スマホを処分したい人必見!高く売るコツや買取に出す方法を紹介

「スマホを高く売るにはどうしたらよいのか?」とお悩みの人は多いでしょう。近年は続々と新しいモデルのスマホが発売されるため、「まだ使えるけれど買い替えたい」という人もたくさんいると思います。使わなくなったスマホを捨ててしまうのも、そのまま放置しておくのももったいないですよね。そこで、スマホを高く売ることができたら、お得だと思いませんか?

この記事では、スマホの買取事情や高く売るポイント・買取に出す方法についてまとめてご紹介しましょう。

  1. スマホの買取について
  2. 高く売れるスマホはどんなもの?
  3. スマホを買取に出す方法
  4. スマホを高く売るポイントは?
  5. スマホの買取に関するよくある質問

この記事を読むことで、スマホの買取価格相場や査定基準・買取先の選び方などが詳しく分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.スマホの買取について

まずは、買取が可能なスマホの条件や買取価格相場などをご紹介します。

1-1.中古スマホは需要がある

スマホの普及率は年々高まり、近年は複数台のスマホを持つ人も珍しくありません。2台目・3台目のスマホを中古で安く購入しようとする人も多いため、スマホの買取需要は高まってきているのが現状です。

1-2.買取してもらえるもの・してもらえないもの

正常に動作するスマホで、状態が比較的きれいなものであれば、買取対象になる可能性は高いでしょう。また、壊れているスマホでも買取してくれる業者はあるため、廃棄する前に調べてみることをおすすめします。ただし、盗難品や改造品・暗証番号が分からないスマホは、買取に出しても断られるケースがほとんどです。

1-3.買取価格の相場を調べる方法

スマホを買取に出す前に、買取価格の相場を調べておくことをおすすめします。「スマホの機種名 買取」で検索すると、各業者の買取価格を一括で比較できるサイトが出てくるはずです。また、ネットオークションでもどのくらいの金額で取り引きされているか調べてみるとよいでしょう。以下に、いくつか機種ごとの買取価格相場をまとめたので参考にしてください。

  • iPhone6:19,000~43,000円
  • iPhone7:31,000~72,000円
  • XperiaZ3 SO-01G:8,000~30,000円
  • arrows m02:2,500~13,000円

2.高く売れるスマホはどんなもの?

どのようなスマホが高く売れるのでしょうか。業者による査定のポイントをまとめました。

2-1.本体がきれい

「画面が割れていないか」「目立つ汚れや傷はないか」など、本体の状態は買取業者が必ずチェックするポイントです。また、水没していないかも同様にチェックします。クリーニングやメンテナンスの手間をできるだけかけずに中古品として再販できるスマホは、高額買取の対象になりやすいでしょう。

2-2.新しいモデル

発売されてからの期間が短い新しいスマホほど、高く売れます。新しいモデルが発売されると、旧機種の買取価格は当然下がるため、できるだけ早く買取に出すのがおすすめです。特にandroidスマホは買取価格が下がりやすいということを覚えておきましょう。

2-3.正常に動作する

正常に動作するかどうかも重要な査定ポイントです。壊れているスマホでもジャンク品として買取している業者もありますが、買取金額は大きく下がります。不具合があるスマホを高く売りたいのであれば、修理に出してから買取に出すことも検討しましょう。

3.スマホを買取に出す方法

スマホの買取先とそれぞれの特徴・選び方などをまとめました。

3-1.買取専門店に直接持ち込む

スマホの買取を行っている買取専門店に直接持っていけば、その場で査定してもらえます。すぐに現金化が可能な点が大きなメリットでしょう。「ゲオ」や「じゃんぱら」など、スマホの買取に特化した買取店に依頼すれば、適正に査定してもらえるのでおすすめです。ただし、営業時間内に自分で持っていかなければならないため、忙しくて時間を作ることができない人にはおすすめできません。

3-2.宅配買取サービスを利用する

宅配買取サービスを行っている買取業者を利用する方法もあります。宅配で送るだけでスマホを買取してもらえるため、忙しくて店舗まで行く時間がない人にもおすすめです。ただし、買取金をすぐ受け取ることができないというデメリットもあります。また、買取提示金額に同意できない場合や買取対象外になった場合、業者によっては返送用の送料を利用者が負担しなければならないため、事前の確認が必要です。

