手元供養の方法を知りたい方は必見!手元供養の簡単マニュアル!

手元供養の方法を詳しく知りたい方のために、今回は、手元供養の簡単マニュアルをお届けしましょう。
もしも、親が亡くなったときに手元供養を考えている人は、この記事で詳しい知識が身につき、今ある疑問も解決できることでしょう。

それでは、手元供養の基礎知識や具体的な方法などを見ていきましょう。

1. 手元供養とは具体的にどういうもの?

まず、手元供養について、具体的に学んでいきましょう。
案外、私たちも基本的な部分を理解できていないかもしれませんからね。

1-1.手元供養の基礎知識を学ぼう

さて、手元供養とはいったいどんなものなのでしょう。
人が亡くなった場合、一般的には火葬されて墓地に埋葬されます。
墓があるのも、故人の遺骨を埋葬するためにほかなりません。
ですが、その遺骨や遺灰の一部を墓に埋葬せず、文字どおり手元において供養を行うのが、手元供養なのです。
わざわざ墓参りに行かずとも、故人の思い出とともに暮らしながら行う、新しいスタイルの供養法と言えるでしょうね。

1-2.手元供養の法律上の扱い

遺骨を自宅で保管することは、法律上問題ないのかと不安になる人もいるでしょう。
しかし、正式に火葬をして遺骨や遺灰になった状態であれば、手元に保管しても法律上は問題ありません。
よって、手元供養を行うことは法律違反にならないので、安心してくださいね。

2.若い世代を中心に墓離れが増えている背景を考える

最近は、人が亡くなった後はお墓に埋葬されるのが当たり前、という風潮が薄れてきています。
この、若い世代を中心に墓離れが増えている背景には、どのようなことがあるのでしょうか。

2-1.少子化が進んで墓守(も)りが負担

少子化が進んだことで、先祖代々の墓守(も)りが困難になるケースが増えています。
特に、地方出身者で都会に出ている子どもが親の墓守(も)りをする場合は、墓参りに通うだけでも大変な負担でしょう。
こうした物理的な負担の大きさが、原因のひとつと考えられます。

2-2.墓地代が高騰している

地方ならまだしも、都会では墓地代がかなり高くつきます。
しかしながら、若者の年収はここしばらく頭打ちになっていますから、墓地を購入するとなると、金銭的な負担が否めません。
この墓地代の高騰により、墓地を購入しない方法での供養が好まれるようになってきたのです。

2-3.宗教観が薄くなっている

現代の若者は、特定の宗教観を持たない割合が高くなっています。
この宗教観が薄くなっていることも、墓離れの一因であることは間違いありません。
実家が仏教を信仰していても、自分は関係なく、無宗教であると感じるのですね。
人が亡くなった後は、葬式だけでなく、何年かごとに法事を行って供養するのが通例ですが、その通例ですら、最近は簡素化しているとのこと。
宗教観が薄い若者世代なら、なおさらのことでしょうね。

3.手元供養の方法や種類を詳しく学ぼう

手元供養の方法も、何種類かあります。
ここでは、主な手元供養の種類について解説していきましょう。

3-1.小さな骨つぼに入れて自宅に置く

手元供養が広まるにつれて、コンパクトなサイズの骨つぼが増えています。
デザイン性が高い物も多く、インテリアの一部のように見えるかもしれません。
部屋に遺骨を置いて、いつも故人の面影を偲(しの)びながら生活したい、と考える人に多く支持されている手元供養の方法ですね。

3-2.ペンダントやアクセサリーの中に入れて身につける

遺骨をほんの少しだけペンダントやアクセサリーの中に入れて、普段から身につけるタイプの手元供養です。
物によっては、一見して手元供養用のアクセサリーとは思えないかもしれません。
この手の物は、ペンダントやアクセサリーの内部に、遺骨が納められるような空洞があるのが特徴です。
普段から、故人の遺骨を肌身離さず持っていたい、という方に好まれる手元供養の方法であると言えるでしょう。

3-3.加工してジュエリーなどにする

手元供養の方法は、遺骨や遺灰をそのまま手元に置いたり、身につけたりするだけにとどまりません。
今は、技術が発達して、なんと遺骨や遺灰をジュエリーとして再生させることもできるのです。
遺骨や遺灰からジュエリーが作られるなんて、信じられないかもしれませんね。
しかし、作られるジュエリーの種類が日々増えてきているのは、紛(まぎ)れもない事実。
特に女性の間で、実用的な手元供養の方法として浸透する可能性は高いでしょう。

4.手元供養の注意点について知っておこう

手元供養には、独特の注意点があります。
後で知らなかった、とならないように、手元供養の注意点について確認しておきましょう。

4-1.後日お墓に納骨する場合には「分骨証明書」が必要

一度分骨した遺骨でも、将来的にまたお墓に戻す可能性がないとは言えません。
その場合、後日お墓に再度納骨する際には、「分骨証明書」という書類が必要になります。
「分骨証明書」とは、骨が誰の物であるのかの証明書。
「分骨証明書」の発行は、火葬時に分骨依頼をする場合は火葬場に、後日お墓にて分骨する場合は墓地の管理者に依頼しましょう。

4-2.自分の一存だけで分骨できない場合もある

手元供養をしたいと思っても、自分の一存だけでは分骨できない場合もあるでしょう。
なぜなら、遺骨には所有者が設定されているからです。
つまり、遺骨の所有者の同意を得ないと分骨できません。
遺骨の所有者は、“祭祀(さいし)を主催する生存者”として、墓地や霊園に登録されています。
たとえば、ご遺族の中でも葬祭を取り仕切った方であったり、墓地の継承者であったりする方が指名されているでしょう。
そのため、手元供養を希望する場合には、この“祭祀(さいし)を主宰する生存者”の方の同意を得て手続きを進めてください。

4-3.悪徳業者にだまされないようにする

最近、手元供養関連でも、法外な料金を請求してくるなどの悪徳業者の存在が明らかになってきています。
故人を偲(しの)ぶ遺族の気持ちを利用していて、非常に悪質と言えるでしょう。
手元供養に関連した民間サービスを利用するときには、必ずその業者が信用に足るかどうかを見極めてからにするべきです。
こちらの事情を考えて、親身に相談に乗ってくれるか、すぐに料金の話やオプション上乗せる話に持っていこうとしないか、などチェックポイントは多数あるはず。
手元供養で後悔したくなかったら、業者の言いなりになるのではなく、ご自分でもきちんと調べて、不安や不満を残さないようにしましょう。

5.まとめ

親や大切な人が亡くなったとき、お墓に埋葬するのではなく、手元供養を考える人が増えています。
手元供養の手続きで失敗しないように、ここでもう一度まとめておきましょう。

  • 手元供養の基礎知識や背景を知る
  • 手元供養の方法や種類を詳しく学ぶ
  • 実際に手元供養を行うときの注意点を知っておく

これで、手元供養についてはひと通り理解できたことでしょう。
細かな点をひとつずつ詰めていき、後悔のないように進めてくださいね。