エンディングノートの書き方が知りたい! 必要なポイントと注意点

エンディングノートは、自分がいついなくなってもいいように大切なことを書きとめておくものです。人生の終末期や死後に、家族がスムーズに遺品整理するためにも重要なものになるでしょう。本記事では、エンディングノートの必要性と書き方・ポイントを解説します。

  1. エンディングノートはなぜ必要か?
  2. エンディングノートの書き方を紹介!
  3. エンディングノートを書くときのポイント
  4. エンディングノートの書き方に関してよくある質問

この記事を読むことで、エンディングノートの書き方とポイントが分かります。気になっている方は、ぜひチェックしてください。

1.エンディングノートはなぜ必要か?

なぜエンディングノートが注目され始めるようになったのでしょうか。ここでは、エンディングノートの重要性と押さえておきたい基本的なポイントを解説します。

1-1.エンディングノートは家族のために書くもの

エンディング(結末)という名前のとおり、エンディングノートは自分の終末期や死後に備えて必要なことを書き記したノートのことです。自分にもしものことがあったときに備え、もろもろの情報や自分の希望を記しておきます。生前の意思をエンディングノートで伝えることで、家族に安心感を与えられることなのです。また、延命措置・臓器提供・死後の手続きなど、自分の意思を伝えることもできます。誕生日・お正月・親の命日などを機会に、エンディングノートを書いてみてください。

1-2.専用のノートを使うのがおすすめ

基本的に、エンディングノートは書き記すことができるものであれば何でも構いません。普通のノートでも必要な項目を記載すればOKですが、今はエンディングノートもたくさんの種類が発売されています。専用ノートは、項目が整理されているため、書き進めやすいのが特徴です。ただし、項目・分量などに違いがあるので、自分に合ったものを選択しましょう。また、明確な意思を持っているのであれば、ボールペンなど消せないもので書き込んでOKです。まだ自分の意思や伝えたいことがハッキリしていない場合は、消しやすい鉛筆やシャープペンシルで書き、後で書き直すのもいいでしょう。

1-3.エンディングノートの内容は過去・現在・未来の3つ

エンディングノートを作成する場合、たくさんの項目を書かなければならないので面倒に感じる方が多いでしょう。そこで、押さえておきたいポイントが、過去・現在・未来の3つに大きく分けて書くことです。過去は自分がどんな人生を歩んできたのかを自分の言葉で記しましょう。現在は契約関連のこと、未来はこれからの希望などです。また、自分がいなくなったときのために、「このようにしてほしい」という願望も未来の項目に書き込みます。また、項目ごとに書いた日付を一緒に記載しておくと、時間の経過とともに自分の気持ちがどのように変化したのか分かりやすくなるのでおすすめです。

2.エンディングノートの書き方を紹介!

それでは、エンディングノートの詳しい書き方を紹介していきます。

2-1.マイナンバーや健康保険証など自分のこと

まずは、本籍地・運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票コード・マイナンバーなど、自分のことを書き込みましょう。氏名で略字を使う方がいますが、正字で書くことが大切です。また、これらの大事な書類が保管されている場所も記載してください。そうすれば、家族が手続きの際に探し出す手間を省けることができます。

2-2.年金・貯金など資産のこと

自分のことを記した後は、預貯金・年金・資産・ローン・クレジットカード・保険など資産に関わることを書き込んでください。それぞれ書き込んでおきたい内容は以下の通りです。

  • 預貯金:銀行名・口座番号・公共料金・自動引き落としの情報など
  • 年金:基礎年金番号・年金の種類・企業年金など
  • 資産:有価証券・不動産・骨とう品・貸しているお金など
  • 借入金・ローン:借入先や返済方法・担保の有無など
  • クレジットカード:カード名称・ホームページ用ID・電子マネーなど
  • 保険:加入している保険会社名・種類・商品名

