もうキッチンの収納で悩まない!スッキリ片付くお役立ちアイデア!

キッチンの収納は、主婦にとって大きな悩みの種。
そこで、今回はキッチンの収納でお悩みの方のために、スッキリ片付くアイデアを厳選してお届けしましょう。

この記事を読むと、キッチンの収納にかんする悩みが消え去りますよ。

1.キッチンの収納アイデアを場所別にご紹介!

キッチンの収納は、場所ごとにコツを学ぶことが大切です。
それでは、食器棚・キッチンの引き出し・シンク下・冷蔵庫と主な収納場所別に、上手(じょうず)な収納のアイデアをご紹介しましょう。

1-1.食器棚

家族が多くなると普段の食事に使う食器類だけでも、結構な量になるもの。
毎日使う食器類は、すぐに取り出しやすいように、使いやすい位置の棚に収納しましょう。
引き出しには、スプーンやフォークなどの細かい食器を収納します。
また、定期的に使う物と使わない物をチェックして、収納する位置を入れ替えましょう。

1-2.キッチンの引き出し

キッチンの引き出しは、乱雑に物を入れっぱなしになりやすい場所。
しかし、キッチンの引き出しを上手(じょうず)に収納できると、料理の効率も良くなります。
キッチンの引き出しには、菜箸(さいばし)やレードル・キッチン用のはさみなどを整然と並べましょう。
作業効率を上げるためにも、収納量が少ないと感じるぐらいが適切です。

1-3.シンク下

キッチンのシンク下は、広い空間を利用して鍋やフライパンなどの大型の調理器具を収納しましょう。
空間を上手(うま)く利用するには、ラックの使用がおすすめです。
シンク下は、湿気がこもりやすいため食品の長期保存には向きません。
もし、一時的にでも米類など食品を保管する場合は、密閉容器に入れて湿気や虫から守りましょう。

1-4.冷蔵庫

冷蔵庫もいつの間にか、食べきれない食材でいっぱいになりがちですね。
特に家族が多いと、その分だけ食材が余りがち。
むだな食材を無くすためにも、奥の方に入れ過ぎないことがコツです。
冷蔵庫を開けたときに、物が見えないことが買いすぎの第一歩。
今、何があるのかをきちんと確認できるように、すべての食材を取り出してから整頓(せいとん)しましょう。
賞味期限切れの物は処分することと、使いかけの調味料類を減らすこともポイントです。

2.キッチンの収納アイデアをアイテム別に伝授!

キッチンには、調理用具や調味料など、さまざまなアイテムがあります。
普段から使いやすくなる収納アイデアを、アイテム別に学びましょう。

2-1.調理器具

調理用具は、普段使う物だけにして、余分な物は処分しましょう。
自分が調理することを想定して、使いやすい位置に収納していきます。
しゃがんだり、背伸びをしたりする必要のある場所には、収納場所が必要になる大型の調理器具を収納してください。
菜箸(さいばし)やレードルなどの細かな物や、フライパンやボウルなど、使用する頻度(ひんど)が高い調理器具は取り出しやすさを考えて、手元に近い位置に収納しましょう。

2-2.調味料

調味料は、使いかけのままになっている物をチェックしてできるだけ処分します。
普段の調理メニューに必要な物だけを、取り出しやすい位置に並べましょう。
砂糖や塩などは購入時の袋のままで使用せず、専用の入れ物に移した方が使いやすくなります。
コショウなどの小さな容器に入った調味料は、まとめて収納できるスパイス入れを活用しましょう。

2-3.ストック用の食材

ストック用の食材は、家族の人数に対して適切な量を食器棚もしくは冷蔵庫に収納しましょう。
未開封の物であれば、冷蔵庫ではなくても常温で保管ができる物も多いです。
冷蔵庫に何でも詰め込んでいた人は、収納するときに食品に合った保管方法を確認してから適切な場所に収納してください。
シンク下にストック用の食材を収納する人もいますが、湿気がこもりやすい場所なので本来はおすすめできません。
シンク下を使用する場合は、密閉できる容器に入れるなどの工夫をしてください。

2-4.食器

いただき物やセールなどが重なって、家族の人数分以上に集まってしまう食器。
普段使う食器を中心に、食器棚の取り出しやすい位置に収納するのが基本です。
取り出しやすさを実現するためにも、食器類をできるだけ重ねて置かないようにしましょう。
スプーンやフォークなどは、食器棚の引き出しに小さな仕切りを作って種類別に収納すると便利です。

2-5.キッチン用の掃除道具

キッチン用の掃除道具は、いつもきれいなキッチンを保(たも)つために必要です。
キッチン用の掃除道具の収納場所は、シンク下がおすすめ。
収納するときは、使用後の水気をきちんと切ることを忘れないでください。

3.キッチンの収納は不用品の処分も重要!

キッチンの収納は、アイデアしだいで見違えるほどスッキリします。
ただし、キッチンの収納を上手(じょうず)に進めるためには、不用品の処分をしっかり行うことを忘れないでください。

3-1.収納場所にも許容量がある

キッチンの収納場所にも、それぞれに許容量があります。
収納場所の許容量を超えた場合、スッキリ収納することはできません。
物が多くて詰め込み過ぎた状態では、使いたいときにすぐに取り出すことができないでしょう。
あくまでも、収納場所の許容量を超えないようにすることが上手(じょうず)な収納のコツなのです。

3-2.不用品は思いきって処分しよう

キッチンには、想像以上に不用品が存在します。
キッチンの収納をきちんと行うためにも、不用品は思いきって処分してしまいましょう。
たとえば、増え過ぎた調理器具・賞味期限が切れた調味料や食材・使わない食器類などですね。
キッチンに存在する不用品を処分するだけでも、ずいぶんと収納場所に余裕ができて収納しやすくなるでしょう。

3-3.不用品のリサイクルや売却を考えよう

キッチンの不用品の中でも、調理器具や食器類で新品の状態ならば、必要な人にあげたり売ったりすることを考えても良いでしょう。
さすがに調味料や食品類は、賞味期限や衛生の問題があるので難しいはず。
しかし、調理器具や食器類は賞味期限や衛生の問題を考える必要がありません。
不要品として処分する量が多かったり、ブランド食器などの価値がある物が含まれたりする場合は、不用品回収の専門業者に相談すると良いでしょう。

4.まとめ

さて、キッチンの収納についてさまざまなアイデアを学んできましたが、いかがでしたか。

  • キッチンの場所別に収納のアイデアを学ぶ
  • アイテム別に上手な収納のアイデアを知る
  • キッチンを整理して不用品を処分する
  • まとめ

キッチンの収納が上手(じょうず)にできると、料理の腕も上がることは間違いなし。
この記事を参考にして、スッキリとしたキッチンを手に入れてください。