罪悪感なく遺品を捨てるには? 遺品整理の必要性や心構えを知ろう!

「遺品を捨てることに罪悪感がある」とお悩みではありませんか? 遺品を捨てることに罪悪感があり、なかなか遺品整理ができない人は多いでしょう。しかし、遺品整理は必ずしなければなりません。つらい気持ちを乗り越え、遺品整理を進めていくためには、一体どうしたらよいのでしょうか。この記事では、遺品を捨てることに罪悪感がある理由や、罪悪感なく遺品を捨てるための方法などをご紹介します。

  1. なぜ遺品を捨てることに罪悪感があるのか?
  2. 罪悪感なく遺品を捨てるための方法
  3. 遺品整理をプロに依頼するのもおすすめ
  4. 遺品の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、遺品を捨てる際の心構えや考え方などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.なぜ遺品を捨てることに罪悪感があるのか?

まずは、遺品を捨てることに罪悪感がある理由をまとめました。

1-1.気持ちの整理がつかない

「気持ちの整理がつかない」という理由で遺品整理ができない人は多いでしょう。遺品を捨ててしまうことで故人との思い出も手放すような気持ちになってしまうのです。特に、写真や日記・故人の愛用品など、思い出を感じる遺品を処分するにあたって、罪悪感を覚えやすいでしょう。

1-2.捨ててしまってよいのか判断できない

「遺言状が残されていない」「相談できる親族もいない」というような場合、自分だけの判断で遺品を捨てるか残すか決めなければならないこともあるでしょう。その判断が正しいのか分からず、罪悪感を覚えながら遺品を処分しなければならない場合もあると思います。

1-3.捨てたらバチがあたりそう

仏壇や神棚・故人が大切にしていた人形などは、「捨てたらバチがあたるのではないか」という理由で罪悪感を覚えやすいでしょう。バチがあたる心配をしながら遺品を処分するのは、よりつらいことですよね。

2.罪悪感なく遺品を処分する方法

罪悪感を覚えることなく遺品を処分する方法についてご紹介しましょう。

2-1.遺品を処分する必要性について考える

いつまでも遺品をそのままにしておくと、どうなるでしょうか。空き家になった故人の家に遺品を放置しておき、空き巣や放火の被害にあった例もあります。賃貸物件の場合は明け渡しができず、家賃の負担が大きくなってしまうことになるでしょう。また、気持ちの面でも遺品整理は必要です。遺品を処分することで悲しみを乗り越え、新たな気持ちで歩き出すことを考えましょう。

2-2.ものは捨てても思い出は捨てない

遺品を処分する際の心構えとして、「ものは捨てても思い出は捨てない」ということを忘れないようにしましょう。そのためにも、納得のいく処分方法を考えるべきです。たとえば、「写真に撮ってから捨てる」「供養してから処分する」というように、自分の中に罪悪感を残さない捨て方を選択してください。

2-3.業者に頼るのも一つの手

自分の手で遺品を捨てるのが難しい場合は、プロの業者に依頼するのもおすすめです。近年は遺品整理業者の需要も高まってきており、自分で遺品整理をするのが難しい人が利用するケースが増えてきています。

3.遺品整理をプロに依頼するのもおすすめ

遺品整理をプロの業者に依頼するメリットや費用相場・業者の選び方などをまとめました。

3-1.自分で遺品整理をするのが難しい場合は利用を

「罪悪感が残りそうなので自分で遺品整理をしたくない」という場合以外にも、業者に依頼すべきなのは以下のようなケースがあります。

  • 遠方に住んでいる
  • 遺品が大量にある
  • 体が不自由
  • 手伝ってくれる人がいない
  • 物件の明け渡し期限が迫っている

3-2.手間や時間をかけず遺品整理ができる

業者に依頼する一番のメリットは、手間や時間をかけずに済むという点でしょう。遺品整理の際には、大量の遺品を仕分けする必要があります。また、どのように処分するかを一つ一つ考えなければならないため、大変な労力と時間がかかるのです。遺品整理の知識と経験を持つ業者に依頼すれば、自分で作業しなくても短時間で作業してもらえます。

3-3.大型の遺品も運び出してもらえる

遺品整理業者に依頼すれば、タンスやベッドなど大型の遺品も運び出してもらえます。大型の家具や家電などを家から運び出すのは大変な作業なので、高齢者や女性には難しいでしょう。無理やり搬出しようとして傷をつけてしまう可能性もあります。買取に出すことを検討していても台無しになってしまう恐れがあるため、業者に依頼したほうが安心です。

3-4.お得なパック料金も

遺品整理を業者に依頼した場合の費用については、遺品の量や部屋の大きさ・作業員の人数などによって変わってきます。業者によっても違いがあるため、事前に複数の業者に無料見積もりを依頼して比較しておくとよいでしょう。

3-5.業者選びのポイントは?

遺品整理業者を選ぶ際は、以下のポイントを参考にするとよいでしょう。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 料金体系が分かりやすいか
  • 遺品を丁寧に扱ってくれるか
  • スピーディーな対応をしてくれるか

4.遺品の処分に関するよくある質問

「スムーズに遺品整理をしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.遺品整理はいつ行えばよいでしょうか?
A.タイミングに決まりはありませんが、四十九日や一周忌などの法要に合わせて行うケースが多くなっています。

Q.  遺品を売っても問題ないのでしょうか?
A.状態のよいものは売っても問題ありません。ほかの誰かの役に立つことでその遺品の価値を高めることにつながると考えましょう。

Q.遺品を供養してもらいたいのですが、どこに依頼すればよいですか?
A.神社や寺院で遺品供養を受け付けているところもあるため、探してみるとよいでしょう。また、遺品供養を行っている遺品整理業者もあります。

Q.遺品整理業者にあらかじめ伝えておくべきことは何ですか?
A.残したいものや処分方法が決まっているものは、あらかじめ明確に伝えておきましょう。また、探してもらいたい遺品や買取に出したい遺品がある場合も、事前に伝えておくことをおすすめします。

Q.  悪質な遺品整理業者の見分け方を教えてください。
A.ホームページがない業者や電話だけで見積もりをとろうとする業者には注意しましょう。また、見積書に詳細の記載がない業者も利用しないことをおすすめします。

まとめ

罪悪感なしで遺品整理をする方法や業者に依頼するメリットなどをまとめてご紹介しました。遺品を捨てることに罪悪感があり、遺品整理ができないという人も多いでしょう。しかし、遺品整理は必ずやらなければならないことです。ぜひこの記事を参考に、悔いのない遺品整理をしてください。