いい女・できる女の条件! 部屋をきれいに維持する方法

ステキな女性の部屋は、常にきれいに整理整頓されて掃除が行き届いているイメージありませんか?その通りです!部屋が汚れていると生活習慣まで乱れます。きれいな部屋で目が覚めれば、朝食もバランスよく美しさを保つような内容になるでしょう。睡眠の質もよくなります。きれいな部屋を維持することができれば、生活そのものが美しくなるといっても過言ではありません。維持する方法を身に付け、いい女・できる女の仲間入りしましょう。

1.きれいな部屋を維持できない理由

部屋をきれいにしても、その状態を維持できないのはなぜでしょうか?理由別に説明したいと思います。

1-1.片付け方がヘタ

そもそも、片付けがうまくないことが維持できない理由の場合、片付け方法を見直しましょう。

片付けを自分自身でおこなっていますか?親にやってもらっている、業者に依頼している場合は、片付けた場所などが把握できていません。これではいつまでたっても片付けはうまくなりませんし、すぐに汚くなってしまいます。自分の力で整理整頓や掃除をおこないましょう。

とりあえずパッと見た目がきれいになれば満足していませんか?とにかく目に付いたものを押し入れや引き出しなどの収納に押し込み、きれいに見えているだけの状態に満足していては、本当の意味できれいな部屋にはならないでしょう。

1-2.元あった場所に戻せない

せっかくきれいに片付けても、使ったあと元に戻せなければ維持できません。「使ったものは元の場所に」これは、部屋を汚さないための鉄則といえるでしょう。「また使うから」「あとから片付ける」は絶対にNGです。

また、使ったものが行方不明になりやすいのもこのタイプ。いざ必要なときにどこにあるのかわからず、新しいものを購入して無駄遣いをしてしまいがちです。ものが増える一方できれいな部屋から遠ざかってしまいます。

1-3.気持ち・心の問題

「別に散らかっていても困らない」「誰にも迷惑かけてない」と思っていませんか?元から片付けるつもりもなく、きれいな状態を維持するつもりがなければ掃除以前の問題です。まず、きれいな部屋で生活することの気持ちよさや豊かさ、いつでも友人を招くことができ、人付き合いまでよい方向に変わることを知りましょう。

また、なんらかのストレスなど精神的なものが原因で、きれいな部屋を維持できない場合もあります。「どうせまた汚れるから」とあきらめもよくありません。まずは片付けができる自分に自信を持ちましょう。前向きな気持ちが大切です。

2.きれいな部屋を維持する方法

きれいな部屋を維持できない理由や原因を紹介しましたが、あなたはどんなタイプだったでしょうか?ご自身の経験に当てはまる項目はありましたか?

では、次にきれいな部屋を維持する方法をお教えしたいと思います。いくつかのポイントをおさえることで、きれいな部屋を維持できるようになれるでしょう。

2-1.定位置を決める

ものを置く位置や場所を決めておきましょう。たとえば・・・

  • テレビのリモコンはテーブルの下に収納
  • 救急箱はクローゼットの上
  • コスメ関係は鏡台にまとめて
  • パソコン関係はすべてパソコン周りに

など。自分の使い勝手を考えて置き場所を決めます。必ずそこにあるとなれば、ものをなくすこともありませんし、いざというときにサッと取り出すことが可能です。

2-2.適材適所の収納を作ること

収納場所が遠いと、取りに行ってそのまま出しっぱなしになってしまいます。必要な場所に収納するものに応じた収納を作りましょう。正しく収納されていれば、使い勝手もよくなり元の場所に戻すという、きれいな状態を維持する基礎が自然と身に付きます。

2-3.ごみ箱は身近に

ちょっとしたごみなど、すぐに捨てることができるようにごみ箱は身近に置きましょう。1つでなければならないという決まりはありません。場所に合わせていくつか用意しておくと便利です。

2-4.片付けるための手間を省く

たとえば、帰宅後のコートをハンガーに通してクローゼットに・・・となると面倒で、ソファーにかけっぱなしなんてことにも。それなら、玄関にコート用のフックを設置しましょう。帰宅後フックにコートをかけるだけで収納完了です。脱いだ服は専用のカゴに入れるだけ。そんな手間のかからない収納や片付けをおこなうことで、続けることができます。

2-5.ものを増やさない

「1つ買ったら1つ捨てる」くらいの気持ちが大切です。片付かない理由や散らかる原因はものが多いことにあります。ものを増やさないことを心がけることで、無駄遣いもなくなり一石二鳥です。

2-6.床にものを置かない

床にものが散乱していると、掃除もすみずみまで行き届きません。汚れる原因ですし、どうしても散らかって見えます。きれいな部屋は、床になにもない状態が基本です。

2-7.定期的に人を招きましょう

部屋に人を入れることで、きれいな状態を維持する必要性を作ります。どうせ誰も来ないと思えば、片付けもおろそかになるでしょう。親でも友人でも誰でも構いません。定期的に人を呼びましょう。そうすることで、常にきれいな部屋を意識できます。これを習慣づければ、突然の来客にも困らずに対応できるでしょう。

2-8.実際の声を紹介します

きれいな状態を維持するために、どんなことをしていますか?

  • こまごましたものを飾らない!掃除が面倒でホコリまみれになるから。
  • お皿などキッチンは使ったら使ったときにすぐ片付ける。衛生的にも放置は×
  • ハタキを使うようになったら、掃除するようになった。
  • 郵便物を入れておく箱や引き出しを作る。
  • お掃除ロボットを使うようになったら、ものが散乱しなくなった。
  • 見せる収納をやめた。ホコリもたまらないし掃除が楽。

など、それぞれ自分のやりやすい方法できれいな状態を維持する努力をしています。きっとあなたにあった片付け方法やきれいを維持する方法がみつかるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?部屋を片付けることは、ある程度できます。しかし、難しいのはその状態を維持することです。維持するためには、日々の生活習慣も関係してきます。生活習慣が正しくなると、不思議と部屋もきれいな状態を維持できるでしょう。規則正しい生活と、自分にあった維持方法を実践することです。きれいな部屋で生活するのはとても心地よく、充実した時間を過ごすことができるでしょう。汚部屋やきれいが続かない部屋から脱出し、いい女の仲間入りをしましょう。