台所のお湯が出ないトラブルの原因は何? 凍結や水漏れの可能性あり

水道のトラブルで多いのは、台所だけお湯が出ないという症状です。水は出るのに、お湯が出ないという症状で、冬場はとても困ります。また、水もお湯も出ないという例もあり、日常生活への影響も心配されるでしょう。毎日使う場所であるため、台所の水道は安定して使えるのが理想です。お湯が出ないときにチェックすべきことや、原因などを見ていきます。
今回は、台所のお湯が出ない症状についてです。

  1. 台所のお湯が出ない!
  2. 台所のお湯が出ない・まずはここをチェック
  3. 台所のお湯が出ない場合の修理・交換などについて
  4. 台所のお湯が出ない症状でよくある質問
  5. まとめ

この記事を読むことで、台所のお湯が出なくなる原因がよく分かります。給湯器や配管の耐用年数などを把握し、故障が起こる前に対処しましょう。

1. 台所のお湯が出ない!

台所のお湯だけ出ないという症状は、冬に起こるものです。お湯はライフラインの1つとしての役割があるだけに、お湯が出ないのは大変困ります。原因を見ていきましょう。

1-1.どんな状態か?

主に、水しか出ない場合や、お湯も水も出ない場合に分かれます。お湯がわずかに出る場合でも、ポタポタと垂れる程度という症状です。

1-2.原因について

お湯が出なくなる理由は、いくつかの原因が考えられます。

1-2-1.凍結

冬に多いのは、凍結です。寒冷地では、配管が凍る現象が頻繁に起こることがあります。水道の凍結は、自然に溶けるのを待つのが対処法です。または、凍結防止機能などを活用する方法もあります。風呂のカランでも同じようなことが起こるものです。

1-2-2.水漏(も)れ

配管から水漏(も)れがある場合、お湯や水が出ない症状が現れます。凍結による配管の故障や破損が原因となっており、パッキンのサイズが合っていないことや劣化もあるでしょう。修理や交換が必要です。

1-2-3.配管が詰まっている

蛇口にはフィルター機能が備わっています。しかし、家の中から配管に異物が入るのを防ぐためのもので、外部からの異物を防ぐことはできません。配管に砂などが混入し、水やお湯が出なくなるケースがあります。

1-2-4.故障など

単純に、給湯器の故障によるものである可能性もあります。給湯器の寿命や劣化です。耐用年数を確認し、交換や修理をするようにしましょう。

2.台所のお湯が出ない・まずはここをチェック

台所のお湯が出ないときにチェックすべき箇所や、自分でできる対処法を解説します。

2-1.チェックすべき箇所

まず、給湯器のエラーメッセージが出ていないかを確認してください。給湯器の異常である場合、エラー表示が出る仕組みになっています。取扱説明書に従って、復旧の手続きをしましょう。業者に依頼すべきエラーもあります。
配管が詰まっている場合、シンク下にある止水栓のネジを取り外し、内部のゴミを取り除くことで改善する場合もあるでしょう。難しい場合は、業者に依頼してください。給湯器から台所までの配管が非常に長いため、外部から侵入したゴミが詰まっている場合、自分では確認できないことがあります。

2-2.耐用年数などについて

水道の配管は、年1回の洗浄が推奨されています。設置から10年は問題なく使えるでしょう。20年を経過したころから、汚れやゴミの付着が目立ち始め、修理や交換が必要になってきます。やがて、サビによる赤い水が出るようになったら、配管の耐用年数を迎えたと考えたほうがいいでしょう。

2-3.自分でできること・対処法

自分でできることは、止水栓が閉じていないかを確認することです。シンクの下にあるため、何かの弾みで閉じてしまうことがあります。また、蛇口が故障している場合は、すぐに交換を依頼しましょう。とはいえ、集合住宅では断水を行っている場合もあります。管理会社などをつうじ、断水の有無を確認してください。

