漫画を上手に保管する方法は? 劣化を防いでキレイに残すコツを伝授!

「増え過ぎた漫画を何とかしたいが、どんな保管方法があるのだろう」「大切な漫画の劣化を防いでキレイに保管するコツを知りたい」とお考えではありませんか? 気になる漫画を無計画に買い続けていると、いつの間にか部屋にあふれてしまうこともあるでしょう。大切な漫画をきちんと保管するには、保管場所の選び方や注意点を詳しく知ることが必要です。

そこで今回は、漫画の保管について詳しく解説します。

  1. 漫画が増えてきたらどうする?
  2. 漫画を保管するときの注意点
  3. 漫画はどこで保管すればいい?
  4. 漫画をトランクルームに預けるのもおすすめ
  5. 不要になった漫画はどうする?
  6. 漫画の保管に関するよくある質問

この記事を読むことで、漫画を上手に保管するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.漫画が増えてきたらどうする?

最初に、漫画が増えてきたらどうするとよいか見ていきましょう。

1-1.漫画を整理・分類しよう

漫画が増えてきたときは、整理・分類をすることがおすすめです。具体的には、以下をご覧ください。

1-1-1.手持ちの漫画をすべて床の上に出す

まずは、手持ちの漫画をすべて床の上に出してください。すると、想像以上に大量の漫画があることに驚くはずです。中には、購入したままほとんど読んでないものや、存在を忘れていたものもあるでしょう。

1-1-2.同じ作者ごと・シリーズごとに分ける

次に、同じ作者ごと・シリーズごとに漫画を分けてください。長い間整理せずにいると、作者やシリーズものがバラバラになっていることもあるでしょう。1回整理することで、どんなものがあるか把握しやすくなります。

1-1-3.捨てるものと残すものに仕分ける

漫画を整理したら、捨てるものと残すものに仕分けましょう。捨てるものの判断基準は、後述する1-2を参考にしてください。最後に、残すものだけを作者ごとシリーズごとに整理すれば、収納しやすくなることでしょう。

1-2.捨てるものと残すものの判断基準は?

漫画を捨てるものと残すものに仕分けるときは、以下の判断基準を参考にしてください。

  • 汚れや傷みがひどい:処分する
  • 興味がなくなった:処分する
  • 1年以上読んでいない:処分する
  • 電子書籍版で購入済みもしくは購入予定:処分する
  • 思い入れがある:残す
  • 読む機会が多い:残す
  • 新刊が発売されるたびに購入しているシリーズもの:残す

2.漫画を保管するときの注意点

漫画を保管するときの主な注意点を詳しく解説します。

2-1.直射日光を避ける

漫画を保管するときは、直射日光が当たらないことが原則です。直射日光に当たると、紫外線の影響で色あせたり黄ばんだりする原因になります。室内で本棚などに保管する場合では、直射日光が当たらないことを確認しておきましょう。本棚以外では、クローゼットや押し入れなども保管場所としてふさわしい場合があります。

2-2.除湿に気を付ける

除湿に気を付けることも大切です。湿気がこもってしまうと、漫画にシミができたりカビが繁殖しやすくなったりします。クローゼットや押し入れなどを利用するときは、すのこで底上げしたり少し余裕を持って収納したりするなど、通気性を確保することが大切です。併せて除湿剤を使用したり、定期的に中身を取り出して虫干ししたりするのもよいでしょう。

2-3.きちんと掃除する

漫画はホコリも大敵なので、保管場所をきちんと掃除することも大切です。ホコリは湿気を吸収するとカビや雑菌が繁殖しやすくなり、漫画を傷めてしまいます。また、害虫が繁殖して虫食いなどの被害が出ることもあるので気を付けましょう。漫画を保管する前にきちんとホコリを拭き取って収納し、定期的に掃除をしてホコリがたまらないようにしてください。

2-4.中身が分かるようにする

漫画を保管するときは、中身が分かるようにしておくことも大切です。漫画の背表紙を表側にしてタイトルが見えるようにすることを心がけましょう。押し入れやクローゼットなどに収納するときなどは、透明・半透明の収納ケースを利用すると中身が分かって便利です。また、併せてどこにどんな漫画があるか、リストにまとめておくのもよいでしょう。

2-5.地震対策を忘れない

漫画の保管では、地震対策も忘れてはいけません。大きな地震が起きたとき、高い所から漫画が崩れ落ちると、ケガをする原因になるからです。また、漫画が散乱して足場が悪くなるため、避難が遅れて二次災害に巻き込まれる可能性もあります。漫画の地震対策は、以下を参考にしてください。

  • 背の高い本棚を使わない
  • 本棚を壁に金具で固定したりすべり止めグッズを敷いたりする
  • 重たい本を下段・軽い本を上段に収納して安定性を高める
  • 寝る位置から離れた場所に収納する

3.漫画はどこで保管すればいい?

