ジャンク品は買取に出せる? 故障したスマホPCなどを捨てない処分方法

パソコンやスマホなど、壊れてしまって使えなくなったものは、捨てるのが当たり前と考える方が多いでしょう。しかし、それらの壊れたものにジャンク品としての価値があれば、買取に出してリサイクルすることができます。そこで今回は、買取に出せるジャンク品の特徴や、買取査定方法などをご紹介しましょう。

  1. ジャンク品の買取について
  2. 買取してもらえるジャンク品とは
  3. ジャンク品の買取方法
  4. ジャンク品の買取についてよくある質問
  5. まとめ

ジャンク品の買取について知りたい方や、ジャンク品を処分したいと思っている方は、ぜひ一度この記事を読んでみてください。捨てるしかないと思っていたジャンク品が思わぬ収入になるかもしれません。

1.ジャンク品の買取について

この章では、ジャンク品の買取についてご説明します。

1-1.ジャンク品とは

ジャンク品とは故障品のことで、完全に壊れてしまって製品本来の使い方はできないものことを示します。ジャンクとは、直訳すると「ガラクタ」という意味です。

1-2.ジャンク品を買取する理由とは

普通は、ジャンク品は買取できないと考えるのが普通でしょう。しかし、一部のリサイクルショップでは、ジャンク品を買い取ってくれるところがあります。なぜなら、ジャンク品は以下のような価値があるからです。

  • 使えなくても欲しがる人がいる(もの自体に価値がある場合)
  • 修理したら使えるようになる場合がある
  • 改造・実験などで使える場合がある

1-3.買取のメリット

ジャンク品だからといってすぐに捨てるのではなく、買取の可能性を検討してみるのもよいでしょう。ゴミと思っていたものがリサイクルに出せるかもしれません。ゴミの量を減らし再利用することでエコにもなります。

2.買取してもらえるジャンク品とは

では、買取してもらえるジャンク品とは、どのようなものなのでしょうか?

2-1.買取可能なジャンク品

買取の可能性があるジャンク品について主なものをご紹介します。

2-1-1.家電

テレビ・レコーダー・炊飯器・掃除機・電子レンジなど

2-1-2.オーディオ機器

スピーカー・アンプ・ヘッドホン・エフェクター・楽器など

2-1-3.工具

電子ドライバー・電動ドリル・電動丸ノコなど

2-1-4.デジタル機器

パソコン・ポータブルプレーヤー・ゲーム機・スマートフォン・カーナビなど

2-2.人気のジャンク品とは

スマートフォンやゲーム機などのデジタル機器は、新しいもののほうが、人気が高いでしょう。逆に、オーディオ類は、古くても希少価値(プレミア)によって意外な買取価格がつくこともあります。

2-3.値段がつかないものとは

ジャンク品の中でも、買取が難しいものがあります。たとえば、画面割れや物理的に破損してしまっているものや、新品が安価で売っているものなどは、買取してもらえないでしょう。

2-4.買取相場とは

中古買取業界の中でも、ジャンク品の価格は特に幅が広く、これといった相場はありません。なぜなら、壊れ具合やその商品の中古需要はそのものごとに異なるためです。ジャンク品のほとんどは、捨てるのにも処分費用(粗大ゴミ料金など)がかかります。そのため、ジャンク品の1円でも値段がついて引き取ってもらえれば、処分料金の節約になるでしょう。

3.ジャンク品の買取方法

3-1.どこで買取してくれるか

家電類を取り扱っているリサイクルショップの中でも、ジャンク品を取り扱っているところは限られます。店舗に事前に確認してみましょう。また、買取回収業者でも、壊れた家電類を買取回収、もしくは無料回収してもらえることがあります。一度査定に出してみても損はないでしょう。

3-2.業者選びのポイント

買取業者を選ぶ際のポイントについてまとめました。

  • ジャンク品を取り扱っている
  • 買取不可の場合は無料もしくは安価で回収してもらえる
  • 営業所・営業許可など、身元がしっかりしている
  • 古物商許可などの資格を持っている

3-3.査定・回収方法や費用などについて

買取業者にジャンク品の買取をしてもらう流れは、主に以下のとおりとなります。

  1. ジャンク品を取り扱っているか確認する(型番・メーカー・状態などを伝える)
  2. 訪問日を決める
  3. 訪問・査定を受ける
  4. 買取価格がつけば料金を受け取る
  5. 買取不可の場合は、無料もしくは有料回収を依頼する(※キャンセルが可能な場合もある)

回収費用は業者によって異なります。もし、お金がかかるなら回収は不要、ということであれば事前に伝えておくとよいでしょう。あらかじめ粗大ゴミ料金を自治体のHPなどでチェックしておくのもおすすめです。

3-4.注意点

買取・回収業者の中には悪質なところもあるので注意しましょう。壊れている家電でも無料回収できます、と触れ回って、あとで不当に料金を請求されてしまうこともあります。業者を利用する際は、資格や営業許可などをしっかりチェックしましょう。また、料金に関することは書面やデータでもらってください。口頭だけで済ませようとする業者は利用しないようにしましょう。

4.ジャンク品の買取についてよくある質問

Q.買取にあたって必要なものはありますか?
A.リサイクルショップや買取業者では、身分証明書の提示が必要です。未成年の場合は家族の同意書が必要なので注意してください。

Q.ジャンク品の買取価格をアップするには?
A.ジャンク品とはいえ、見た目は大切です。なるべくきれいに掃除しておきましょう。ただし、故障しかけている場合はさらに壊さないようにそっと掃除してください。また、付属品や外箱・取扱説明書などはできるだけそろえておきましょう。

Q.ジャンク品の買取査定の基準はなんですか?
A.商品の定価・中古需要・状態・壊れ具合・流通量(希少価値)・付属品の有無などが主な査定基準となります。

Q.ジャンク品の部品だけを売ることはできる?
A.店舗や業者によります。解体・分解することで価値が下がってしまうこともあるので注意しましょう。

Q.ジャンク品をネットオークションに出す際のポイントはなんですか?
A.落札者とのトラブルをさけるため、ジャンク品であることと、できないこととできること(時々録画に失敗する、映像は映るが画面にヒビがある、など)を明記しておきましょう。傷や状態もしっかり写真に撮っておくことで、ジャンク品でもいいから欲しい、と思っている人だけをターゲットにすることができるはずです。

5.まとめ

ジャンク品の買取についてご紹介しました。壊れて使えなくなったものでも、ゴミと判断する前に一度ジャンク品の買取を検討してみましょう。買取してもらえれば思わぬ収入になりますし、無料回収が可能なら処分費用の節約になります。