2-4.業者に連絡すべき場合

配管や給湯器の異常の場合、業者に連絡したほうがいいでしょう。数日経(た)っても、凍結が改善しない場合も連絡してください。蛇口の故障も同様です。蛇口は、適合する金具の種類やパッキンサイズを判別するのが困難だとされています。自分で何とかしようとせず、業者に修理や交換を依頼したほうが安心でしょう。

2-5.台所のお湯が出ないときの注意点

凍結か故障かの判別が難しいことがあります。凍結で給湯器が故障していた場合、漏電のリスクを回避するため、電源をオフにしたほうがいいでしょう。また、お湯などを配管にかけて解凍するのも危険です。急激な温度変化により、配管が破損する恐れがあります。自然解凍するのを待ってください。

3.台所のお湯が出ない場合の修理・交換などについて

修理や交換はどこに依頼したらいいのか、業者選びのポイントをまとめました。

3-1.どこで直してくれるのか?

依頼先は、何の異常かによって異なります。給湯器の異常は、給湯器メーカーや設置業者に依頼しましょう。配管の場合、水道会社への依頼となります。地域に根ざして営業している、給水業者もおすすめです。

3-2.修理などについて

耐用年数を考慮し、修理するか交換するかを考えるといいでしょう。給湯器の場合、10年を目安に交換が理想です。配管の場合、20年を目安に交換をしてください。自分では判断が難しい場合は、業者とよく相談しましょう。

3-3.業者選びのポイント

お湯が出ないと慌ててしまいます。なるべく迅速に対応してくれる業者を利用しましょう。ただし、修理費用や交換費用は業者ごとに違うため、見積もりで比較することが大切です。信頼できる業者かどうか、対応や説明の丁寧さで見極めてください。

3-4.作業の流れ・料金

台所のお湯が出ないときに、業者に依頼する流れをご紹介します。

  1. 業者への問い合わせ
  2. 現地調査
  3. 見積もり
  4. 作業依頼、契約締結
  5. 修理または交換作業
  6. 作業完了後に引き渡し

上記の流れに沿って進めていきます。前述したとおり、業者の料金には幅があるため、見積もりで金額や作業内容を確認することが大切です。工事内容でも大きく変わってきます。

3-5.修理・交換に関する注意点

手先が器用な方だと、修理や交換を自分で行おうとすると思います。しかし、細かな技術を要することと、原因究明が必要なこともあり、業者に依頼したほうがいいでしょう。

4.台所のお湯が出ない症状でよくある質問

お湯が出ないトラブルでよくある疑問を集めました。参考にしてください。

Q.配管の寿命を延ばすことはできるのか?
A.配管の寿命を大きく延ばすことは難しいのですが、配管の傷みを防ぐ工夫はできます。食品クズ・油・熱湯を流さないことです。なるべく配管に負担がかからない使い方を意識しましょう。

Q.水道の蛇口だけを交換する場合、値段はどのくらいかかる?
A.蛇口の交換は、形状によって値段に差があります。8,000〜15,000円程度と考えておきましょう。

Q.配管の凍結が再度起こらないようにする工夫はあるのか?
A.自然解凍した後は、水滴をきちんと取り除いておきましょう。水滴が付着したままだと、再凍結しやすいものです。配管を断熱材で保護する方法も、凍結を防ぐ手段となります。

Q.ドライヤーで蛇口を温めると改善するもの?
A.蛇口の金属部分だけに凍結が起こっている場合なら、ドライヤーで温める方法も有効でしょう。しかし、改善しない場合は、無理せず業者に頼んでください。

Q.給湯器でお湯が出るようになっているかを確認する方法とは?
A.給湯器の燃焼ランプを確認しましょう。燃焼ランプがついていない場合は、給湯器そのものが作動していないことが考えられます。

5.まとめ

いかがでしたか? 台所のお湯が出ないという症状は、冬場の凍結が原因で多く起こります。凍結以外では、水漏(も)れ・配管の詰まり・故障などが関連しているでしょう。止水栓が閉じていないかや、給湯器のエラーメッセージを確認し、異常がないようなら業者に連絡してください。配管や給湯器には耐用年数があります。交換や修理などは、状況や使用年数を考慮して決めるようにしましょう。