漫画の保管におすすめの場所をご紹介します。

3-1.本棚

漫画は、本棚に並べて保管するのが王道です。漫画専用の本棚を用意すれば、整理整頓しながら見やすく収納することも簡単にできます。本棚を選ぶときは、以下を参考にしてください。

  • 収納量が十分にあるか
  • 安定性が確保されているか
  • 棚の高さを調整できるなど便利な機能があるか
  • インテリアとマッチするか

3-2.クローゼットや押し入れ

漫画の保管場所として、クローゼットや押し入れもおすすめです。クローゼットや押し入れなら、大量にあったりコレクションものが多かったりする場合でも対応できます。キャスター付きの収納ケースやカラーボックスを利用すると、奥行きのある空間もうまく使うことができ、取り出しやすさも確保できておすすめです。

3-3.ベッド下

漫画の保管場所には、ベッド下もおすすめです。ベッド下に引き出し式の収納道具を取り入れることで、大容量の収納スペースに生まれ変わります。特に、ベッドで寝ころびながら漫画を読むことが多い人におすすめです。また、漫画が落下する心配がないことから、安全性が高い収納場所といえます。

3-4.階段下

階段下にデッドスペースがある場合は、漫画の収納場所として活用できます。カラーボックスや衣装ケースを利用すれば、大量の漫画をスッキリ収納できて便利です。収納後の見た目が気になるときは、カーテンで目隠しするのもよいでしょう。もしくは、カーテンの手前側に専用の収納ラックを使用し、お気に入りの漫画を見せて収納するのもおすすめです。

4.漫画をトランクルームに預けるのもおすすめ

漫画の保管場所に困ったらトランクルームに預けるのもおすすめです。

4-1.漫画をトランクルームに預けるメリットは?

漫画をトランクルームに預けると、以下のようなメリットがあります。

  • 自宅の収納場所を圧迫しない
  • 漫画が大量にあっても対応できる
  • 漫画以外のものも保管できる
  • 清掃と空調管理が行き届いている

4-2.トランクルームの契約方法や流れ

トランクルームの契約方法や流れは、以下を参考にしてください。

  1. 希望条件に合う物件をネットなどで探す
  2. よい物件があったらトランクルーム業者に問い合わせる
  3. 必要に応じて現場見学をする
  4. 業者から契約条件などの説明を受ける
  5. 契約書類などを提出して審査を受ける
  6. 審査が通過したら初期費用を支払い、カギを受け取って利用開始

4-3.信頼できるトランクルーム業者の探し方

大切な漫画を預ける場合は、以下の条件を満たしたトランクルーム業者と契約しましょう。

  • トランクルームの運営実績が豊富
  • 使いやすい広さの物件が多数ある
  • 利用しやすい立地にある
  • 希望に応じて現地見学が可能
  • リーズナブルで明確な料金システム
  • 契約中は自由に出入りできる
  • セキュリティーがしっかりしている
  • スタッフの感じがよく顧客からの評判もよい

5.不要になった漫画はどうする?

不要になった漫画の処分方法を、メリット・デメリットと共に詳しくご紹介しましょう。

5-1.自治体回収に可燃ゴミとして出す

不要になった漫画は、可燃ゴミとして自治体回収に出すことができます。自治体ごとに決まった曜日・時間・集荷場所に出してください。

メリット

  • 無料で処分できる

デメリット

  • 集荷場所まで運ぶ必要がある
  • 集荷日時・場所が決まっている
  • 回収後は焼却処分となり資源が無駄になる

5-2.古紙回収に出す

不要になった漫画は、古紙回収に出して処分できます。古紙回収は、以下のような方法で利用可能です。

  • 商業施設などに設置された古紙回収ステーションに投入する
  • 新聞店などの古紙回収サービスを利用する
  • 地域の古紙回収イベントに持参する

メリット

  • 回収後は再販もしくは再生資源化されて有効活用してもらえる
  • 古紙回収ステーションは24時間好きなタイミングで利用できる
  • 無料で処分できる

デメリット

  • 集荷場所まで運ぶ必要がある
  • 数冊ごとに紙ひもで縛るなど回収ルールが決まっていることがある
  • 新聞店などの古紙回収サービスは新聞購読者だけが利用できることが多い
  • 地域の古紙回収イベントは実施回数が少ない

