お風呂のカビ対策をしたい人へ! 簡単&スッキリ掃除するコツを伝授!

「お風呂にカビが生えて困っているので、よい対策方法を知りたい」「なるべく簡単で効果の高いカビ対策方法はないか」とお考えではありませんか? お風呂にカビが生えると見た目に悪いだけでなく、お風呂の素材を傷めてしまう点もデメリットです。それに、カビが生えた状態では、アレルギーなどの健康被害も心配でしょう。まずは、どんな原因でお風呂にカビが生えるのかを理解し、正しく除去・予防することが大切です。

そこで今回は、お風呂のカビ対策について詳しく解説します。

  1. お風呂にカビが生える原因は?
  2. お風呂のカビを掃除する方法は?
  3. お風呂のカビを予防する方法は?
  4. こんなときはプロに依頼するのがおすすめ
  5. お風呂のカビ対策に関するよくある質問

この記事を読むことで、お風呂のカビ対策を効率よく行うコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.お風呂にカビが生える原因は?

最初に、お風呂にカビが生えてしまう主な原因を見ていきましょう。

1-1.高温

お風呂の室内はお湯の蒸気で温まりやすく、カビが繁殖しやすい条件が整っています。また、夏場はお風呂を使っていない時間でも室温が一定以上になり、カビが生えやすくなっているので注意してください。特に、室温が20~30℃になると活発に繁殖するので、カビ対策を行うことが大切です。

1-2.多湿

お風呂は、多湿になりやすいのもカビが生えてしまう原因の一つです。具体的には、湿度が60%以上になると、活発に繁殖するようになります。また、なかなか乾きづらいことも、カビが繁殖しやすい原因といえるでしょう。特に、換気扇や窓がない、換気扇の働きが悪いといった場合は、短期間でカビが大繁殖しやすくなります。

1-3.汚れがたまりやすい

汚れがたまりやすいことも、お風呂にカビが生える原因です。お風呂には、皮脂汚れ・石けんカス・抜けた髪の毛・角質汚れ・ホコリなど、あらゆる汚れがたまります。汚れはカビのエサとなるため、掃除が不十分だと思わぬ大繁殖につながるので注意してください。特に、お風呂の隅やものの陰になる部分は汚れがたまりやすいので、きちんと掃除することが大切です。

2.お風呂のカビを掃除する方法は?

お風呂のカビを掃除する方法を詳しく解説します。

2-1.お風呂のカビ掃除前に準備すること

お風呂のカビ掃除をする前に、以下の準備をしておきましょう。

  • 窓を開けたり換気扇を回したりして換気をよくしておく
  • 汚れてもよい服装に着替え、ゴーグル・マスク・ゴム手袋をはめる

なお、酸素系漂白剤や市販のカビ除去剤などを使用するときは、必ず使用上の注意をよく読んで理解しておくことが大切です。

2-2.お風呂のカビを掃除する方法

お風呂のカビを掃除する方法を3つご紹介します。

2-2-1.消毒用エタノールを使用する

お風呂のカビ掃除は、消毒用エタノールを使うと効果的です。詳しい手順は、以下をご覧ください。

  1. 下準備としてカビが生えている部分をキレイに掃除し、よく乾かす
  2. 消毒用エタノールをスプレー容器に入れ、カビが生えている部分にたっぷり塗布する
  3. よく乾かして完了

消毒用エタノールは、カビ除去剤などに比べて安全性が高く、小さな子どもや高齢者がいる家庭でも安心して使えるのがメリットです。

2-2-2.酸素系漂白剤を使用する

お風呂のカビ掃除では、酸素系漂白剤を使用することも可能です。具体的な方法は、以下を参考にしてください。なお、酸素系漂白剤は液体なので、片栗粉と混ぜてペースト状にしてから使うと便利です。

  1. カビが生えているところを掃除して、よく乾かす
  2. 酵素系漂白剤に片栗粉を入れて練り、ペースト状にしたものを厚めに塗る
  3. 上から食品用ラップを重ねて20分程度放置する
  4. 時間が経過したら食品用ラップを外し、2をヘラなどで取り除く
  5. 水でよく洗い流し、から拭きして仕上げる

2-2-3.市販のカビ除去剤を使用する

しつこいカビには、市販のカビ除去剤を使用することもできます。たとえば、タイルの目地やドアのゴムパッキン部分など、カビの根が深い部分に使用してみるとよいでしょう。カビ除去剤の成分が奥深くまで浸透し、カビを効率よく退治できます。なお、市販のカビ除去剤は強い成分を使用しているため、人によっては頭痛や気分が悪くなる原因になることがあるので十分に注意してください。

3.お風呂のカビを予防する方法は?

