-2.タイルのひび割れを補修する

タイルのひび割れは、以下の手順で補修してください。

  1. ひび割れ周辺の汚れを除き、しっかり乾燥させる
  2. 周辺にマスキングテープを貼って養生する
  3. ヘラを使用して補修材を少しずつ塗り込んでいく
  4. 表面が平らになるようによくならす
  5. 増す金テープをはがしえ補修材を完全に乾燥させたら完了

5-2-3.タイルを交換する

お風呂のタイル交換は、以下の手順を参考にしてください。

  1. タイル周辺の目地材をマイナスドライバーでそぎ落とす
  2. マイナスドライバーと金づちを使いタイルを割りながら少しずつはがす
  3. タイルを除去した部分の下地をキレイに整える
  4. 新しいタイルの裏にタイル用接着剤を塗布する
  5. タイルを押さえながら貼り、接着剤が乾燥するまで待つ
  6. タイルにマスキングテープを貼り、目地材をヘラで周辺に塗り込む
  7. マスキングテープをはがし目地材を完全に乾燥させたら完了

5-3.換気に気を付けて適度に休憩しながら作業する

お風呂のタイルを補修するときは、換気に気を付けて作業しましょう。補修材などの成分で、気分が悪くなることがあります。もしも気分が悪くなったら、作業を中止して風とおしのいい場所に移動し、十分に休憩してください。なお、予想以上に補修範囲が広い、状態がひどいなど、自分では補修しきれないと感じたときは、途中からでも業者に依頼しましょう。

DIYはかなり手間がかかるんですね。
はい。ですから時間に余裕を持って行いましょう。

6.お風呂のタイル補修に関するよくある質問

最後に、お風呂のタイル補修に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.DIYでタイル交換をしたら周辺との色の差が気になるのですが?
A.部分的にタイル交換をした場合、周辺との新旧の差は防ぎようがありません。どうしても気になるのなら、業者に依頼して全体に貼り替えることをおすすめします。

Q.補修した部分は何年持つ?
A.一概には言えません。こまめに状態をチェックし、ひび割れなどを発見したらすぐに対応してください。

Q.DIYで補修した部分からカビが発生したのですが?
A.補修が不十分だったことが考えられます。補修し直すか、業者に依頼してきちんと対策してもらいましょう。

Q.業者にタイルを補修してもらったばかりなのにまたひび割れたのですが?
A.業者に依頼した部分がひび割れたのなら、すぐに連絡して確認してもらいましょう。明らかに業者に落ち度がある場合は、やり直してもらえます。

Q.業者に補修を依頼した場合、工事中は在宅する必要がある?
A.基本的には、在宅する必要があります。お風呂のタイル補修は、家の中に上がり込んで作業することになるからです。ただし、信頼できる業者の場合は、緊急連絡先を知らせておくなどにより、買いものなどで一時的に外出することも可能でしょう。

まとめ

今回は、お風呂のタイル補修について詳しく解説しました。お風呂のタイルや目地に破損や脱落・ひび割れなどを発見したら、できるだけ早く補修しましょう。放置すると下地にまで浸水し、大きなダメージにつながります。まずは、この記事を参考にDIYで補修するか、信頼できる業者に依頼して対策してもらいましょう。業者に補修しえもらえば、DIYで行うよりキレイに仕上がり、時間や労力の節約にもなるのでおすすめです。

もしこの記事が役に立ったら、記事下のボタンを押してシェアしてくださいね。