形見処分の仕方が知りたい! 処分例や注意点、遺品整理業者について

「形見」にはさまざまなものがありますが、貴金属や思い出の品など処分に困りがちなものも出てくるでしょう。要らないものなら不用品として処分できます。しかし、処分方法や、処分しても良いのか分からないものは、どのように捨てたら良いのか分かりませんよね。間違った方法で処分すれば、不法投棄などトラブルになる可能性もあります。また、不用品が大量にある場合は、自分で処分するのが大変ですよね。そこで、本記事では、形見の処分の仕方やスムーズに処分する方法について解説します。

  1. 形見処分の基礎知識
  2. 形見の処分の仕方は?
  3. 形見の処分~遺品整理業者に依頼する場合
  4. 形見の処分に関してよくある質問

この記事を読むことで、形見処分の具体的な方法と、遺品整理業者へ依頼するポイントが分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.形見処分の基礎知識

まずは、形見の基礎知識を押さえておきましょう。本当に残しておきたい形見を処分しないためにも大切なことです。それでは早速解説します。

1-1.形見とは?

形見は別名「遺品」とも呼ばれ、亡くなった人や別れてしまった人が残したものを指しています。その人を思い出すよりどころになるもので、「形を見る」という由来があり、いなくなってしまった人が形になって見えるように感じられるものという意味が含まれているのです。また、形見を親族など親しい人で分けることを「形見分け」といい、基本的に葬儀が終わり一段落ついた「四十九日」に行われます。

1-2.どんなものが形見になるのか?

形見になるものはさまざまですが、大まかに分けると「宝石・貴金属」「骨董品」「衣類」「家電・家具」の4種類があります。特に、ネックレス・指輪・ブレスレット・お皿・壺・掛け軸など価値のあるものは、代表的な形見です。衣類では着物やスーツ、家電・家具ではブランドや人気メーカーなど価値あるものが当てはまるでしょう。ただし、思い出アルバムや写真など、他人にとっては価値がないものでも、故人との思い出深いものならそれが形見になることもあります。

1-3.形見で困るものは?

大切に保管しておきたい形見がある一方で、残されて困るものもあります。たとえば、大量の書籍・CD・DVD、故人のコレクションなどです。書籍は価値が理解できる人にとっては価値あるものですが、理解できない人や興味のない人にとっては邪魔なものとなります。また、故人のコレクションも同じです。興味のない人から見ると、ガラクタの塊にしか見えないでしょう。しかし、その中には高価買取が期待できるものもあるので、十分に見極める目を持っておかなければなりません。

2.形見の処分前に知っておきたいこと

では、形見の処分前に知っておきたいことをまとめて紹介しましょう。

2-1.処分する前にチェックすべきこと

要らない形見をすべて処分する前に、今一度「本当に処分して良いのか?」と考えてみてください。たとえば、故人が着ていた着物は、あなたにとって必要ないものでも、ある人にとっては「形見」に近いものになるかもしれません。また、お茶を習っている年配の方や、着物をリメイクしている方にとっては「必要なもの」でもあります。自分にとって価値のないものでも、ほかに欲しがっている人がいないか確認してください。

2-2.処分で押さえておきたいポイントは?

「すべて大切なもの」と、残しておきたい形見がたくさんある場合は、いつまでも整理整頓ができず片付きません。本当に残しておきたいものだけ選びましょう。そして、写真や書類などはデータ化して残すのもポイントの1つとなります。特に、故人が映っている大量の写真を残したい場合は、データ化したほうが場所を取りません。整理しやすくもなるので、ぜひデジタルデータとして整理してみてください。

3.形見の処分の仕方は?