2-3.自分のまわりに関すること

携帯電話やスマートフォンなど契約終了時の際に必要な連絡先や、パソコンのプロパイダ名・メールアドレス、ホームページのIDと、身のまわりのことも大切な情報です。特に、インターネットのサービスに関しては、アカウントを残すか退会するか、投稿してほしいメッセージなども伝わるようにノートへ記してください。

2-4.生前に伝えておきたい医療・介護のこと

元気なうちに家族へ伝えておきたいのが、医療と介護に関することです。万が一、事故に遭ったり急に倒れたりして、意思疎通ができない状態になると、自分の意思を伝えることができません。医療と介護に関することは、主に以下のような内容があります。

<医療>

  • かかりつけの病院名と電話番号
  • 常用している薬
  • 持病やアレルギーに関すること
  • 回復が見込めない場合の延命措置について
  • 病名の告知や治療方針
  • 臓器提供・献体登録の有無

<介護>

  • 認知症になったらどうしてほしいか
  • 介護をする人に伝えてほしいこと
  • 希望する介護施設や内容
  • 介護内容の方針を決める人
  • 介護にかかる費用など

2-5.重要な葬儀・納骨のこと

エンディングノートに必ず記載してほしいのが、葬儀と納骨に関することです。自分が亡くなったときに、どのような方法で送ってほしいのか、できるだけ具体的な要望を記載しましょう。希望する葬儀と納骨の内容以外にも、以下の項目に注目してください。

  • 菩提寺の名前・連絡先・宗派
  • 喪主になってほしい人
  • 葬儀に呼んでほしい人
  • 遺影に使ってほしい写真
  • お墓の所在地・連絡先
  • 墓地の使用権者
  • お墓を継承してほしい人

2-6.残された家族・親族のことも忘れずに

エンディングノートは、残された家族を困らせないための目的もあります。そのため、家族や親族、友人・知人のことについても記載しておきましょう。主に記載しておきたい内容は以下の通りです。

  • 現在の家族や自身の親、兄弟の続柄・連絡先
  • 同居していない家族や養子の有無
  • 相続の際に使用する親族表
  • 友人や職場の同僚の連絡先
  • 自分の葬儀に参列してほしい人

2-7.親族トラブルを防ぐ遺言のこと

相続の際によくあるのが親族トラブルで、これを防止するのがエンディングノートに記載する「遺言のこと」です。遺言書を作成しているか、保管場所や種類、作成時に相談した専門家の連絡先などを記載しておきましょう。また、相続に関しては、誰に何を相続させるかの希望を記しておきます。ただし、エンディングノートは、法的拘束力を持たないことを理解しておかなければなりません。

3.エンディングノートを書くときのポイント

エンディングノートを書くときのポイントを押さえておけば、スムーズに必要な内容だけ記載できるようになります。書き始める前にぜひチェックしてくださいね。

3-1.何度も書き直しができる

エンディングノートは自由に書き直しができます。書き上げてからゆっくり見直してみると、自分の意思とは違う内容になっているかもしれません。また、時間が経過すれば制度や家族に伝えたい内容も変わる可能性があります。エンディングノートの内容が気になったときはもちろんのこと、誕生日などのタイミングで年に1度は見直してください。

3-2.空欄があってもOK

エンディングノートはすべての項目を埋めなければならないという決まりはありません。無理に書かなければならないわけではないので、空欄があっても大丈夫です。どこから書き始めたらいいのか分からない方は、書きやすい項目から始めましょう。取りかかりやすいページから始めることで、スムーズにエンディンノートが作れます。完成することが目的ではないため、必要だと思ったときに記載していきましょう。

3-3.遺言状のように法的拘束力はない

遺言状は法的拘束力があるものですが、前述したように、エンディングノートには強制力はありません。あくまでも自分の希望や願望・事実を書き残すものがエンディングノートなのです。遺言状とエンディングノートの違いをしっかりと把握しておきましょう。もし、遺産・遺品などで相続させたい特定の人物がいるなら、エンディングノートではなく遺言状で自分の意思を伝えてください。ただし、遺言状も法律で認められる形式でなければ有効とはならないため、専門家と相談しながら作成したほうがいいでしょう。

