洗濯物にほこりがつく原因を知りたい方必見! 対処法と共に解説!

暖かい季節がやってくると、洗濯をするのが楽しくなります。これからは、天気のいい日はまず洗濯と思う人も多いことでしょう。しかし、洗濯したばかりの洗濯物にほこりがついているとがっかりしてしまいます。なぜ、洗濯機から出したばかりの洗濯物にほこりがついてしまうのでしょうか?

そこで今回は、洗濯物にほこりがつく理由や取り方を解説します。

  1. 洗濯物にほこりがつく原因は?
  2. 洗濯中にほこりがつくのを防ぐ方法
  3. 洗濯物のほこりをとる方法
  4. 洗濯物のほこりに関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、洗濯物にほこりをつけないコツなどもよく分かるでしょう。洗濯物につくほこりにお悩みの方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.洗濯物にほこりがつく原因は?

はじめに、洗濯物にほこりがつく原因について解説します。どこからほこりがでてくるのでしょうか?

1-1.洗濯機の汚れ

洗濯層が汚れていると、黒カビなどの汚れが洗濯物につきやすくなります。黒カビは黒く薄い紙のようなほこりとなって洗濯物につくことが多いでしょう。また、洗濯機のゴミ取りネットがいっぱいだと、その中のほこりが洗い方によっては洗濯物につくことがあります。

1-2.服のほこり

服によっては、洗濯をしている最中に繊維がよれてほこりとなって付着しやすくなることがあります。特に、何度も着用している普段着は、古くなるにつれてほこりが出やすくなるでしょう。

1-3.石けんカス

水が冷たすぎると粉石けんが溶け切れず、石けんカスがほこりのように洗濯物につくこともあります。石けんカスがつくと洗い直しが必要です。冷たい水で洗濯をする場合は、液体タイプの洗剤を使うといいでしょう。

1-4.湯あか

お風呂の残り湯で洗濯する場合、湯あかがほこりのように付着することがあります。お風呂の残り湯で洗濯をする場合は、最終のすすぎだけ水道水にするといいでしょう。

2.洗濯中にほこりがつくのを防ぐ方法

この項では、洗濯中、衣類にほこりがつくのを防ぐ方法について解説します。ぜひ、参考にしてください。

2-1.洗濯槽の掃除をする

洗濯槽は、2か月に1度程度の割合で掃除をしましょう。専用の洗剤も出ているので、利用してみてください。また、定期的にゴミ取りネットのチェックしましょう。そこをきれいにするだけで、ほこりがつきにくくなるはずです。なお、洗濯機の水位がゴミ取りネットよりも下だと、ほこりもつきやすくなります。ゴミ取りネットの上まで水位をあげましょう。

2-2.服のポケットをチェックする

服のポケットの中には、意外と繊維くずなどがたまっているものです。また、繊維がけば立っている服は洗濯中にそれらがとれてほこりになりやすいでしょう。洗濯をする前に、ポケットの中身をチェックし、繊維がけば立っている場合は、粘着テープでとっておくといいですね。

2-3.洗濯はお湯で行う

冷たい水で洗濯するより、ぬるま湯程度の温度で洗濯した方が汚れが落ちやすく、石けんもとけやすいでしょう。お風呂の残り湯が利用できる場合は、洗濯とすすぎの1回目は残り湯を使ってみるといいですね。

2-4.衣服の洗濯表示をよく確認する

衣服によっては、不用意に洗濯をすると繊維が傷んでしまったり、繊維がちぎれてほこりになってしまったりするものもあります。ですから、衣服は洗濯表示をよく見て、必要ならば別洗いをしたり目の細かい洗濯ネットを使ったりしましょう。

3.洗濯物のほこりをとる方法

この項では、洗濯中についてしまったほこりをとる方法を解説します。こちらもぜひ参考にしてください。

3-1.粘着テープローラーを使う

粘着テープローラーを使えば、ほこりは簡単に取れます。乾いた状態の方が取れやすいので、ほこりが付着していてもまずは乾かしましょう。

3-2.水洗いし直す

石けんカスが付いてしまった場合、そのまま乾かすと石けんカスが固まってしまいます。ですから、すすぎ洗いをもう一度やり直しましょう。この際、ぬるま湯で洗うと取れやすくなります。

3-3.紙おむつを一緒に洗ってしまった場合

紙おむつを一緒に洗濯してしまった場合、高分子ポリマーが洗濯機の中に飛び散り、大変なことになってしまいます。この場合は、服についた高分子ポリマーは、粘着テープローラーで取り除きましょう。洗濯機内部に付着した高分子ポリマーは、重曹を入れてもう一度洗濯機を回すと、ポリマーが小さくなって流れていきます。その後は、排水溝がつまらないように掃除をしてください。

4.洗濯物のほこりに関するよくある質問

Q.洗濯物のほこりを完全に防ぐのは難しいでしょうか?
A.そうですね。完全に防ぐのは難しいので、粘着テープローラーなどを常備しておくといいでしょう。

Q.新しい洗濯機の方がほこりがつきにくいのですか?
A.確かに、新しい洗濯機の方が繊維を傷めずに洗濯することができます。しかし、全くほこりがつかなくなるということはありません。

Q.洗濯を丁寧にやった方がいい衣類の特徴はどのようなものでしょうか?
A.手洗い表示がついている衣類や、ビーズなどの飾りがたくさんついている衣類は丁寧に取り扱ってください。また、レースも乱暴に洗濯するとほつれやすくなります。

Q.洗濯物をネットに入れれば、ほこりがつきにくくなるのですか?
A.はい。確きにくくなります。特に、目の細かいネットに入れると効果的でしょう。

Q.洗濯物にほこりがつきにくくなるようなグッズはありますか?
A.はい。洗濯機に洗濯物と一緒に入れて回すタイプのグッズで、洗濯中に出るほこりを集めてくれます。利用してみましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は洗濯物にほこりがつく原因やその対処方法について解説しました。洗濯物は少々手間はかかりますが、ほこりが出やすい洗濯物は分けて洗ったほうが効果的です。また、石けんカスがたくさんつく場合は、洗剤を変えてみましょう。なお、特に何もしていないのに洗濯物につくほこりが一気に増えたという場合は、洗濯機の寿命がきている可能性があります。調子が悪くなる前に買い替えを検討してみましょう。10年以上使用している場合は、いつ寿命を迎えてもおかしくありません。