キャンプ道具の収納でお困りの方へ! スッキリ片付くコツを教えます!

キャンプ道具の収納方法をお探しではありませんか? 「大きくて重たいものの収納方法が分からない」「種類がたくさんあるので収納しづらい」など、何かと困ってしまいますよね。次回使うときに必要なものがすぐに取り出せるよう、スッキリ片付けたいことでしょう。

そこで今回は、キャンプ道具の収納について詳しく解説します。

  1. キャンプ道具にはどんなものがある?
  2. キャンプ道具を上手に収納する方法は?
  3. トランクルームに預けるのもおすすめ
  4. キャンプ道具の収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、キャンプ道具を上手に収納するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.キャンプ道具にはどんなものがある?

最初に、キャンプ道具の主な種類について見ていきましょう。

1-1.テント

宿泊を伴うキャンプでは、テントを欠かすことができません。高品質なテントがあるだけで、キャンプの快適度がグンと高まります。ただし、大きなテントになるほど広い保管場所を取ることが多くなるのが問題です。最近では、ワンタッチで設置でき、コンパクトに収納できるタイプも人気があります。

1-2.寝袋

寝袋は、キャンプで寝るときの必須アイテムです。寝袋があれば、夜間の冷えから体を守り、安心して眠ることができます。薄型のものはコンパクトにたたんで収納できますが、保温性・断熱性・クッション性などで劣るのがデメリットです。また、サイズも自分の体に合ったものを選ぶようにしましょう。

1-3.調理用品

調理用品も、キャンプ道具として忘れてはいけません。たとえば、バーベキュー台・ガスコンロ・燃料・着火剤・飯ごう・各種食器類・給水タンク・クーラーボックスなどがあります。キャンプを楽しく過ごすためにも、適切な調理用品をそろえておくことが大切です。

2.キャンプ道具を上手に収納する方法は?

キャンプ道具を上手に収納するには、いくつかのコツがあります。

2-1.目的ごとに分けて収納する

キャンプ道具は、目的ごとに分けて収納することがおすすめです。テントや寝袋などのグループ・バーベキューコンロや食器類などのグループなどに分けておくと、使いたいときに目的に合ったものを取り出しやすくなります。また、どんなものがいくつあるかリスト化しておけば、次に買い足すべきものが分かって便利です。

2-2.ラックや棚を活用する

ラックや棚を活用してキャンプ道具を収納すると、見た目にスッキリ片付き、出し入れも楽にできます。また、キャンプ道具の積み重ねによる破損を予防でき、状態よく保管できるのもメリットです。重いものは下段・軽いものは上段など、重さによって置き場所を考えるといいでしょう。また、使用頻度の高いものは、中段・手前に位置に保管すると便利です。

2-3.透明な衣装ケースを使う

キャンプ道具は、透明な衣装ケースに入れて保管すると何が入っているか分かりやすく、汚れを防ぐことができておすすめです。引き出し式・積み重ね可能なものなどを選べば縦方向の空間を活用でき、収納力も上がります。なお、衣装ケース内に湿気がこもらないよう、除湿剤を入れておくのもいいでしょう。

3.トランクルームに預けるのもおすすめ

キャンプ道具の収納場所に困るときは、トランクルームに預けるのもおすすめです。

3-1.月額制で借りられる収納スペース

トランクルームとは、月額制で借りられる収納スペースのことです。主要都市に多くあり、半畳程度~都合のいい広さや条件で借りることができます。個人でも気軽に借りることができることから、人気が高まっているのです。自宅に十分な収納スペースがない人を中心に、多くの人が利用しています。

3-2.自宅に収納スペースがなくても保管できる

トランクルームを借りるメリットには、主に以下のようなものがあります。

  • 自宅の収納スペースを圧迫しない
  • 空調管理や掃除が行き届いた環境で保管できる
  • 屋外保管時のような雨水や紫外線による劣化の心配がない
  • キャンプ道具以外のものも保管できる

3-3.業者に物件の問い合わせをする

トランクルームを利用したいときは、最初に業者に連絡し、空き物件の問い合わせをすることから始めましょう。業者のホームページなどで理想の物件を見かけても、すでに契約済みとなっていることもあります。反対に、まだ掲載されていない物件でも、好条件のものを紹介されることもあるでしょう。問い合わせ後は、必要に応じて物件の内覧をし月額費用など各種利用条件を確認して、正式に依頼するか検討してください。

3-4.信頼できる業者を利用することが大切

トランクルームを利用するきは、運営元となる業者が信頼できることが重要です。思わぬトラブルに遭わないためにも、以下のポイントを参考に選ぶといいでしょう。

  • トランクルームの運営実績が豊富にある
  • 通いやすい立地でトランクルームを運営している
  • 都合に合わせて広さを選べる
  • 契約者が好きなタイミングで出入りしやすい
  • 料金システムがリーズナブルで分かりやすい
  • 空調管理・掃除が行き届いている
  • セキュリティーがしっかりしている
  • スタッフの対応がいい
  • 顧客からの評判がいい

4.キャンプ道具の収納に関するよくある質問

最後に、キャンプ道具の収納に関する質問に回答します。それぞれ確認しておきましょう。

Q.キャンプ道具を収納する前の注意点は?
A.汚れやサビなどをキレイに掃除しておくことです。汚れやサビを放置したまま収納すると、素材の劣化が進んでしまいます。また、雑菌やカビ・害虫が発生する原因にもなるので注意してください。次回使うときまで状態よく保存するためにも、忘れずに掃除しておきましょう。

Q.キャンプ道具がたくさんありすぎて収納できない場合は?
A.不要なキャンプ道具を処分して物量を減らしましょう。処分する基準は、以下を参考にしてください。

  • ひどい汚れや傷みがある
  • 同じようなものが複数ある
  • ほぼ使っていない・使う予定がない
  • 使いづらい

Q.キャンプ道具を処分するのにおすすめの方法は?
A.ごく少量の場合は、自治体回収でゴミとして出すといいでしょう。ゴミの区分や回収ルールは、自治体に確認してください。大量にある場合は、不用品回収業者に処分を依頼するといいでしょう。集荷場所に運ぶ手間がかからず、都合のいい日時・場所で回収してくれるので便利です。キャンプ道具以外の不用品の処分も依頼できるのもメリットでしょう。

Q.保存食もキャンプ道具と同じ場所に収納していい?
A.缶詰など、保存期間が長く保管条件が厳しくないものなら可能です。うっかり消費期限切れにならないよう収納前にリスト化しておき、消費期限近くになったら交換するといいでしょう。

Q.もしもトランクルームで盗難に遭ったらどうする?
A.まずは、運営元の業者に連絡してください。通路などに監視カメラが設置してあれば、犯人の姿が映っていることがあります。なお、加入時に損害賠償保険に加入している場合は、保険金が下りることもあるので確認してみましょう。

まとめ

今回は、キャンプ道具の収納について詳しく解説しました。キャンプ道具は、種類が多く、大きいものや重たいものもあるため、収納しづらいものです。まずは、不要なキャンプ道具を処分して、物量を減らすことをおすすめします。ラックや棚・透明な衣装ケースなどを活用し、使用目的ごとに分けて収納すれば、分かりやすいでしょう。なお、自宅に十分な収納場所を確保できない場合は、トランクルームを利用するのもひとつの方法です。月額利用料がかかりますが、キャンプ道具を状態よく保管でき、いつでも好きなときに出し入れできるなど、メリットがたくさんあります。