やかんの捨て方や処分でお悩みの方へ! 上手に処分する方法とコツ!

「不要になったやかんがあるけど、どんな捨て方をすればいいのか分からない」など、お悩みの方がいるのではないでしょうか。壊れてしまったり買い替えたりなどの理由で、不要になったやかんの処分が必要になることもありますよね。しかし、どんな捨て方や処分方法があるのか、どこに依頼したらいいのかなど、よく分からないことが多いものです。そこで、今回は、やかんの捨て方や処分について、詳しく解説しましょう。

  1. やかんの処分を自治体に依頼する
  2. やかんは下取りや買取に出せる?
  3. やかんの処分を回収業者に依頼する
  4. やかんの捨て方や処分でよくある質問

この記事を読むことで、やかんの処分や捨て方についてよく分かります。まずは、記事をじっくり読んで参考にしてください。

1.やかんの処分を自治体に依頼する

最初に、やかんの処分を自治体に依頼する場合について詳しく解説します。

1-1.やかんは何ゴミになる?

不要になったやかんは、自治体にゴミとして廃棄処分を依頼できます。まずは、やかんの素材をチェックしましょう。主な素材としては、鉄・アルミ・ステンレス・ホーローなどがあります。多くの場合、不燃ゴミとして処分可能です。素材によっては、資源ゴミとして回収している自治体もあるでしょう。また、大型のやかんは粗大ゴミとして扱われる場合もあります。まずは、自治体の分別ルールを確認してください。

1-2.やかんの処分を自治体に依頼する方法

不燃ゴミの場合は、自治体指定の曜日・時間・場所に出しておくと回収してもらえます。ゴミの場合は、自治体の粗大ゴミ受付窓口に連絡し、集荷日時・場所などの指示を受けてください。なお、自治体によって依頼方法や回収方法が異なります。詳しくは、自治体のホームページなどで確認してください。

1-3.自治体におけるやかんの処分費用

不燃ゴミは、無料で回収してもらえます。粗大ゴミになると、1個につき数百円程度の回収費用が必要になることが多いでしょう。金額や費用の支払いについては、自治体のルールに従ってください。一般的には、コンビニなどで必要な料金分の「粗大ゴミリサイクル券(シール)」を購入し、やかんに貼りつける方法を採用しているところが多くなります。

1-4.自治体処分のメリット・デメリット

自治体による処分には、以下のようなメリットやデメリットがあります。

<メリット>

  • 無料もしくは安価で処分できる
  • 信頼度が高い

<デメリット>

  • 回収日時・集荷場所が決まっている
  • 集荷場所まで運ぶ手間がかかる
  • 手続きがめんどう(粗大ゴミ)

2.やかんは下取りや買取に出せる?

やかんの下取りや買取には出せるのでしょうか。また、できる場合には、どんなメリットやデメリットがあるのかなど、詳しく解説します。

2-1.やかんの下取り・引き取りの方法

やかんの買い替えを考えている場合、メーカーや販売店に下取りや引き取りをしてもらえるか確認してみましょう。人気ブランドのやかんは、下取りや引き取りが利用できる可能性があります。ただし、キャンペーン期間中限定など、制限がある場合が多いので注意してください。下取りや引き取りを利用できる場合は、購入時にメーカーや販売店に引き渡すことになります。

<メリット>

  • 購入と同時に処分できる
  • 下取り可能なら新品の購入費用にできる

<デメリット>

  • 下取り・引き取りを実施している例が少ない
  • 下取り・引き取りだけで利用できない

2-2.やかんを買取に出す方法

未使用のやかんは、買取に出すことも考えましょう。人気メーカーや有名ブランドのものなら売れる可能性が高くなります。ただし、使用済みのものはほぼ不可となるので気をつけましょう。買取方法には、リサイクルショップに売る・ネットオークションやフリマサイトを利用するなどがあります。

リサイクルショップに売る場合は、店頭に持ち込んで査定を受け、買取可能との結果が出た場合は代金と引き換えに手渡してください。ネットオークションやフリマサイトは、会員登録後に出品手続きをし、ほしい人が現れるのを待ちましょう。取り引きが成立したら、取り引き相手からの代金支払いの確認・やかんの発送に進みます。取り引き相手へやかんが無事に到着したら完了です。