要らない形見や残されて困るものを処分する場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。ここでは、よくある形見ごとの処分方法と、供養が必要な形見について解説します。

3-1.よくある形見の処分例を紹介

代表的な形見の「宝石・貴金属」「骨董品」「衣類」「家電・家具」に分けて処分例を紹介します。

3-1-1.宝石・貴金属

ネックレス・指輪・ブレスレットなどの宝石・貴金属は、処分ではなく「買取」がおすすめです。買取業者やリサイクルショップなどでは高く買取を行っているところもあるので査定を依頼してみてください。また、親族や故人と親しい人の中には、欲しがっている人がいる可能性もあります。勝手に1人ですすめてしまうと、後でトラブルになるおそれもあるので注意しましょう。

3-1-2.骨董品

骨董品も宝石・貴金属と同じく、高く売れる可能性があります。骨董品を収集しているコレクターもいるので、急いで処分しないように注意しましょう。たとえ、「ガラクタ」に見えるものでも、骨董品は「希少性のある古美術品」として扱われることもあります。骨董品の買取専門店またはリサイクルショップ・不用品回収業者に査定を依頼してください。中でも、骨董品の知識が豊富な専門店のほうが、高く売れる可能性があるのでおすすめです。

3-1-3.衣類

まず、着物・スーツなど価値の高い衣類とそのほかに仕分けましょう。さらに、自分で着るものや残しておきたいものに区別し、要らないものは処分してください。価値のある衣類は、買取に出すか、欲しがっている人に譲るのも選択肢の1つです。また、「大量の衣類を処分するのがもったいない」と感じている方は、団体に寄付すると良いでしょう。貧しい国を支援するために古着を送っている団体もあります。社会貢献として、古着が役に立つはずです。

3-1-4.家電・家具

動作確認ができ、製造年月から経過していない家電や、ブランド・アンティーク家具は高く売れる可能性があるので「買取」がおすすめです。買取不可の場合は、不用品回収業者などに依頼すると良いでしょう。エアコン・冷蔵庫・洗濯機・テレビの4品目は「家電リサイクル法」の対象製品となっているため、自治体での処分ができません。ゴミ捨て場に置くと不法投棄扱いになってしまうので注意してくださいね。

3-2.供養が必要な形見は?

位牌(いはい)や仏壇など「魂」が宿る場所は、供養をしてから処分しなければなりません。供養が必要な形見は、お世話になっているお寺や仏具店に供養をお願いしましょう。仏具店の中には、供養と処分を同時に受けつけているところもあります。また、不用品回収業者の中にも、回収品の供養を行っているところがあるので依頼前に確認してください。

4.形見の処分~遺品整理業者に依頼する場合

形見の処分を遺品整理業者に依頼する際、知っておくべき内容をまとめて紹介します。

4-1.依頼するメリットは?

遺品整理業者に依頼する大きなメリットは、遺品整理と形見の処分が同時にできることです。自分で残すものと捨てるものを仕分けたり、要らないものを処分したりする手間と時間がかかりません。一気に遺品整理ができるので、時間のない方や遠方に住んでいる方などにはおすすめの方法といえるでしょう。また、買取と処分を行っている業者なら、買取可能なものを売ることができます。買取できるものが多くなるほど処分費用が節約できる点も、大きなメリットといえるのではないでしょうか。

4-2.業者選びのポイント

遺品整理を業者へ依頼する方が増えると同時に、「不当な料金を請求された」「残しておきたい形見を処分された」など、悪徳業者との間でトラブルも続出しています。悪徳業者と優良業者を見極めるために、業者選びの際は以下のポイントに注目してください。

  • スタッフの対応が丁寧でスピーディー
  • 遺品整理業の実績がある
  • 整理前にヒアリングをきちんと行っている
  • 料金システムが明確になっている
  • 分からないところも丁寧に説明してくれる
  • 遺品整理士が在籍している
  • 口コミ・評判が良い
  • 無料相談・無料見積もりを受けつけている

4-3.作業方法は?