5-3.友人や施設に譲る

友人や施設に漫画を譲ることも考えてみましょう。不要になった漫画のリストを作り、欲しいものがないか聞いてみてください。

メリット

  • 譲り先で喜んでもらえる
  • ものを大切にできる

デメリット

  • 必ずしも譲り先が見つかるとは限らない
  • 配送費用などは自己負担になることがある
  • 配送手段の確保や手配も自分で行うことが多い

5-4.不用品回収業者に処分してもらう

不用品回収業者に依頼して漫画を処分してもらうことが可能です。不用品回収業者では、以下のような方法で漫画を回収してもらえます。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:場所と日時を指定して業者に回収してもらう

メリット

  • 宅配回収や出張回収は集荷場所に運ぶ必要がない
  • 出張回収は都合のよい日時と場所を指定できる
  • 漫画以外の不用品も同時に処分してもらえる
  • 業者によっては買取も相談に応じてくれる

デメリット

  • 少量の漫画だけでは回収費用が高く付くことがある

5-5.中古漫画買取業者に売る

不要になった漫画でも、状態のよいものやマニア人気が高いものは、中古漫画買取業者に売ることもできます。買取を希望するときは、業者の店頭に持ち込む、宅配便で送付するなどの方法で査定を依頼しましょう。

メリット

  • 豊富な知識に基づく査定が期待できる
  • 買取可能な漫画の種類が多い
  • 店頭持ち込みの場合は査定~代金受け取りまでその場で完了する

デメリット

  • 買取不可の場合は引き取り処分も依頼できないことが多い
  • 専門知識が豊富なことで査定基準が厳しいことがある

5-6.ネットオークションやフリマアプリで売る

不要になった漫画は、ネットオークションやフリマアプリに出品して売ることも可能です。特に人気の高いシリーズやマニア人気が根強いものは、すぐに落札されやすいでしょう。ただし、独特の流れやルールがあるので、普段から出品し慣れている人におすすめです。

メリット

  • 売りたい価格を設定できる
  • 1冊ずつでもまとめてでも出品可能
  • ネットオークションは思わぬ高値落札もある
  • 買取専門店などで買取不可になった漫画も出品可能

デメリット

  • タイミングによってはなかなか落札されないことがある
  • クレームや支払い遅延などのトラブルも多い
  • 出品後はこまめなチェックややり取りが必要になる
  • こん包や発送が面倒
  • 出品から発送完了まで数日以上かかる

6.漫画の保管に関するよくある質問

最後に、漫画の保管に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.漫画を平積みで保管してはいけない理由は?
A.漫画が重みでつぶされ、湾曲したり折れたりしやすくなるからです。また、振動などで崩れやすく、安全を確保できない点でもいけません。

Q.部屋が漫画であふれないようにするコツは?
A.以下を参考にしてください。

  • 購入前に本当に読みたいか考えてみる
  • 電子書籍版で購入する
  • 定期的に手持ちの漫画をチェックして不要なものを処分する

Q.屋外の物置に漫画を保管してもよい?
A.おすすめしません。屋外の物置は高温多湿になりやすく、保管中に漫画が傷んでしまう可能性が高いからです。

Q.古くて黄ばみがある漫画は買取してもらえない?
A.一概にはいえません。古くて黄ばみがある漫画でも、希少なものやマニアから人気が高いものは買取してもらえる可能性があります。

Q.トランクルームに漫画を保管するときのポイントは?
A.トランクルームに漫画を預ける場合でも、必要なときにすぐ取り出せるよう整理して保管することをおすすめします。さらに、ラックや収納ケースを活用すれば、出し入れもしやすくて便利です。

まとめ

今回は、漫画の保管について詳しく解説しました。漫画は、いつの間にか数が増えて部屋にあふれてしまいがちです。漫画が増えてきたら、1回どんなものがどれだけあるか確認し、不要なものを処分することをおすすめします。必要な漫画だけにすれば、収納がグンと楽になり保管場所を圧迫せずに済むでしょう。なお、自宅に収納場所を確保できない、大切な漫画を状態よく保管したいといった場合は、トランクルームの利用も検討してみてください。