省エネリフォームで暮らしやすい住宅に! 注意点や業者選びのコツは?

家のリフォームをする際に省エネリフォームを取り入れようと検討している人もいるでしょう。
より住みやすい環境を手に入れるためにも省エネリフォームはとてもおすすめです。

ただ実際に省エネリフォームを行う場合には、補助金や減税制度について正しく理解してからリフォームを始めなければなりません。
あまり深く考えずに省エネリフォームを始めると、補助金や減税制度の対象にならなかったという事態になってしまうことも考えられます。

今回は省エネリフォームを成功させるために知っておきたい知識についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

1.省エネリフォームとは?

1-1.省エネリフォームについて

省エネリフォームとはなにかというと、それまでよりも過ごしやすい家になるように省エネを目的として行うリフォームのことをいいます。
例えば夏場はとても暑くて一日中エアコンや扇風機をつけていなければとてもじゃないけれど生活できないという家もあるはず。

その場合、断熱性が高くなるようにリフォームをすることによって省エネ効果が生まれます。
夏場や冬場は特に電気代の請求額が高くなってしまいますが、省エネリフォームをすることによって電気代を抑え地球にも優しい住まいを作れるでしょう。

1-2.国の省エネルギー対策について

近年騒がれている問題といえば、地球温暖化に関することです。
そこで、国はさまざまな地球温暖化対策を強化してきました。

住宅の省エネ対策もその一つです。
施行をする際には必ずしも省エネ対策を取らなければ何らかの罰則があるというわけではないのですが、住宅でも省エネを意識した施行をするよう指針が出されています。

2.どのようなリフォーム方法がある?

2-1.窓のリフォーム工事

省エネリフォームで減税を受けるためには、まず窓の改修工事を行う必要があります。
というのも、夏場に室内に入ってくる熱のうち約70%が窓から侵入してくると言われているからです。
これは冬場も同じで、窓を通して50%もの熱が外に逃げていきます。

そのため窓を省エネ対策が施されたものにリフォームをするだけで高い断熱効果があることがわかるでしょう。
窓のリフォームといってもさまざまな方法があります。
硝子を交換したり、現在ある窓の内側に内窓を設置する方法、現在ある窓は取り除いて新しい断熱効果が高い窓に変更する方法が一般的です。

窓の改修工事は全部屋で行う必要はないのですが、全部屋の窓の改修工事を行わないと所得税の控除は受けられないので注意しましょう。
一部の部屋の窓のみ断熱工事を行った場合は固定資産税の減税しか受けられません。

2-2.断熱工法について

省エネリフォームの中でも人気が高いのが断熱工法です。
夏は涼しく冬は暖かいという理想的な空間を実現するためにも断熱性を向上させることはとても重要だと言えるでしょう。

断熱効果が高いと言われるのは外断熱工法と呼ばれるものですが、こちらは費用が割高になってしまうというデメリットがあります。
結露が少ないというのは大きな魅力ではあるものの、費用と相談をしながら検討する形になるかもしれません。

内断熱は日本で建てられている多くの住宅に採用されている断熱方法です。
外断熱に比べると結露が発生しやすいといったデメリットはありますが、費用を抑えられるというのが魅力の工法になります。

2-3.省エネリフォームの減税制度

省エネリフォームの要件を満たした場合、個人で生じた所得を対象に課金される所得税の控除を受けることが可能です。
ただ注意しなければならないこととして、省エネリフォームの要件を満たしていても自動で免税されるわけではありません。

工事を実施した後、自分で確定申告の際に手続きをしなければならないのです。
また先に紹介したように全窓の改修工事を行わないと所得税の減税は認められないので注意しましょう。

一部の窓のみ改修工事した場合は固定資産税の減税が受けられますが、どの場合も工事費が50万円を越えていないと減税の対象にはなりません。
これは窓の改修工事のみで50万円を越える必要があるのではなく、窓の改修工事に加えて床・天井・壁の断熱工事を行った際にかかった費用も含まれます。

次に、工事費用を自己資金でまかなう投資型、ローンを利用するローン方で控除額が変わってくるということを理解しておかなければなりません。
固定資産税の減額は家屋に関わる税額のうち1/3が1年間減額され、投資型は工事費用の10%が1年間控除されます。
ローン型の場合は工事費用における年末ローン残高のうち1%が5年間にわたり控除される形となるので、これらの違いをチェックしておきましょう。

また補助金についても利用できる場合があるので、施工業者などに確認しておいたほうがいいですね。

3.リフォーム業者に依頼する際の注意点

3-1.評判の良い業者を選ぶ

リフォームをするとなると数十万円といった費用がかかることになるので、業者選びは慎重に行わなければなりません。
そこで、事前に業者の評判を調べてみてはどうでしょうか?

インターネット上で調べる他、実際にそのリフォーム業者を利用したことがある知り合いを探して話を聞くというのもおすすめの方法です。
口コミ情報を探した時にすぐに悪い評判が出てくるような業者を選ぶと、大きなトラブルにつながってしまうこともあります。

3-2.自分の希望が通るか確認

省エネリフォームをするといっても、ただ省エネにつながればいいというわけではありませんよね。
デザインや機能の点でも希望があるはずです。

自分の理想通りのリフォームを行うためには、話をよく聞いてくれる業者を選んだほうがいいでしょう。
こちらの意見を全く聞いてくれず、勝手に話を進めてしまうような業者では思い通りのリフォームはできません。

高い費用をかけたのに満足のいかない結果になってしまったということがないように気を付けましょう。

3-3.アフターメンテナンスがあるところを選ぶ

他の業者と比較した際に安い業者を見つけて依頼したところアフターメンテナンスがなかったり、無料でメンテナンスしてもらえる期間が非常に短いというケースもあるようです。
しばらくしてから不具合が見つかってしまった時のことを考え、アフターメンテナンスを取り入れているところを選びましょう。

中にはアフターメンテナンスを実施しているもののいつ電話をかけてもつながらず、結局はメンテナンスが依頼できないような悪質な業者もあります。
事前に伝えられている電話番号にかけてみるなどして対策を取るといいですね。

まとめ

いかがでしたか?

  • 省エネリフォームに関する基礎情報
  • リフォーム方法などについて
  • 業者に依頼をする場合には何に注意すればいい?

以上のことについてご紹介しました。
気になるリフォーム業者を見つけた際にはすぐに注文をするのではなく、まずは見積もりから依頼したほうが安心です。
見積もりが有料ということころもありますが、無料見積もりを実施しているところのほうが安心して頼めるでしょう。

資料が用意されている場合は先に資料請求をすれば、どのようなリフォームを行っているのか細かくわかります。
不安が残っている状態でリフォームを進めてしまうのはよくないのでしっかり説明してくれる業者を選び、省エネリフォームを成功させましょう。