3-3.ネットオークションに出品する

ネットオークションでスマホを売る場合、金額を自分で設定できるというメリットがあります。うまくいけば希望金額で売れる可能性もあるため、「できるだけ高く売りたい」という人は試してみるとよいでしょう。ただし、掲載用の写真撮影や文章の作成などに手間がかかるほか、落札者とのやり取りなどを面倒に感じる人も多いと思います。発送後、「思っていたものと違う」などクレームが発生する可能性もあるため、慣れていない人は特に注意が必要です。

3-4.事前にしっかり調査を

スマホの買取をどこに依頼するか、事前にしっかり調査して選ぶことをおすすめします。たとえば、無料査定を受け付けているか、壊れたスマホの買取は行っているか、宅配買取を行っているかなど、自分が希望する方法で買取をしてもらえるか確認しておくようにしましょう。また、買取業者によってはスマホのデータ消去サービスを行っているところもあるため、必要であれば調べておくことをおすすめします。

4.スマホを高く売るポイントは?

スマホを少しでも高く売るためのコツや注意点をまとめました。

4-1.きれいに掃除しておく

指紋をふき取るなど、掃除をしてから買取に出すようにしましょう。メガネ拭き用のクロスなどを使うと汚れをきれいに落とすことができます。また、スマホにシールやステッカーを貼っている場合はきれいにはがしてください。

4-2.できるだけ早く売る

スマホは次々と新しい機種が発売されており、古い機種の価値はあっという間に下がってしまいます。手放すことを決めたら、できるだけ早く買取に出すのがおすすめです。

4-3.白ロムの状態にする

スマホを買取に出す際には、「白ロム」と呼ばれる状態にしておくことで高額査定の対象になります。白ロムとは「SIMカードが入っていない端末」のことです。SIMカードが入っている場合は自分で抜いてから買取に出しましょう。

4-4.本体を初期化しておく

初期化してスマホ内のデータをすべて消去しておくことも重要です。そのまま買取に出すと、個人情報などのデータが漏えいして悪用されてしまう可能性があります。初期化していないスマホは買取対象外となる業者がほとんどのため、必ず自分で行っておきましょう。初期化の方法は以下のとおりです。

  • iPhoneの場合:「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」→「iPhoneを消去」
  • androidの場合:「設定」→「アカウント」→「バックアップとリセット」→「工場出荷状態に初期化」→「端末を消去」

4-5.下取りと買取の違いを理解しておく

「下取りと買取、どちらがお得なのか?」と疑問に思う人も多いでしょう。下取りとは、使わなくなったスマホをキャリアショップやApple Storeに引き取ってもらい、新しいスマホの購入代金を割り引いてもらうことです。買取と違い、傷や汚れなど本体の状態によって価格が下がることはなく、ほぼ一定の価格で下取りしてもらえます。しかし、スマホの状態や買取先によっては、買取のほうが高値がつきやすいという傾向があるのも確かです。自分が売ろうとしているスマホの場合はどちらがお得なのか、しっかりと比較してから選ぶようにしましょう。

5.スマホの買取に関するよくある質問

「スマホを高く売りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.会社で契約していたスマホも買取してもらえますか?
A.法人用のスマホ買取を受け付けている業者もあるため、探してみるとよいでしょう。個人用と手続きが異なる場合もあるので注意してください。

Q.iPhoneの製造番号はどうやって調べることができますか?
A.電池パックや購入時の箱に記載されている場合がほとんどです。確認できない場合は、「設定」→「情報」→「IMEI」で調べることができます。

Q.スマホを売る際、使用していたおさいふケータイはどうすればよいですか?
A.アプリを完全に消去する必要があります。アプリをアンインストールするだけではICチップにデータが残っているため、キャリアショップに行って消去してもらいましょう。

Q.未成年でもスマホを買取に出すことはできますか?
A.保護者の同意書や承諾書が必要です。買取業者によっては保護者の身分証明書も必要になるため、事前に確認しておきましょう。

Q.スマホの機種代を払い終わっていなくても、買取に出すことは可能ですか?
A.買取してもらうことは可能ですが、業者によってはローンが残っていると買取金額が下がるところもあります。また、買取してもらった後は、必ず残りの支払いを済ませるようにしてください。

まとめ

いかがでしたか? スマホを高く売るポイントや方法・注意点などをまとめてご紹介しました。不要になったスマホは、まだ使える状態であれば買取に出したほうがお得です。少しでも高く売るためにはどうしたらよいのか、自分に合った買取方法にはどのようなものがあるのかを知るために、ぜひこの記事を参考にしてください。