外構デザインの重要性とは? プランニングの方法と共にご紹介します。

エクステリアとも呼ばれる「外構」は、家の印象や見た目をよくするためのものだけではありません。
エクステリアのデザインが良ければ、暮らしやすい家になるだけでなく防犯性も高まるでしょう。
そこで今回は、外構の果たす役割や、エクステリアのプランニングについてご紹介します。
エクステリアの施工を請け負ってくれる業者は、門扉や塀だけでなく庭やカーポートについても相談に乗ってくれるのですよ。
家を建てるのでエクステリア全般のデザインについて知りたいという方は、この記事を読んで参考にしてみてください。

1.外構の果たす役割とは?

この項では、外構の重要性をご紹介します。外構のデザイン次第で、同じ家でも使い勝手が良くも悪くもなるのです。

1-1.外構とは?

外構とは、家の外側に設置するもの全般を指します。
門や塀、カーポートや庭は全部外構扱いになるのです。
家の内部の装飾を意味するインテリアに対して、エクステリアという言葉を使う場合もあります。
外構が格好いいとオシャレな家に見えるので、こだわる方も多いでしょう。
しかし、外構の役目はそれだけではありません。
門扉や塀は防犯やプライバシー保護の役割もはたします。
また、庭は家族の団らんの場になったり、ストレス解消の役割も期待できるでしょう。
外構のデザインが格好良くても住む人にとって使いにくければ、住みにくい家になってしまいます。
逆に、デザインが飛びぬけて格好良くなくても、使いやすければ住みやすい家になるでしょう。

1-2.外構にはどんな種類があるの?

外構には大きく分けて3つの種類があります。

・オープン外構

門や塀がなく、道からすぐに敷地内に入れるデザインです。
住宅密集地などで多く見られます。
庭がある場合は、道との境目に背に低い樹木を植えて境界線とする場合もあるでしょう。

・クローズ外構

門や門扉を作り、敷地を囲む構造の外構です。
プライバシーが保て、外部から人が侵入しにくい造りになっています。
郊外にある敷地の広い家に多く見られるデザインです。

・セミクローズ外構

オープン外構とクローズ外構の中間のような外構です。
門扉や塀は作りますが、カーポートなど設備の一部はオープンな造りになります。
プライバシーを保ちつつ、開放的な家に住みたい方におすすめの外構です。

1-3.庭も外構の一部

庭のデザインも外構の一部です。
以前は造園会社や庭師など、専門の業者に頼むことが多かったですが、最近はエクステリア施工の会社が一括で請け負うケースが増えています。
ですから、ウッドデッキやサンルームなど庭で快適に過ごす工夫も提案してもらうこともできるでしょう。
また、最近は家を建てた記念樹を植えるご家庭もありますが、それについても相談に乗ってもらえます。

2.外構のデザインで失敗しないコツとは?

では、外構のデザインを決める際に失敗しないコツはあるのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。

2-1.周りの家にある程度合わせる

住宅密集地に家を建てる場合は、ある程度周りの外構と合わせたほうが良いでしょう。
全く同じにする必要はありませんが、周囲がクローズ外構ばかりの中で1軒だけオープン外構にすると、悪い意味で目立ちます。
また、あまりに奇抜すぎるデザインの外構は近所から苦情がくることもあるのです。
さらに、樹木を植える場合も注意しなくてはなりません。
落葉樹や果実のなる木は人気がありますが、落ち葉や熟しすぎた実が近所の敷地内に散らばれば、ご近所トラブルに発展する可能性もあります。

2-2.デザインだけを優先しない

外構は家のプライバシーを守る役割もあります。
ですから、窓につける目隠しなども外構の一部と言えるでしょう。
格好のいい家にしたい、と外構のデザインにこだわる人は多いです。
しかし、デザインにこだわりすぎると隠したいところが丸見えになったり、逆に閉鎖的過ぎて圧迫感を覚えるケースもあります。
使い心地も考えて、デザインを決めることが大切です。

2-3.気候風土や家族の10年後を考える

日本は南北に長い土地ですから、気候風土が地域によってかなり異なります。
外構で使われる素材の中には、雨や雪が多い土地には不向きという物もあるでしょう。
また、南国や北国ではデザインの向き不向きにちがいがあります。
それらをすべて考慮に入れて、デザインを決めましょう。
さらに、家は一度建てたら20年~30年は住みます。
ですから家族の「今」だけでなく、10年後も考えることが大切です。
たとえば、子供がいる場合は10年後は今よりも広い駐輪場が必要かもしれません。
また、10年後に70歳以上になる人が家族にいる場合は、バリアフリー設計にした方が使いやすいです。
今が一番使いやすいデザインにしてしまうと、すぐにリフォームが必要になるかもしれません。

3.業者に設計や施工を依頼する際の注意点とは?

では最後に、業者に設計や施工を依頼する際の注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

3-1.最初から完璧なデザインを提示しない

業者にとって依頼主はお客様です。
ですから、お客様が「こうしてほしい」と依頼したものは、基本的に断れません。
たとえ「このデザインはちょっと」と思っても、口に出さないでしょう。
ですから、最初から施主が「必ずこのデザインで」と指定するより、「こういう外構にしたいのだけれど、どうしたらよいか?」と相談の形で希望を言ったほうがうまくいきやすいです。
業者のほうも、「こういう外構にしたいのなら、このようなデザインはどうですか」と提示しやすいでしょう。

3-2.打ち合わせは小まめにする

外構工事は、基本的に家ができあがってからスタートします。
ですから、家のできあがり具合によっては工事の開始がおくれる場合もあるでしょう。
また、外構工事をしている最中にも何かと注文が出てくるかもしれません。
ですから、打ち合わせはできるだけこまめにしましょう。
顔を合わせての打ち合わせが困難ならば、電話やメールでも構いません。
ただし、後で「言った、言わない問題」がおこらないように、打ち合わせの内容をノートなどに日付とともにメモしておくとよいですね。

3-3.依頼主が希望する外構デザインが得意な業者に依頼する

外構工事の種類はたくさんあります。ですから、施工業者によって得意不得意があるのです。
依頼主が「こんなデザインにしたい」と希望がある場合は、その工事が得意な業者を選ぶとよいでしょう。
外構工事業者は自分で依頼するケースと、ハウスメーカーが業者を斡旋するケースがあります。
ハウスメーカーが斡旋する業者に依頼したほうが手間はかかりませんが、依頼主が希望するデザインや施工方法が不得意な業者の場合もあるでしょう。
その場合は自分で業者を探して依頼したほうが、満足いく外構ができる可能性が高いです。

4.おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は外構が果たす役割や、エクステリアのプランニングについてご紹介しました。
まとめると

  • 外構は家の印象だけでなく、住みやすさも左右する
  • 気候風土や家族の10年後を見据えてデザインを考えるとよい
  • 業者と何度も打ち合わせをして、外構のデザインを決めるとよい

ということです。外構のデザインによって、家は大きく印象が変わります。
また、家族それぞれがエクステリアに夢を抱いているケースもあるでしょう。
外構は家を建ててから工事が始まりますので、家を建てている最中も構想が可能です。
いろいろな施工例を見て、業者と話し合いを重ねるとよいでしょう。
また、ご近所の様子もよく見て、周りとある程度合わせることも大切です。