<メリット>

  • 中古品として再利用してもらえる
  • 代金が手に入る

<デメリット>

  • 買取に出せるのはほぼ新品だけ
  • 必ずしも売れるわけではない
  • 個人間トラブルが発生しやすい(ネットオークション・フリマサイト)

3.やかんの処分を回収業者に依頼する

やかんの処分は、回収業者に依頼することもできます。おすすめのケースや依頼する方法や処分費用など、詳しく解説しましょう。

3-1.ほかに処分するものが多いときにおすすめ

やかんひとつだけを処分するのなら、回収業者に依頼すると割高になることがあります。たとえば、ほかに処分したい不用品があるときにおすすめです。不用品の中で、買取可能なものがあれば、やかんの処分費用と相殺できて安くなります。この機会に、家の中の不用品をまとめて処分するのもいいでしょう。

3-2.回収業者にやかんの処分を依頼する方法

回収業者では、以下の3つの方法でやかんを回収しています。

  • 店頭持ち込み:業者の店頭に直接持ち込む
  • 宅配回収:宅配便で業者に送付する
  • 出張回収:場所・日時を指定して業者に回収しに来てもらう

3-3.回収業者のやかんの処分費用

やかんの処分費用は、業者によってまちまちです。たとえば、宅配回収なら宅配便の送料負担だけ(1回千円程度~)で処分してくれるところもあります。また、スマホなどの送料無料対象品との同梱(どうこん)で送料も無料になることもあるので、調べてみるといいでしょう。なお、店頭持ち込みの場合は、ガソリン代や交通費が自己負担となります。出張回収の場合は、1回につき数千円程度の費用が必要です。最も費用負担が少なくなる方法を選んで利用しましょう。

4.やかんの捨て方や処分でよくある質問

最後に、やかんの捨て方や処分でよくある質問に回答します。それぞれ役立つので参考にしてください。

Q.やかんを捨てるときは汚れを落とすべきですか?
A.特に必要ありません。捨てるときに汚れがつかないように注意し、自治体指定のゴミ袋に入れてください。

Q.できるだけ高額買い取りしてもらうコツは?
A.以下のことに気をつけてください。

  • 未使用のものは袋や箱を開封しない(開封すると使用済みと判断し買い取り価格が下がることがある)
  • 購入時の保証書を添付する
  • 付属品や説明書をそろえておく
  • できるだけ早く買い取り依頼する

Q.回収業者に依頼する場合、どんなものを同時に処分するといいですか?
A.やかんの回収費用を抑えるためには、買い取りとなる可能性が高いものを処分するといいでしょう。たとえば、以下のようなものです。

  • 貴金属類
  • 骨とう品
  • 家電(製造後3年以内)
  • 家具
  • 着物
  • ブランド品(バッグ・洋服など)

Q.やかんを回収した後、業者ではどのように処分しているのですか?
A.新品で買い取りとなったものは、中古品として再販します。買い取り対象外のものは、素材別に分別し、資源リサイクルに回すことになるでしょう。きちんとした業者に依頼すれば、ベストな方法で処分するので安心してください。

Q.信頼できる回収業者の特徴は?
A.以下のポイントをチェックしてください。

  • 不用品の処分や買い取りで豊富な実績を誇る
  • 顧客からの評判がいい
  • 見積もりは無料
  • リーズナブルな処分費用
  • 回収方法が便利(店頭持ち込み・宅配回収・出張回収から選べるなど)
  • 担当スタッフの感じがいい
  • 古物商許可を取得している

まとめ

今回は、やかんの捨て方や処分について詳しく解説しました。不要になったやかんは、ゴミとして廃棄する以外にも、下取りやリセール・回収業者に依頼するなど、さまざまな処分方法があります。まずは、自分にとってどんな方法を選ぶとメリットが大きいか検討してみてください。やかんの処分と同時に、ほかの不用品を同時に処分すると費用が安くなることもあります。やかんだけでなく、不用品をスッキリと処分するチャンスと考えるといいでしょう。