悪徳リフォーム業者を見分ける方法とは? 3つのチェックポイント

あなたは今自宅のリフォームを検討中ですか?
自宅のリフォームをするなら、当然、信頼の置ける業者に依頼したいですよね。 
しかし残念ながら、人の不安をあおり、それに漬け込む悪徳リフォーム業者があるのです。
間違って悪徳リフォーム業者に施工を依頼すると、高額の料金を取られるだけで、その仕上がりはリフォーム前よりも悪くなってしまうことでしょう。 
安心して自宅のリフォームを依頼したいなら、悪徳リフォーム業者を見分ける知識を持っている必要があります。
そこで今回は、悪徳リフォーム業者を見分けるチェックポイントを3つご紹介致します。

ポイントその1:あなたの不安をあおるか?

「あなたの家の屋根には亀裂があります」「耐震基準を満たしていませんよ」などと言われると、嘘か本当か分らなくても不安になりますよね。
そこに漬け込むのが悪徳リフォーム業者なのです。
具体的とも思える専門的な用語を並べて、あなたを目一杯不安にさせた後、リフォームの契約を迫ってきます。
こんな業者が訪ねてきたら、決して関わってはいけません。
自宅に関して不安を感じたなら、複数の業者に見積もりを取って貰いましょう。
そうすれば、本当にリフォームが必要か判断することができます。

ポイントその2:見積もり後に契約を迫るか?

「見積もりを出してもらったら契約しなければならない」と思っていませんか?
決してそのようなことはありません。
見積もりと契約は別問題です。 
ですから、見積もり後に契約を迫る業者は悪徳リフォーム業者の可能性があります。
「見積もりを取ったんだから」とか「今契約しないとこの額ではできません」などと言ってあなたを丸めこもうとする業者とは契約しないようにしましょう。

ポイントその3:ネットでの評判や地元での評判が良いか?

リフォームを依頼する場合、依頼する業者の評判を知らなければ安心して依頼することはできませんよね。 
悪徳リフォーム業者は一見評判の良い業者に見えることがあるので要注意です。
リフォームを依頼する前に、その業者のホームページが存在しているか、どんな評価がされているか、ということをしっかり調べましょう。 
さらに、その業者があなたの地元でどのような評判を得ているのか、ということも忘れてはいけないチェックポイントです。
その業者が「あなたの地元で施工実績がある」と言うなら、実際にその業者の建てた建物を見に行くと良いでしょう。

いかがでしたか?
今回ご紹介した3つのチェックポイントを意識しておけば、悪徳リフォーム業者と契約してしまうことはありません。

  • ポイントその1:あなたの不安をあおるか?
  • ポイントその2:見積もり後に契約を迫るか?
  • ポイントその3:ネットでの評判や地元での評判が良いか?

リフォーム業者と契約する時にはこれら3つのチェックポイントを意識して誠実な業者を見つけ、契約してください。