キッチンの収納でお悩みの方へ! スッキリ&使いやすく片付けるコツ!

「キッチンが片付かなくて困っているので、スッキリ収納するコツを知りたい」とお考えではありませんか? キッチンには、食器類や調理器具などたくさんのものがあるため、片付けてもすぐにゴチャゴチャしてしまいますよね。何とかしてキレイに収納し、スッキリしたキッチンを手に入れたいものです。

そこで今回は、キッチンの収納について詳しく解説します。

  1. キッチンに収納するもの
  2. キッチンの収納でおすすめのグッズ
  3. キッチンがスッキリ片付くアイデア
  4. キッチンをキレイに使うポイントは?
  5. キッチンの収納に関するよくある質問

この記事を読むことで、キッチンをスッキリ片付けるコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.キッチンに収納するもの

最初に、キッチンに収納する主なものを見ていきましょう。

1-1.食器類

キッチンには、たくさんの食器類を収納します。普段から使うもの・特別な日に使うものなど、家族の人数分だけ用意するとなれば、想像以上にたくさんの食器類があることが分かるでしょう。また、単にデザインが好きで購入したものや贈答品でもらったものなど、未使用の食器類も多くあるものです。

1-2.調理道具

フライパンやなべ、各種ツール類など、キッチンには多くの調理道具が存在します。しかも、調理道具はかさばるので、収納に困りやすいのがデメリットです。普段使わない調理道具がキッチンの棚や引き出しに収納したまま、というケースも多くあります。普段よく使う調理道具だけを残すことが、キッチンをスッキリ片付けるカギになるでしょう。

1-3.調理家電

キッチンには、電子レンジや炊飯器・電気ポットなどの調理家電も数多く存在します。調理家電を使いこなすためにも、適切な位置に配置・収納することが大切です。今一つ使いづらい、使いたいときにどこに収納したか分からないようでは、困ります。中には、壊れたまま放置していたりほとんど使わないのに収納したままだったりするものもあるでしょう。

1-4.食材

キッチンには、食材も大量にあります。冷蔵庫に保管しているもの以外にも、乾物・缶詰などの常温保存品をストックしてあることでしょう。食材は、保管場所と方法に注意しないと、品質が劣化してしまうので注意してください。また、こまめに消費期限をチェックして、処分することも必要です。

1-5.掃除用具や消耗品

洗剤や掃除用スポンジなどの掃除用具や、ラップ・ビニール袋などの消耗品も、キッチンに収納するものです。こまごまとしたものが多いため、すぐに散らかりやすいのが悩みの種でしょう。掃除用具や消耗品は、種類ごとに整理して収納してください。洗剤はシンク下に収納するといいでしょう。消耗品類は、キッチンの浅い引き出しを利用すると使いやすくておすすめです。

2.キッチンの収納でおすすめのグッズ

キッチンの収納に便利でおすすめのグッズをご紹介します。

2-1.プラスチック製の書類ケース

プラスチック製の書類ケースは、キッチンの収納にとても役立ちます。たとえば、シンク下や深い引き出しに並べて、フライパンや皿などの平たい調理器具や食器類を立てて収納可能です。立てて収納すれば、スッキリ片付くだけでなく出し入れしやすいのもメリットでしょう。

2-2.半透明の収納ケース

半透明の収納ケースをキッチンに使えば、どんなものがどこに入っているのか分かりやすくておすすめです。特に、食材のストックを収納するのに向いているでしょう。使いたいときにすぐに取り出せるので、ストレスになりません。また、何がどれだけあるか分かりやすいので、余分なものを購入することを防ぐこともできます。

2-3.収納ラック

収納ラックを使うと、縦方向の空間を利用して収納できます。たとえば、シンク下の広い空間に収納ラックを組み入れれば、上段と下段に別々のものを分けて効率よく収納可能です。また、食器棚の開き部分に使用すれば、小皿やコップなどをスッキリ収納できるでしょう。

2-4.仕切り

キッチンの引き出しを活用するには、仕切りを利用するといいでしょう。スプーンやフォーク・はしなどを種類ごとに分けて収納できて便利です。輪ゴムやつまようじなどのこまごましたものも、小さなトレイや空きびんを併用すれば、より使いやすく収納できるでしょう。

2-5.短いつっぱり棒

短いつっぱり棒を2本並行に設置し、上に板を置けば簡単な棚ができます。シンク下など、広い空間を、効率よく収納に使うことができておすすめです。また、フックを併用すれば、軽いものをつるして収納することもできます。つっぱり棒は長さが調整できる分、市販の収納ラックなどが入らない場所でも対応できるのがメリットです。

3.キッチンがスッキリ片付くアイデア

キッチンがスッキリ片付くアイデアをいくつかご紹介しましょう。

3-1.不用品を処分して物量を減らす

最初に、不用品を処分して物量を減らしましょう。キッチンの収納量には、限界があるものです。不用品を処分して物量が減ることで、収納スペースに余裕ができ、効率よく片付けることができます。たとえば、以下のようなものは不用品として処分しましょう。