3-4.盗難の可能性を考える

作成したエンディングノートには、個人情報だけでなく家族の詳細も記載しています。もし盗難に遭ってしまうと、書かれている内容すべてが流出し悪用されてしまうので大変です。そのため、エンディングノートの保管場所・取り扱いには十分に気をつけてください。盗難の可能性を考えて、保管場所を家族に知らせておきましょう。また、第三者の目に触れないところへ保管することも大切です。

3-5.家族との話し合いも大切

自分の希望を書き込むエンディングノートですが、内容によっては家族との話し合いが必要となります。たとえば、葬儀・相続などに関することです。葬儀と相続は家族が深く関わる内容なので、事前に話し合わなければトラブルの原因になってしまうでしょう。きちんと家族と話し合い、お互いに納得した上で決めることが大切です。事前に話し合えば、遺族の負担も省けます。

4.エンディングノートの書き方に関してよくある質問

エンディングノートの書き方に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.エンディングノートの作成を専門家に依頼できるのか?
A.エンディングノートの作成を専門家に依頼するのは可能です。しかし、前述したように、エンディンノートに法的拘束力はないので作成そのものを専門家に依頼する実益は低いといえるでしょう。専門家に作成を依頼するのではなく、専門家が行っている書き方講座などに参加し、自分で作成することをおすすめします。そして、相続・介護など法的効力をもたせたい事柄があれば、専門家に公正証書の作成を依頼してください。

Q.エンディングノートに記載してはいけない内容は?
A.盗難の危険性があるので、キャッシュカードや銀行口座の暗証番号は書き込まないようにしてください。また、印鑑・保険の証書の保管場所などすべてを書いてしまうと、盗難に遭った際に情報が流出し悪用されてしまいます。リスクが高い内容は詳しく記さず、遺言状のほうに記しましょう。

Q.おすすめのエンディングノートは?
A.コクヨのエンディングノートがおすすめです。コクヨのノートは、終活カウンセラーの中でも評判がよく、書きやすさが抜群といえるでしょう。無料ダウンロードできるタイプでおすすめしたいのが、自分史簡単作成「百人百想・エンディングノート」です。全55ページで、手書きはもちろんのこと、キーボードも入力できます。写真を貼りつけられる場所もあるので、家族の思い出や自分の人生を振り返りながら楽しく作成できるでしょう。

Q.ペットに関する記述は必要か?
A.はい。ペットを飼っている方は、自分の代わりにペットを飼ってくれる人を見つけなければなりません。家族が引き取ってくれない場合は、誰に引き取ってもらうか決めておきましょう。また、ペットを引き取る人が困らないよう、健康状態・性格・好みのエサなど詳しい情報も記載してください。さらに、引き取ってくれる人に渡してほしい飼育資金の金額や資金源も具体的に記載しておいたほうがいいでしょう。

Q.エンディングノートの相談先は?
A.自治体の中には、エンディングノートの作成に関する無料セミナーを行っているところがあります。セミナーに参加して、作成のポイントを聞いたり、疑問に思っていることを尋ねたりしてください。また、生前整理や不用品回収を行っている業者の中には、終活の相談を受けつけているところもあります。エンディングノートは終活の1つなので、気軽に相談してみるといいでしょう。

まとめ

エンディングノートは、自分がいなくなったときのために、家族へメッセージを届ける大切なものです。生前に伝えておきたいことをまとめておけば、残された家族は安心してもろもろの手続きを済ませることができます。また、普段、家族へ伝えられないメッセージもエンディングノートを通して伝えることができるでしょう。記載すべき内容とポイントをチェックし、自分だけのエンディングノートを作ってくださいね。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!