いつも使う場所だからこそ快適に! キッチンリフォームのポイント

キッチンリフォームにおけるポイントを知りたいと思っていませんか? 
キッチンも長く使っていると不便な点などが目立ってくるものです。そのようなところをなくして快適なキッチンにするために、リフォームを検討する人もいらっしゃるでしょう。でも、初めてのリフォームだと分からないこともあって、大変ですね。そこで、この記事ではキッチンリフォームのポイントや注意点など、役立つ豆知識をご紹介します。これからキッチンのリフォームを考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

1.キッチンリフォームのポイント

リフォームをするとなると、どんな小規模のものでもそれなりの出費になります。そのため、できるだけ失敗のないように気を付けていきたいですね。それでは、キッチンリフォームでのポイントをご紹介していきましょう。

1-1.作業効率を考えて決める

キッチンを使う上で最も考えたいのは、作業効率ですね。どんなに広々としたキッチンでも使い勝手が悪かったり、不便なところが多くて作業効率が悪くなったりするのでは、元も子もありません。キッチンで最もよく使われるのは、熱源(クッキングヒーターやコンロ)とシンク、冷蔵庫の3つです。そのため、この3つの距離が短いほど、作業効率は高まると言われています。
もちろん、その他にも必要不可欠な調理家電やゴミ箱、食器棚などの配置も重要です。熱源・シンク・冷蔵庫の配置を決めたら、作業効率を考えながらほかのものの配置も考えていきましょう。

1-2.掃除のしやすさを考える

キッチンは常に掃除をしてきれいにしておきたいところですね。しかし、掃除がしづらい素材が多かったりすると、つい掃除が面倒になってしまうものでしょう。その結果、キッチンが汚い状態になってしまうことは少なくありません。
最近では、汚れが付いても落としやすい素材が使われたコンロや、フィルターの掃除をしなくてもいいレンジフードなどがあるので、そのようなところを中心にリフォームしていくと良いでしょう。

1-3.今のキッチンに対する不満を挙げてみる

せっかくリフォームする以上は、今ある不満はすべて取り除きたいところです。現状のキッチンでどのようなところに不満があるのかを考え、書き出してみましょう。たとえばカウンターの高さが合っていないことや収納が使いづらいこと、作業効率が悪いことなどが挙げられますね。こうして、不満点を挙げたら、その不満を解決するためにはどのようなリフォームをすればいいのかを考えていきましょう。こうすることで、満足のいくキッチンリフォームをすることができるはずです。

2.キッチンリフォームの失敗例

誰でも気軽に行えるとして人気の高いキッチンリフォームですが、無計画にやってしまうと失敗も有り得るので注意が必要です。それでは、キッチンリフォームの失敗例をいくつかご紹介していきましょう。

2-1.油料理をしたときに、床が滑りやすくなってしまう

掃除しやすいキッチンにするために、床の表面がツルツルしているタイプのタイルに変えてみたところ、油料理をした後に床が滑りやすくなってしまうことは多いようです。結局思わぬ事故を防止するためにキッチンマットを敷いていて、掃除が大変になってしまう結果になります。

2-2.冷蔵庫の買い替えが不安になる

ダイニングキッチンを対面キッチンにリフォームしたはいいものの、ダイニングからキッチンへと通じる道が狭いために、それまで使っていた冷蔵庫が通らないという失敗パターンです。この場合は結局、キッチンカウンターの上から冷蔵庫を通す形でキッチン内へと運んだようですが、仮に冷蔵庫が壊れてしまったときのことを考えると、気軽に買い替えることができませんね。また、冷蔵庫のスペースを今の冷蔵庫の大きさで選んでしまったため、今以上の大きな冷蔵庫を購入できないことも問題点として挙げられます。

2-3.ちょっとしたリフォームで予算オーバー

キッチンリフォームをする際、無計画に進めてしまうことで起こりやすい失敗が、予算オーバーです。自分でこのくらいだろうと勝手に見積もっていると、後々予算オーバーしていて大変なことになりかねません。現状でどのくらいまで予算を出せるのかを明確にし、必ず見積もりははっきりさせておくようにしましょう。

3.キッチンリフォームの相場

キッチンリフォームにかかる相場は大きく分けて30万円以下のケースと31万円から150万円以下のケース、151万円以上のケースに分けられます。それぞれの相場で具体的にどのようなリフォームができるのか、ここでご紹介しましょう。

3-1.30万円以下の場合

ガスコンロとビルトインオーブンを取り替えたり、ガスコンロをIHコンロに取り替えたりすることができます。ガスコンロとビルトインオーブンを取り替える場合は大体20万円かかり、ガスコンロをIHコンロに取り替える場合は大体25万円が目安となるでしょう。

3-2.31万円から150万円以下の場合

システムキッチンの交換や大型システムキッチンの交換、内装の補修などができます。一般的なシステムキッチンの交換であれば50万円ほどで可能です。大型システムキッチンの交換と内装の補修を行う場合は110万円ほどでできるでしょう。

3-3.151万円以上の場合

壁付けのシステムキッチンをペニンシュラ型やアイランド型のキッチンにリフォームできます。ペニンシュラ型にする場合は200万円ほどで、アイランド型にする場合は400万円ほどかかると考えておけば良いでしょう。

まとめ

キッチンリフォームの豆知識や注意点などをご紹介してきましたが、いかがでしたか? それでは、今回ご紹介したことをおさらいしてみましょう。

  • キッチンリフォームのポイント
  • キッチンリフォームの失敗例
  • キッチンリフォームの相場

以上のことを意識しておくことで、キッチンリフォームを失敗しないようにできるでしょう。せっかくのリフォームを成功させるためにも、注意点などには気を付けて計画的にリフォームを進めていくようにしてくださいね。