お風呂のカビを予防する方法について詳しく解説します。

3-1.換気をよくする

お風呂の換気をよくすることは、カビ対策の基本です。お風呂には、想像以上に湿気がこもっています。お風呂を使った後や掃除で水を使用した後は、窓を開けたり換気扇を回したりして湿気を逃がしてください。できれば、24時間換気扇を回したままにしておくのが理想です。

3-2.浴槽にふたをしておく

浴槽にふたをしておくことも、カビ対策に効果的です。防災のために浴槽に水を張る習慣がある、家族が続けて入るのでお湯を抜かないといった場合は、必ずふたを閉めるようにしてください。浴槽にお湯や水が張られたままだと、水蒸気が発生してお風呂の壁や床に水滴となって付着します。すると、周辺の汚れと混ざってカビが繁殖しやすくなってしまうからです。

3-3.こまめに掃除する

お風呂をこまめに掃除し、汚れをためないことも重要なポイントです。汚れがあるとカビのエサとなって大繁殖しやすいので、隅々までキレイにしておきましょう。汚れたら放置せず、すぐに掃除してください。理想は、入浴した都度掃除することです。特に、入浴直後は汚れが付着したばかりなので、簡単に落とすことができます。掃除をした後は、50℃程度のシャワーをかけて殺菌し、さらに冷水をかけて温度を下げておくとカビ対策に効果的です。最後に、水気をよく拭き取り、窓を開けたり換気扇を回したりして十分に乾燥させてください。

4.こんなときはプロに依頼するのがおすすめ

お風呂のカビ対策は、プロの業者に依頼することもおすすめです。

4-1.お風呂のカビ対策を業者に依頼すべき場合は?

以下のような場合は、お風呂のカビ対策を業者に依頼することをおすすめします。

  • カビが広範囲に生えている
  • 天井など高所に生えている
  • 何回掃除してもカビが生えてきてしまう
  • 高齢などの理由でカビ対策が大変
  • 多忙でカビ対策を行う時間がない

4-2.お風呂のカビ対策を業者に依頼するメリット

お風呂のカビ対策を業者に依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • 時間と労力を節約できる
  • 都合のよい日時を指定できる
  • 自分では手が届かない部分まで対策してもらえる
  • 仕上がりがキレイ
  • 今後自分で掃除するのが楽になる

お風呂のカビ対策で悩んでいるのなら、思いきって業者に依頼してみるとよいでしょう。

4-3.信頼できる業者を選ぶポイント

お風呂のカビ掃除は、以下のような条件を満たす業者に依頼しましょう。

  • ハウスクリーニング業務で豊富な実績がある
  • 丁寧な作業と高品質な仕上がりで定評がある
  • 現場視察および見積もりは無料
  • リーズナブルで分かりやすい料金システム
  • 都合のよい日時で作業してもらえる
  • 担当者の感じがよくてコミュニケーションを取りやすい
  • 顧客からの評判がよい

4-4.やってほしいことを明確に伝えること

お風呂のカビ対策を業者に依頼するときは、やってほしいことを明確に伝えることが大切です。何も言わなくても分かってくれるだろうと考えるのはやめましょう。やってほしいことを、分かりやすく文書で伝えることが大切です。反対に、「すべてお任せします」と伝えた結果、業者の判断で壁材や天井材を交換してしまい、多額の費用を請求される可能性もあります。思わぬトラブルを避けるためにも、業者とのやり取りではやってほしいことを明確に伝え、不明な点を残さないようにしましょう。