  • 故障や不具合などで使わなくなった調理家電
  • 多すぎる食器類や調理器具
  • 消費期限を過ぎた食品類
  • そのほか汚れや傷みがひどいもの

3-2.収納場所の特性に合わせる

キッチンをスッキリ片付けるには、収納場所の特性に合わせることも大切です。たとえば、以下を参考にするとスッキリ片付き、使い勝手のよさも確保できます。

  • 浅い引き出しには高さがないもの・こまごまとしたもの
  • 深い引き出しや開き戸には高さがあるもの
  • 上段や下段は使う頻度が少ないもの
  • 中段や手前側には普段よく使うもの

4.キッチンをキレイに使うポイントは?

キッチンを常にキレイに使うポイントをご紹介しましょう。

4-1.汚れたらすぐに拭く

キッチンが汚れたらすぐに拭く習慣を付けましょう。汚れは、付着したばかりなら定着していないので簡単に落とすことができます。特に、油汚れは放置しないことが大切です。油汚れを放置すると、周辺のホコリと混ざってしつこい汚れに変化します。面倒でも、汚れたらすぐに拭き取ってください。

4-2.生ゴミを放置しない

生ゴミを放置しないことも大切です。生ゴミを放置すると、すぐに雑菌が繁殖し、ヌメリ汚れが発生します。また、コバエが発生する原因にもなるので気を付けましょう。生ゴミはこまめに水切りしてゴミ袋に入れ、口を固く縛ってから捨ててください。重曹を振りかけてから処分すると、嫌な臭いを予防できておすすめです。

4-3.キッチンの上にものを多く置かない

キッチンの上には、ものを多く置かないようにしましょう。調味料や食器類・調理器具を置いてしまうと、ゴチャゴチャしてしまいます。また、汚れやすくて掃除しにくくなることや、作業スペースが圧迫されて使いづらくなるのもデメリットです。

4-4.使ったものを出したままにしない

使ったものを出したままにせず、元の収納場所に戻すことも大切です。使った都度戻すことで、常にキッチンが片付いた状態を維持できます。また、適当な位置に収納するのはやめましょう。何がどこに収納してあるのか分からなくなり、使いづらいキッチンになってしまいます。

4-5.定期的に不用品を処分する

定期的に不用品を処分することも心がけましょう。不用品は、いつの間にか増えているものです。定期的に不用品をチェックして処分し、必要なものだけを残すようにしましょう。なお、収納場所に余裕ができても、不必要なものをむやみに購入しないことも大切です。新しく購入しても結局使わないのでは、不用品が増えてしまいます。

5.キッチンの収納に関するよくある質問

最後に、キッチンの収納に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください

Q.キッチンの上部にはどんなものを収納するべきか?
A.普段使わないもの・軽いものを中心に収納しましょう。乾物などの食材やキッチンペーパーのストックなどを収納するのもおすすめです。

Q.災害用の非常食はキッチンに収納しないほうがいい?
A.収納に余裕があるのなら、問題ありません。ただし、非常食だけでキッチンの収納が埋まってしまうのでは困ります。いざというときの使い勝手を考えても、災害用の非常食は、キッチン以外の場所に分散して収納するといいでしょう。

Q.キッチンをキレイに片付けたのに使いづらいのはなぜ?
A.使い勝手を考えずに片付けたことが原因でしょう。使用頻度や収納場所の特性を考えずに片付けると、実際に使いづらく感じるものです。最初から収納方法を見直してください。

Q.未使用の食器類を捨てるのがもったいないのですが?
A.未使用の食器類で以下のようなものは、業者に買取してもらえることがあります。

  • 人気ブランド品
  • 贈答用などのセット品
  • 汚れや傷みがない

リサイクルショップや不用品回収業者に問い合わせてみたり、ネットオークションやフリマアプリで売ったりすることを考えてみてください。

Q.収納場所が圧倒的に足りない場合はリフォームするべきか?
A.不用品を処分しても収納場所が足りない場合は、リフォームを検討してみてください。最新型のキッチンは、大容量の収納を確保していたり収納しやすい工夫が施されていたりするので満足できるでしょう。

まとめ

今回は、キッチンの収納について詳しく解説しました。キッチンをスッキリ片付け、使いやすく収納するためには、不用品を処分して物量を減らすことが大切です。物量が減ることで、収納スペースに余裕ができて片付けやすくなります。実際に収納するときは、見やすさと使いやすさを考えながら進めましょう。収納グッズを適宜使えば、限られた空間を最大限に活用できるのでおすすめです。なお、常に片付いたキッチンにするためには、ものを使った後にきちんと元に戻してください。さらに、定期的に不用品を処分することで、ゴチャゴチャしないキッチンを維持できます。