リフォームでサンルームを造る場合のメリット・デメリットとは?

サンルームやウッドデッキがある家は、とてもおしゃれな感じがします。
「家をリフォームするならば、サンルームやウッドデッキを増築したい」と思っている方もいるでしょう。
そこで、今回はサンルームの効果やメリット・デメリットをご紹介します。
サンルームを増築する場合には、どのようなことに気をつければよいのでしょうか?
また、サンルームを造るお勧めの場所もご紹介します。
リフォームでサンルームの増築を考えている方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

1.サンルームとは?

サンルームとは、大きな窓を壁や天井代わりにした部屋のことです。
日光がたっぷりと入り開放的な造りになることから、居住スペースだけでなくウッドデッキの上に建ててペットを遊ばせたりガーデニングを楽しんだりと、いろいろな用途に使えます。
また、見た目もおしゃれなので「リフォームの際にサンルームを増築したい」という方も増えているのです。

2.サンルームの種類とは?

サンルームには、居住空間としても使える本格的なサンルームと「テラス囲い」と呼ばれる簡易的なサンルームがあります。
テラス囲いの方が安価で設置できますが、気密性や水密性が低いため居住空間としては不向きです。
ですから、「雨の日に洗濯ものを干したり、寒い冬でもガーデニングを楽しんだりしたい」という場合にお勧め。
本格的なサンルームは、リビングや寝室としても使えるでしょう。
ですから、簡易的なサンルームを造る敷地の余裕がないという場合や、開放的なリビングや寝室を造りたいという場合にお勧めです。

3.サンルームの効果やメリットとは?

では、サンルームのメリットや効果にはどのようなものがあるのでしょうか?
この項では、その一例をご紹介します。

3-1.日当たりがよく、開放的な空間が生まれる

壁や天井をガラス張りにすると、日当たりがよく開放的な空間が生まれます。
たとえサンルーム自体はそれほど広くなくても、ガラス張りの窓や天井のおかげで狭さを感じません。
また、日光が降り注ぐ部屋というのはリラックス効果も高く屋内にいながら、ひなたぼっこ気分を味わえます。

3-2.雨の日でも家事がはかどる

サンルームは雨の日でも普通の部屋より気温が上がりやすいです。
ですから、洗濯ものを干すのにもぴったり。
さらに、温室効果を利用して南国の植物を育てたり冬に春の花を咲かせたりもできるでしょう。
また、最近は花粉やPM2.5の影響を考えて、晴れの日でも室内に洗濯ものを干す人が増えています。
そんなときにも、サンルームは活躍するでしょう。
ガラス戸越しに日光が降り注いできますから、花粉やPM2.5を気にすることなくお日様の光で洗濯物を乾かせます。
さらに、床を土間づくりにすれば子どもの遊び場としても活躍するでしょう。

3-3.暖房の効きがアップする

サンルームによっては、窓の外にもうひとつ部屋を造るような構造で造る場合があります。
このような造りのサンルームは、それ自体が断熱材の役割を果たすでしょう。
ですから、暖房や冷房の効きがよくなって光熱費が節約できます。
また、冬でも日光がふんだんに降り注ぐ部屋はかなり暖かくなるでしょう。
なので、サンルームをリビングとして使えば暖房費が節約できます。

4.サンルームのデメリットとは?

しかし、サンルームはメリットだけではありません。デメリットもあります。
この項では、サンルームのデメリットの一例をご紹介しましょう。

4-1.夏は暑い

日光がふんだんに降り注ぐということは、夏場の気温はうなぎのぼりになります。
特に、南向きにサンルームを造ると、1日中サウナのような状態になる場合もあるのです。
ですから、本格的なサンルームをリビングの一部に造る場合は、夏の日光対策を考えておきましょう。
出入り口に窓を取りつけて熱気が入ってこないようにしたり、窓を大きく開けられるようにしたりするだけで、熱気を逃すこともできます。

4-2.冬は寒い

囲いテラスのような簡易的なサンルームの場合は、隙間風がけっこう吹きこみます。
ですから、冬は室温が上がりきるまで時間がかかるでしょう。
「サンルームだから、冬でも1日中ぽかぽかと暖かい」というわけではありません。
特に、西や北にサンルームを造った場合は冬になると1日中寒いまま、ということもあります。
ガーデニング用の温室として利用する場合は、サンルームを過信しすぎないように注意してください。

4-3.掃除が大変

天井や壁がガラス張りだと、汚れが目立ちます。
特に、幹線道路沿いの家や庭が土の場合はほこりや排ガスでガラスがしょっちゅう汚れてしまうでしょう。
薄汚れたサンルームというのは、うらぶれて見えます。
ですから、汚れがつきにくいガラスにしたりこまめに掃除をしたりすることが大切です。
また、年に1度くらいはガラス張りの屋根も洗う必要があります。

4-4.防犯性が低くなる

サンルームに使われるガラスは、普通の窓に使われるガラスよりも強度があります。
しかし、通常の壁や天井よりも壊れやすいのです。
ですから、石や工具などで窓を壊されて空き巣や強盗の侵入経路になる場合もあります。
また、オープン外構の家ですと、サンルームの中が外から丸見えになってしまうでしょう。
外に面した場所にサンルームを造る場合は、目隠しも同時に作った方がよいですね。

5.サンルームを造る前に確認しておくこととは?

では、最後にサンルームを造る際に確認しておくことや業者に依頼する際の注意点をご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

5-1.使用目的をはっきりさせる

サンルームを増築する際は、使用目的をはっきりさせてから造りましょう。
第2のリビングとしてくつろぎのスペースにするのか、雨の日に洗濯物を干せればそれでよい、というのでは仕様が違ってきます。
また、床も土間のようにするのか室内と同じようにするのかによって、施工の仕方が変わってくるでしょう。
造った後で変更はできません。
事前にしっかり家族で話し合っておきましょう。

5-2.造る場所を考える

サンルームは日光が入らなければ意味がありません。
ですから、通常は南や東に造ることが多いです。
ただし、夏場は気温が高くなる地域では室温の上がりすぎが心配でしょう。
それに、家の構造上南や東に増築は難しい場合もあります。
このような場合は、工務店と相談して過ごしやすいサンルームを造れるように工夫する必要があるのです。
「ここでいいや」と適当に決めてはいけません。

5-3.実績が豊富な会社に依頼しよう

サンルームの工事は、実績が豊富な会社に依頼した方が満足いくものが造れるでしょう。
また、全国規模の大きな会社よりも地元密着型の会社の方が気候風土をよく知っている分、使いやすいものを造ってくれることが多いです。
業者が複数あってどこに依頼してよいか迷っているという場合は、それぞれから見積もりを取って比べてみてください。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回はサンルームの効果やメリット・デメリットについてご紹介しました。
まとめると
サンルームは第2のリビングや家事室として使い勝手がよい空間になる。
冷暖房の効果がアップすることもある。
デメリットもよく理解したうえで増築を決めよう。
ということです。
特に、リビングや寝室の一部をサンルームにしたいという場合は家族でよく話し合って、夏場と冬場の対策も考えておきましょう。