遺品整理業者の作業は、部屋の下見から始まります。下見をした上で具体的な見積もりを提示し、納得すれば契約成立→遺品整理を行う流れです。いざ、遺品整理を始める際は、部屋の中にある大きなものから片付けていきます。事前にヒアリングした内容をもとに、要るものと要らないものへ仕分けを行うのです。そして、要らないものは処分し要るものはきちんと保管します。業者によっては買取を行ったり、クリーニングサービスが含まれたりするところもあるので、説明を受ける際に具体的な流れを確認してください。

4-4.料金の相場はいくらか?

部屋の広さ・不用品の量・部屋の状態などで料金が異なります。たとえば、1R・1Kの場合は作業員人数が1~2名程度で約3万~8万円が相場になるでしょう。部屋の間取りと作業員人数が増えるたびに、相場も高くなります。具体的な料金を知りたい方は、無料見積もりを利用してください。

4-5.ヒアリングと事前確認が大事!

遺品整理業者に依頼する前に、ヒアリングと事前確認を入念に行っておきましょう。ヒアリングでは、形見として残しておきたいものと、要らないものを業者へ伝えます。ここできちんと聞いてくれない業者は、後でトラブルになる可能性が高いでしょう。また、どこからどこまで作業をしてくれるのかも要チェックです。

4-6.どこに相談すべきか?

遺品整理業者の中には、無料相談を受けつけているところがあります。無料相談をどんどん利用し、丁寧な対応をしてくれる業者を選んでください。無料相談は、悪質業者と優良業者を見極めるポイントでもあります。

5.形見の処分に関してよくある質問

形見の処分に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.パソコンやスマホを処分する際の注意点は?
A.パソコンやスマホには、外部に流出すると危険な個人情報・クレジットカード情報などが含まれています。そのまま処分するとデータが流出し悪用されるおそれがあるため、きちんと消去しなければなりません。専用ソフトを使用するか、物理的に破壊する方法がありますが、不安な方はデータ消去サービスを行っている業者に依頼すると良いでしょう。

Q.ネットオークションで売るメリット・デメリットは?
A.形見をネットオークションに出品すれば、買取不可のものが売れる可能性があります。しかし、自分で梱包(こんぽう)し、落札者へ送らなければなりません。手間と時間がかかるのが、ネットオークションのデメリットといえるでしょう。また、近年は、「商品を送ったのに入金されなかった」など、落札者と出品者の間でトラブルも相次いでいます。トラブルが不安な方は、ネットオークションを利用しないほうが良いでしょう。

Q.不用品回収業者の回収方法は?
A.宅配回収・出張回収・店頭持ち込みの3つの方法があります。大量の不用品がある場合は、出張回収を利用すると良いでしょう。自分のペースで処分したいなら宅配回収、すぐに処分したいなら店頭持ち込みと、そのときの状況に合った方法を選んでください。

Q.親族同士で形見を分ける際の注意点が知りたい
A.形見を処分した後で、親族同士のトラブルにならないよう形見分けは必ず親族が集まるときに行ってください。葬儀が落ち着いた後の「四十九日」が理想です。親族同士で形見分けを行えば、「自分が欲しかったのに処分した」というトラブルも防げるでしょう。

Q.高く売るポイントは?
A.形見を高く売りたい方は、キレイに掃除してください。たとえば、家具・家電・衣類などはキレイに掃除しクリーニングしたほうが買取額がアップします。また、家電類は取扱説明書など付属品を一緒に提示すると高額買取が期待できるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 大切な形見だからこそ、保管すべきものと処分すべきものをきちんと区別しておかなければなりません。また、処分方法がわからないまま形見を処分すれば、不法投棄や情報流出などトラブルになることもあります。後悔しないためにも、きちんと形見の処分の基礎知識をチェックしてくださいね。そして、大量の不用品がある場合は、遺品整理業者または不用品回収業者など専門業者に依頼するのも選択肢の1つです。業者へ依頼する際は、安心してお願いできる業者を見つけることがポイントとなりますよ。