外壁・断熱リフォームをする前に知るべきこと~断熱効果を高めるポイント~

あなたの家は夏に暑く、冬に寒くなっていませんか?
快適な家ほど、季節による温度差を感じないものです。
夏に暑く、冬に寒い家は生活しにくくなるでしょう。
しかし、生活しにくい家でも外壁断熱などの“断熱リフォーム”をすれば快適な家に生まれ変わります。
そこで、寒くて暑い家の特徴や断熱リフォームによる快適性の向上、断熱リフォームの内容と相場について説明しましょう。

1.寒くて暑い家の特徴

快適な家にするための“断熱リフォーム”の成功ポイントは、自分の家を知ることにあります。
生活しづらいと感じる寒くて暑い家の特徴を把握しておきましょう。

1‐1.屋外の熱が家の中に侵入する

寒くて暑い家の特徴は、季節によって室内温度が変わる点です。
たとえば、夏は非常に暑くなりますよね。
夏になると屋外の熱が家の中に侵入するでしょう。熱の侵入を防げないのが“寒くて暑い家の特徴”です。屋外の熱を次々と吸収してしまいます。
せっかくクーラーで部屋の中を涼しくしたとしても、すぐに屋外の熱で暑くなるのです。
一向に部屋が涼しくならず、エネルギー消費量も増えてしまいます。
エネルギー消費量が増えるほどお金もかかるものです。光熱費が高くなるデメリットもあるので注意しなければなりません。
寒くて暑い家はさまざまな面でデメリットを起こしています。

1‐2.室内の暖かさがそとに逃げる

屋外の熱を吸収する点が寒くて暑い家の特徴ではありません。
寒くて暑い家は冷たい時期・冬にも悪影響をおよぼします。
冬の時期はできるだけ家の中を温めたいですよね。
ストーブやエアコンなど暖房器具を利用するでしょう。
しかし、寒くて暑い家は暖房器具の効果がまったくありません。部屋の中を温かくしても断熱効果がないため、すぐそとに逃げていってしまいます。
つまり、室内の暖かさがすぐ逃げて部屋の中が寒くなるのです。
いくら暖房器具を稼働しても効果はないでしょう。
夏と同じく、余計にエネルギー消費量を無駄にするだけです。

1‐3.部屋によって温度差が激しい

寒くて暑い家の特徴は、「部屋によって温度差が激しい」点もあります。
家族が集まるリビングを温かくしていても、廊下や自分の部屋が寒い状態です。
部屋によって温度差が激しい家は、断熱性が低い証拠になります。
基本的に冷たい空気は下にたまり、暖かい空気は上にたまるでしょう。
よって、夏場は2階が1階よりも暑くなります。
逆に、冬場は1階が寒くなるでしょう。
断熱性が非常に低い家は、およそ20℃も温度差ができると言われています。あまりにも温度差が激しくなると、体にも負担がかかるので注意してください。
実際、お風呂場と脱衣所の温度差によって、心筋梗塞や脳梗塞を起こす事故も起きています。
ヒートショックと呼ばれている症状なので、体が弱い高齢者は要注意です。
健康的に生活するためにも、温度差をなくしていかなければなりません。

2.断熱リフォームによる快適性の向上

2‐1.安心して生活できる

「断熱リフォームをしたら何が変わるの?」と疑問に思っている人は多いでしょう。
断熱リフォームのメリットは思っている以上にとても大きいものです。
特に大きなメリットは、「安心して生活できる」ことになります。
断熱効果のない家では夏に暑く、冬に寒くなるものです。
エアコンや暖房器具を利用してもなかなか快適な空間にはなりません。
しかし、断熱リフォームをすれば夏は涼しく、冬は暖かい環境に生まれ変わります。
温度差によるヒートショック現象も起きず、安心して生活できるのです。
何より、高齢者や小さい子どもがいる家庭では安全が1番になります。
一生を過ごす家だからこそ、安心して生活できる環境にしなければなりません。

2‐2.経済面や環境にも良い影響をもたらす

断熱リフォームによる快適性の向上は、「安全」だけではありません。
「経済面」や「環境」にも良い影響をもたらしてくれます。
夏に暑く、冬に寒い家は暖房器具やエアコンが一切効きません。
快適な空間にしようとエネルギー消費量が増えてしまえば、光熱費が高くついてしまいます。
しかし、断熱リフォームでしっかり断熱をすれば、無駄な光熱費が節約できるのです。暖房器具を利用しなくても快適な空間にできます。
節約効果が生まれ、CO2を増やすこともありません。
よって、エコにもつながるでしょう。また、断熱性の高い家は結露の発生を未然に防ぎます。
結露の発生はダニ・ノミの大量発生にもつながるので要注意です。
アレルギー性鼻炎で悩んでいる人にとっては生活しやすい空間になるでしょう。
ほかにも、防音効果が期待できるなどさまざまなメリットが生まれます。

3.断熱リフォームの内容と相場

3‐1.外壁や天井などの断熱材導入

断熱リフォームの内容は住宅によってさまざまです。
住宅の構成や作りによって最適な内容を業者が提案してくれます。
安心して依頼するためにも、信用できる業者に依頼しましょう。
肝心な断熱リフォームの内容ですが、主に「外壁」や「天井」などに断熱材を導入する方法です。
外壁に断熱効果のある塗料を塗る、保温板を用いるなどして断熱効果を高めます。
天井にも外壁と内壁の間に断熱材を導入して効果を高めるでしょう。
また、断熱材導入のほかにも“パッシブハウス”と言うものがあります。
パッシブハウスは「高気密高断熱住宅」のことです。
少ない冷暖房で断熱効果が発揮できる注目度が急上昇しています。

3‐2.断熱リフォームにかかる費用は幅広い

断熱リフォームを検討する際、問題になるのが「費用」です。
できるだけ安い費用でリフォームしたいでしょう。
実際、断熱リフォームにかかる費用は家庭によってさまざまです。
リフォームをする範囲や場所、施工方法、または業者によって異なります。
たとえば、天井に断熱材を導入するだけであれば、およそ15万円~40万円でリフォームできるでしょう。
天井+外壁の張り替えとなれば、100万円以上かかる可能性が高いです。
しかし、断熱リフォームを費用だけで決めてしまっては十分な断熱ができません。
断熱効果を十分に高めると同時に、費用をできるだけ抑えるためには「優良業者」を選ぶ必要があります。
優良業者を見極めるためにも「見積書」や「サービス内容」をしっかり確認してください。
また、業者の対応、アフターサービス、実績も重要なポイントになります。
最低でも3~4社の業者を比較して安心して依頼できる業者を選びましょう。

4.まとめ

寒くて暑い家の特徴や断熱リフォームによる快適性の向上、内容と相場について説明しました。いかがでしたでしょうか。
断熱リフォームを検討中の人は、まず、今の家で何が問題になっているのか具体的に考えてください。
そして、リフォームするべきところをピックアップしていきましょう。
業者とのやり取りはもちろん、家族での話し合いも大切になります。

  • 屋外の熱が家の中に侵入する
  • 室内の暖かい空気がそとに逃げる
  • 部屋によって温度差が激しい
  • 安心して生活できる
  • 経済面や環境にも良い影響をもたらす
  • 外壁や天井などに断熱材を導入する
  • 断熱リフォームにかかる費用は幅広い

以上のポイントを踏まえて断熱リフォームをすすめていきましょう。
何か問題が起きたとき、不備な点があったときはすぐ業者に問い合わせてください。
施工後も安心できるよう“アフターサービス”が充実している業者に依頼すると良いですよ。