モニターの寿命は何年? ディスプレイの故障・修理や買い替え情報まとめ

今や一家に一台のパソコンですが、モニター(ディスプレイ)が無ければ全く使いものになりません。液晶モニターは、パソコンから出力される情報を写し出します。仕事・映画やドラマ・ゲームなど、パソコンとモニターは、さまざまな用途に使われるものです。しかし、モニターはいずれ寿命が来てしまいます。そこで今回は、モニターの寿命や買い替えなどについてご紹介しましょう。

  1. モニターの寿命について
  2. モニターの寿命が近い? よくある症状
  3. モニターの買い替えについて
  4. モニターの処分方法
  5. よくある質問
  6. おわりに

モニターの寿命について知りたい方や、買い替えを検討している方はぜひ最後までこの記事を読んでみてください。お役に立つ情報が満載です。

1.モニターの寿命について

まずはモニターの寿命についてご紹介します。

1-1.モニターとは

モニターとは、一般的にPC用の画面のことを言い、液晶モニター・液晶ディスプレイと呼ばれることもあります。視野角・発色・(PCからの信号を映し出すまでの)応答速度など、機種によって性能が異なるのです。

1-2.寿命について

液晶モニターは、説明書に動作保証時間が書かれています。たとえば、保証時間欄に30000時間と書かれていた場合は、製品寿命も30000時間となり、この期間は故障せずに使えることが保証されているのです。さらに、バックライトにも寿命があります。使用状況にもよりますが、約15000~50000時間となることがほとんどです。

1-3.モニターの寿命に差の出る要因とは

モニターの寿命は、使用状況や環境によっても変わってきます。気温差の激しい部屋で使ったり、画面の輝度設定を明るくしている場合は寿命が短くなりやすいでしょう。また、使用頻度が高いほど寿命は短くなります。

2.モニターの寿命が近い? よくある症状

モニターのよくある故障症状についてご紹介します。

2-1.こんな症状に注意

以下のような症状が出てきたモニターは、寿命が近づいている可能性があります。買い替えや修理を検討しましょう。

  • ちらつき
  • ノイズ
  • 点滅
  • 画面が暗くなってきた

2-2.寿命を長持ちさせる方法

モニターの寿命は、以下のような方法で寿命を長持ちさせることができます。

  • 明るさ調節をする(暗いほうが長持ちする)
  • 頻繁にオンオフしない
  • 長時間使わないときはオフにする
  • 結露や急激な気温変化・直射日光を避ける

3.モニターの買い替えについて

モニターの買い替えや修理についてご紹介します。

3-1.買い替えのタイミングについて

モニターの寿命を30000時間とすると、一日に12時間使うとして2500日≒7年程度となります。寿命が近づいてきて、上記のような症状が出てきてしまった場合はモニターを買い替える時期と言えるでしょう。

3-2.モニターの修理について

メーカーの保証期限内であれば、無料で修理を受けられます。保証期限は1~5年程度です。メーカーや機種、購入したときの申し込みなどによって異なるでしょう。保証期限をすぎたモニターは有償での修理となります。ただし、6年以上使っているモニターは、交換時期とも言えるので買い替えを検討したほうがいいでしょう。

4.モニターの処分方法

ここからは、モニターを処分するための方法やメリット・デメリットなどをご紹介します。

4-1.自治体

モニターは、PCリサイクル法の対象品目に指定されているため、基本的には自治体のゴミ回収に出すことができません。まれにPCを回収している自治体もあるので、事前に確認してみるとよいでしょう。

4-2.家電量販店

家電量販店では、店舗や時期によっては、モニターを無料もしくは数百円の手数料で引き取ってくれることがあります。ただし、店舗でモニター類を新規購入した場合にかぎられることもあるので、事前に確認しておきましょう。

4-3.メーカー回収

各種メーカーでは、使用済みディスプレイを回収しています。PCリサイクルマークがついていれば無料回収が可能です。マークがついていなくても、平成15年以降に発売されたモニターなら、メーカーのHPから無料でリサイクル申請ができる場合があります。しかし、平成15年より前のディスプレイは、3000円程度の回収費用が発生するので注意しましょう。

4-4.リサイクルについて

家電を取り扱っているリサイクルショップでは、モニターを買い取りしてもらえる場合があります。しかし、故障の症状が出てしまっているモニターは買い取り不可、もしくはかなり低価格で買いたたかれてしまうこともあるでしょう。新しく美品のモニターであれば買取価格に期待ができます。状態や動作チェックなどをするため、店舗にモニターを持ち込むなどして査定を受ける必要があるでしょう。

4-5.注意点

モニターを処分する方法はさまざまですが、どのように処分したいかを考えて方法を選びましょう。安く処分したい・高く売りたい・早く処分したい・楽に処分したい、など、状況に応じて処分方法を選ぶことが大切です。

5.よくある質問

モニターの寿命について、よくある質問をまとめました。

Q.職場や事業所で使っていたモニターを処分したい
A.企業から出たモニターなどをふくむ不用品は産業廃棄物扱いとなります。専門の業者に回収してもらってください。

Q.モニターのメーカー回収を依頼したいが、企業名が見当たらない
A.一般社団法人パソコン3R推進協会のサイトを元に、探してみてください。見つからない場合はこちらのページでチェックしてみましょう。合併や社名変更になっている可能性があります。

Q.複数のモニターを処分したい
A.一つずつメーカー回収を依頼したり、リサイクルショップを持ち込むのが面倒な場合は、買取業者や回収業者を利用するという方法もあります。業者によってはモニターなどPC類を無料で回収してくれるところもあるでしょう。

Q.あまり使っていないが古いモニターは買い取りに出せるか?
A.リサイクルショップや買取業者は、製造年度によって買い取り可否を決めていることが多いので、買い取りできない場合もあります。メーカーや型番を伝えて事前に確認してみるとよいでしょう。

Q.モニターをなるべく高く売るには?
A.モニターの買取査定基準としては、製造年度・メーカー・状態などがあります。製造年度やメーカーは変えようがありませんので、状態をよくするしかありません。なるべくきれいに掃除し、付属品や外箱・取り扱い説明書などがあればつけておきましょう。

6.おわりに

モニターの寿命や処分方法などについてご紹介しました。モニターは、使い続けていればいずれ故障したり寿命が来てしまうものです。買い替えや処分方法を考える際にあわてないためにも、あらかじめ検討しておきましょう。