中庭のメリットとデメリットは?広々とした憧れの空間に!

中庭のある家はすてきですよね。ゆとりある空間が感じられ、マイホームを作るときに憧れる方も多いことでしょう。家族で過ごす時間がより楽しくなりそうです。
ニーズが高まってきている中庭ですが、ウッドデッキを配置してお茶を楽しむなど、リビングをもう1つ持っているような楽しみ方ができます。
魅力の高い中庭。メリットとデメリットを把握し、納得できる中庭を作りましょう。

1.中庭のメリットとは?

中庭を作ることで、家族が集う機会も増えそうですね。使い方しだいで、家の中で過ごすことの楽しさが広がります。憧れている方も多いのではないでしょうか? 
中庭を作ることでどのようなメリットが得られるのかをご紹介します。

1-1.日差しを多く取り込める

中庭があると、太陽光をたっぷり取り込め、日差しで部屋が明るくなります。
狭い土地だから中庭は難しいと感じている方もいらっしゃるでしょう。しかし、中庭を作ることで、本来は隣家に接して暗くなってしまうのを避けることができます。南側に中庭を作ることで、十分な日差しを得ることができるはずです。
日中に照明を使う必要がないので、光熱費の節約につながるでしょう。マイホームを作る場合、自然光をできるだけ多く取り込める間取りを意識してみてください。

1-2.通気性アップ

中庭を作ると窓が増えるため、風の通り道となります。常にフレッシュな空気を取り込むことができ、通気性アップにつながるでしょう。とても気持ちのいい空間にすることができます。
通気性がアップするメリットは、自然な風による涼しさが得られること。暑い夏でも快適に過ごせるようになります。
冬に起こることが多いカビや結露防止にも効果的です。

1-3.建ぺい率に含まれない

土地に対してどのくらいの大きさの建物を作れるかという「建ぺい率」が定められています。土地が狭いから中庭を作ることはできないと諦めているでしょう。
中庭は、建ぺい率に含まれていないため、狭い土地を有効に活用できる手段でもあります。

1-4.プライバシーが保たれる

口の字型の中庭を作ると、外部からの視線を遮断でき、プライベートな空間を保(たも)てるようになります。
部屋から中庭を通して別の部屋を見ることができ、広く感じることができるのもメリットです。平屋を考えている方は、中庭でも広々としたイメージと自然の要素をもたらすことができるでしょう。
お子さんがいる家庭では夏にプールを楽しみ、中庭でバーベキューやティータイムに使うなど、家族が集まる機会が増えて会話も弾みそうですね。
小さなお子さんが安心して遊ぶこともできるでしょう。

2.中庭があることで起こるデメリット

採光面・安全性の高いなど中庭は魅力的ですが、デメリットも知っておくべきでしょう。中庭を作るとどうしても外壁が増えてしまいます。建築費がアップするなど、マイナス面があることも知っておくべきです。
家を設計する際の参考にしてみてください。

2-1.断熱効果ダウン

中庭を囲む外壁が増える分、断熱効果に影響が出る可能性もあります。涼しい自然風を取り込めるメリットもある反面、夏は暑くなるデメリットも。
ただし、外壁性能によっても変わり、近年では断熱効果を維持できる素材を使っているケースもあり、材質選びのポイントにするといいでしょう。

2-2.排水面での不安

コの字型の中庭は、家を広く感じることができて快適です。しかし、コの字型にすることで生じる排水面でのデメリットも覚えておきましょう。
四角に囲まれた中庭では、屋根から落ちてくる雨水をプールのように溜(た)め込んでしまう恐れがあります。しっかり排水設備を考えなくてはなりません。雨水が中庭ではなく、家の外へ排水できるように大きめの排水管が必要です。

2-3.風水では凹凸はあまりよくない

風水では、凹凸がある家はあまり好まれない傾向があります。家の中心を失うことで、一家の主人の居場所をなくすなどと考えられているからです。家の一部が欠けることから、家相に影響するといわれています。
特に、高齢者の方の中には家相を気にされるケースもあるようです。
しかし、古くから日本の仏閣や京都御所などで中庭を用いた建築様式を、海外では一般的に取り入れられています。
風水で家相を決める方は少し引っかかるポイントになるでしょう。

2-4.部屋が狭くなる

中庭は建ぺい率に含まれないため、土地に対して広い家を作ることができるでしょう。しかし、中庭の分だけ家の中が狭くなってしまいます。
広めのリビングや部屋を多くしたいなどの希望がある場合、理想の家が実現できない可能性もあるでしょう。希望する間取りと比較し、中庭の必要性をしっかり検討することが大切です。

3.納得できる中庭を作るポイント

家は、簡単に作り直しができないもの。納得できる中庭を作り、満足度の高い家に仕上げたいですよね。
どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

3-1.どうして中庭が必要なのかを明確に

家庭菜園をしたい、バーベキューをしたい、子どもとの遊び場など目的を明確にすることが大切です。目的によって広さも考えなければなりません。
中庭を作ると建築費用も増加します。費用面でも予算に合うかどうかをしっかり考えておきましょう。

3-2.どんな形状に仕上げるか

中庭には、いくつかのタイプがあります。口の字・コの字・L字・H字などの形状から選ぶことができ、どの方角に作るかで異なってくるでしょう。
土地の状態や広さなどと照らし合わせ、設計時によく相談することが大切です。

4.まとめ

中庭を作る場合のメリットとデメリットをご紹介しました。家は簡単に建て直しができないもの。納得できる家作りがしたいですよね。

  • 中庭のメリットとは?
  • 中庭があることで起きるデメリット
  • 納得できる中庭を作るポイント

中庭のある家は、ゆとりある空間をもたらしてくれるもの。憧れる方も多いでしょう。
豊かな日差しで得られる明るさ・通気性のアップ・ プライバシーが守られるなど多くのメリットがあります。しかし、断熱効果ダウンや排水面での不安など、デメリットも知って満足のいく中庭を作るようにしましょう。
中庭を作る目的を明確にしておくと、広さや形状などを決める参考になります。後悔しないためにも、知識を持っておくことが大切です。