4-5.お風呂のカビ対策を業者に依頼した場合の費用目安

業者にお風呂のカビ対策を依頼した場合、費用目安は1.5万~2.5万円程度です。実際には、カビが生えている範囲などによって金額が上下します。また、防カビコーティングなどのオプション作業を依頼すると、2万~3万円程度上乗せになることもあるでしょう。より詳しい金額については、業者から見積もりをもらって確認してください。

4-6.業者がお風呂のカビ対策を行う方法や流れ

業者にお風呂のカビ対策を依頼した場合、具体的には以下のような方法や流れで進みます。

  1. 業者にお風呂のカビ対策について相談し、見積もりを依頼する
  2. 業者が現場視察を行って見積もりを出す
  3. 見積もりの内容をチェックして問題がなければ正式に依頼する
  4. 指定日時に業者がやってきてお風呂のカビ対策を行う
  5. すべての作業が完了したら業者と依頼者で確認して完了

4-7.悪質業者の手口に注意すること

悪質業者の手口には十分に注意してください。まずは、以下のようなポイントに当てはまる業者と契約しないことが大切です。

  • 平日の昼間などに突然訪問してきたりしつこく勧誘電話をかけたりしてくる
  • 「キャンペーン中で今だけ8割引きで契約可能」などとお得感を前面に出してくる
  • 「無料見積もりだけでも」と何かと理由を付けて家に上がりたがる
  • きちんと断っているのにしつこく居座る
  • 強い言葉や態度で契約を迫る
  • こちらが要求しても社員証や名刺を提示しない
  • 明確な料金システムがなく、相場より大幅に高い
  • 顧客からの評判が悪い
  • スタッフの言葉遣いや態度が悪い

悪質業者と契約すると、料金が高い割には仕上がりが悪い、依頼していない作業まで勝手に進めるなど、トラブルに巻き込まれて不快な思いをすることがあります。安心してお風呂のカビ対策を依頼するには、この記事の「4-3.信頼できる業者を選ぶポイント」を参考にし、信頼できる業者を選んで依頼してください。

5.お風呂のカビ対策に関するよくある質問

最後に、お風呂のカビ対策に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.お風呂に生えるカビの種類は?
A.以下を参考にしてください。

  • 黒カビ:黒~灰色のカビで浴室全体に広がりやすく、嫌な臭いを伴いやすい
  • 赤カビ:ピンク~赤褐色のカビで、お風呂の壁や床のほか、洗面器などにも見られる
  • 青カビ:緑色のカビで、お風呂の壁や床などに多く発生する

Q.お風呂のカビ対策を行う頻度は?
A.1~2週間に1回を目安にするとよいでしょう。ただし、カビが目立つときはすぐに対策して繁殖を広げないようにすることが大切です。

Q.先週掃除したばかりなのにまたカビが生えてしまったのですが?
A.前回の掃除できちんとカビを落としきれていないことが原因です。また、きちんと落とすことができても、高温多湿の環境を改善できていなければカビが再発してしまいます。

Q.複数のカビ取り剤を混ぜると危険だと聞いたのですが?
A.はい。特に、酸性のカビ取り剤と塩素系のカビ取り剤を混ぜると、有毒ガスが発生して大変危険です。また、クエン酸と塩素系カビ取り剤を混ぜるのも同様に危険なので絶対に避けてください。カビ取り剤は、必ず単体で使用することが大切です。

Q.市販のカビ取りブラシを使用するときの注意点は?
A.市販のカビ取りブラシを使う場合は、力を入れ過ぎないように注意してください。お風呂の素材を傷める原因になります。お風呂の素材を傷めずにカビを除去するには、この記事の「2-2.お風呂のカビを掃除する方法」でご紹介した方法で掃除するのがおすすめです。

まとめ

今回は、お風呂のカビ対策について詳しく解説しました。お風呂は、高温・多湿・汚れやすいなど、カビが繁殖しやすい条件がそろっています。カビが繁殖すると、見た目によくないだけでなく、生えた場所の素材を傷める原因になるので注意してください。また、アレルギーなどの健康被害も心配です。カビを発見したら、速やかに掃除すると共に、繁殖しないよう予防に努めましょう。なお、お風呂のカビ対策は、プロの業者に依頼することもできます。いったんプロに隅々までキレイにしてもらうと、その後のお手入れが簡単になるなどメリットも多いので、検討してみるとよいでしょう。