電子レンジを買取に出す方法を解説! 高値がつきやすいレンジの特徴は?

「まだ使える電子レンジが不要になったが、捨てるのももったいない。買取してほしい」と考えている人はいませんか? 電子レンジは中古市場も活発です。電子レンジを買取してくれるリサイクルショップもたくさんあります。ただし、どんな電子レンジでも買取対象ではありません。「どんな電子レンジが売れるのか知りたい」と思っている人も多いでしょう。

そこで今回は、電子レンジの買取事情や中古でも需要が高い電子レンジの特徴を紹介します。

  1. 電子レンジの中古市場について
  2. 電子レンジを買取に出す方法
  3. 自分で電子レンジの買取先を探す方法
  4. 電子レンジの買取に関するよくある質問

この記事を読めば、電子レンジを高く買取してもらうコツもよく分かるでしょう。電子レンジを買取してほしいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.電子レンジの中古市場について

はじめに、中古でも需要がある電子レンジなどについて解説します。

1-1.中古でも人気がある電子レンジは?

電子レンジには、たくさんの種類があります。単純にものを温めるだけの機種からオーブン機能やスチーム機能がついたものまで、さまざまです。多機能なレンジほど高価なため、中古でも一定の需要があります。特に、シャープの「ヘルシオ」や東芝の「石窯ドーム」など元値が4万~10万前後の高機能オーブンレンジは中古でも人気です。

1-2.新しいモデルほど中古市場では人気がある

家電は、元値が高く高機能でも発売から時間がたつほど価値が下がっていきます。また、家電は製造が終了しても修理のために部品を一定期間保管する義務があり、電子レンジの場合はそれが8年間です。そのため、販売から5年以上たった電子レンジは壊れても修理不可となるケースが多いので、高機能でも買取不可になる可能性が高いでしょう。電子レンジが不要になったら、すぐに売却することが大切です。

1-3.買取が難しい電子レンジは?

買取が難しい電子レンジは、以下のようなものです。

  • 温め機能だけの安価な電子レンジ
  • 取れない汚れ・臭いのついた電子レンジ
  • ターンテーブルや鉄板など、付属品が欠品している電子レンジ

電子レンジは調理器具なので、たとえ新しく高機能なものでも、臭いや汚れが取れないものは買取不可になりやすいので気をつけましょう。

2.電子レンジを買取に出す方法

この項では、電子レンジを買取に出す方法や高く売るコツを紹介します。

2-1.電子レンジを買取りしてくれるところは?

電子レンジは、リサイクルショップで買取してもらえます。最近は、家電専門のリサイクルショップも増えてきたので、そのようなショップを利用するのもおすすめです。今はサイトを開設しているショップも多いので、買取品目の中に電子レンジが含まれているかどうか確認してから、査定を依頼しましょう。

2-2.電子レンジを高価買取してもらうコツ

電子レンジを査定してもらう際には、可能な限りきれいに掃除し、ターンテーブルなどの付属品はすべてそろえておきましょう。外箱も残っているならつけてください。また、ショップによっては電子レンジを買取強化しているところもあります。

電子レンジの需要は、新生活が始まる前の3月から伸び始めるので、1~2月に買取強化を始める店もあるでしょう。なお、電子レンジの買取相場は価格の1割前後です。ただし、スチーム機能などがついている有名メーカー製の最新人気機種の場合は、2万~4万円前後で買取してもらえるケースもあります。

2-3.買取方法とそれぞれのメリット・デメリット

この項では、買取方法とそれぞれのメリット・デメリットを紹介します。

2-3-1.持ち込み

リサイクルショップに直接持ち込んで査定してもらう方法です。買取までの時間が短く、対面なので交渉もできます。ただし、高機能で大型の電子レンジの場合、自分では持ち運びが難しいこともあるでしょう。また、自動車など持ち運び手段が必要です。

2-3-2.宅配買取

宅配買取とは、宅配便で電子レンジをリサイクルショップへ送って査定してもらう方法です。近くに電子レンジを買取してくれるショップがない場合や、電子レンジをショップまで持っていく手段がない人には便利でしょう。

また、送料はショップ側が負担してくれるところも多いので、費用の心配がいりません。ただし、値段がつかなかったり査定額に納得できずに売買が成立しなかった場合、電子レンジを返してもらう際の送料を負担しなければならないこともあります。事前によく確認してください。交渉ができず、売買成立まで時間がかかるのもデメリットです。

2-3-3.出張買取

出張買取とは、ショップの従業員が家までやってきて査定・買取を行ってくれる方法です。電子レンジ以外にも売りたい家電がある場合や、電子レンジが大きくてショップまで持っていけないという場合に利用するといいでしょう。ただし、出張販売を行っているショップは限られており、遠方の業者に依頼すると出張料がかかるケースもあります。

3.自分で電子レンジの買取先を探す方法

ネットオークションやフリマサイトを利用すれば、自分で買取先を探すこともできます。ネットオークションやフリマサイトならば、ショップで買取不可だった電子レンジでも買い手が見つかるかもしれません。その一方で、安価でないと売却できなかったり、買取希望者とトラブルが起こったりすることもあります。

郵送の手間もかかるので、時間に余裕が必要です。出品する際は、メーカー・型番・状態を記載し、多方向から撮影した写真も載せると買い手がつきやすくなります。送料も前もって調べておきましょう。

4.電子レンジの買取に関するよくある質問

Q.レンジ機能だけの電子レンジは買取が難しいでしょうか?
A.レンジ機能だけのシンプルな電子レンジにも一定の需要はあります。高値買取は期待できませんが、製造後5年以内の製品ならば、買取してもらえるでしょう。

Q.電子レンジを輸送する際の注意点はありますか?
A.電子レンジを入れた箱に隙間があると、中でレンジが動いて衝撃で壊れるかもしれません。緩衝材で隙間を埋め、レンジが箱内で動かないようにしましょう。

Q.ネットオークションでは、製造後5年以上たった電子レンジでも買い手がつきますか?
A.つく可能性はありますが、断言はできません。

Q.電子レンジは高く売れる時期まで待った方がお得ですか?
A.前述したように、家電は時間がたつほど価値が下がるので、不要になったらすぐに売却した方がいいでしょう。

Q.電子レンジと一緒にほかの家電も売却することはできますか?
A.はい。まとめ売りを引き受けてくれるリサイクルショップも多いので、相談してみてください。

まとめ

いかがでしたか? 今回は電子レンジの買取事情や買取方法を紹介しました。電子レンジは中古でも一定の需要があるので、不要になったらできるだけ早く売却しましょう。新しいものほど高額査定が期待できます。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!