外壁塗装の色を選ぶ際の注意点は? これを守れば大丈夫!

家を建てたりリフォームする際に、意外に失敗例が多いのが外壁の色選びです。
外壁塗装を業者に依頼するときに、サンプルを確認して色を選んだにも関わらず失敗する人も少なくありません。
それはいったいなぜでしょう?
そこで今回は外壁の色の選び方についてご紹介します。
外壁塗装のサンプルの正しい見方から、失敗しないコツまでこの記事を読めばわかるでしょう。
これから家を建てるという方や外壁塗装のリフォームを考えているという方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてくださいね。

1.外壁塗装の失敗例とは?

この項では、外壁塗装の失敗例をいくつかご紹介します。
よく検討したつもりでも、失敗することは少なくありません。

1-1.外壁が塗りあがったら思っていた色とは違った

外壁塗装の失敗例としてもっとも多いものが、「塗りあがった色がイメージとは違っていた」というもの。
その中でも「サンプルを見てちょうどよい色を選んだつもりなのに、明るすぎた(暗すぎた)」というケースが多いでしょう。
実は、色というのは小さい面積で見た時と大きい面積で見た時では彩度(あざやかさ)や明度(あかるさ)が異なって見えるのです。
また、サンプルは照明の下で見ますが、実際の外壁は自然光の下で確認します。
ですから「思っていたのと違う」となりやすいのです。

1-2.周囲から浮いてしまった

住宅密集地に家を建てる場合、一軒だけあまりにも他の家と外壁の色が異なると、悪い意味で目立ってしまうでしょう。
たとえごく普通の住宅に良く使われる色を選んだとしても、ベージュ色の外壁の家が立ち並ぶ中に、一軒だけブラウンの外壁の家があれば目立ちます。
また、文化財など歴史的価値のある建物などの傍に鮮やかすぎる外壁の家を建てれば、行政から注意されるかもしれません。
周囲の家の外壁全く同じにしなければならない、というわけではありませんが、とびぬけて目立たないように気配りは必要です。
また、外壁に対するこだわりがあり、どうしても黄色やライトブルーなど鮮やかな色を塗りたい、という場合は必ずご近所に確認を取りましょう。
実際に近所の家の外壁の色があまりにも鮮やかすぎるので落ち着かない、という理由で裁判になった例もあります。

1-3.外壁がすぐに汚れる

外壁は色によっては汚れが目立ちます。
幹線道路など車の通りが激しい場所に建っている家の外壁は排ガスでどうしても汚れやすいので、外壁の色を選ぶ際は業者のアドバイスを聞き、汚れが目立ちにくい色を選びましょう。

2.失敗しない外壁の色の選び方

では、外壁塗装で失敗しないためにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、外壁の色選びで失敗しないコツをご紹介します。

2-1.できるだけ大きなサンプルで選ぶ

外壁塗装の色を決める際に使われるのが、サンプルブックです。
これはいろいろな色見本が本のようになっていて、依頼者はそれを見て外壁に塗る色を決めることが多いでしょう。
しかし、このサンプルブックに塗られている色の面積はとても小さいです。
ですから実際に外壁に塗った色と誤差が生じやすいでしょう。
外壁を選ぶ際は、できるだけ大きなサンプルを見て色を決めてください。
今は大きい面積に塗った際の差異をなくすために、A4サイズの大きなサンプルも出ています。
これで差異が完全になくなるというわけではありませんが、小さなサンプルブックで見るよりは実際の色に近くなるでしょう。
また、塗料会社のホームページなどでは、実際に家の外壁の画像に色が塗れるシミュレーターソフトを公開している所もあります。
これを利用すれば、サンプルより実際の外壁の色合いがイメージしやすいでしょう。

2-2.実際に壁にあてて、自然光の下で見てみる

A4サイズのサンプルを業者から見せてもらったら、それを実際に外壁に当てて自然光の下で見てみましょう。
家の中で見るよりも実際の色のイメージに近くなります。
また、排ガスなどが多い場所は、汚れが目立ちにくい色を業者にあらかじめピックアップしてもらうと、選ぶ手間が省けます。

2-3.周囲との調和をよく考える

家の中には個性的な外壁の色がアクセントになり、名物のようになっているものもあります。
しかしそのような家は周囲に家がなかったり、個性的な色合いでありながら、周囲の風景とうまく調和しているものがほとんどです。
外国には黄色や青、赤など個性的な外壁の色も多く、それに憧れている方もいるでしょう。
しかし日本では、個性的な外壁の色の一般住宅はごくわずかです。
それに、あまり目立ちすぎると商業施設と勘違いされて、落ち着かない暮らしになるかもしれません。
どうしても個性的な色合いの外壁にしたいという場合は、周囲との調和をよく考えて選びましょう。
よく探せば個性的な色合いでも落ち着いた外壁の色はあります。

3.業者を選ぶ際の注意点とは?

では最後に、外壁の塗装を依頼する業者の選ぶ際の注意点をご紹介しましょう。
いったいどんなことに気を付ければよいのでしょうか?

3-1.安さだけに気を取られない

外壁塗装はある程度のお金がかかります。
内壁の塗装と違い、外壁塗装に使われる塗料は防水効果や断熱効果があるものが多く、その分高価になるのです。
また、広い面積に一定の厚みで塗料を塗るには技術がいります。
さらに住宅すべての外壁を塗装するには、足場を組まなければなりません。
その代金も工賃に入っていますから、どうしても値段が高くなるのですね。
できるだけお金を節約したいという場合は、安い工賃で引き受けますという業者に頼みたいと思うかもしれません。
しかし、業者の中には塗料の量を少なくすることで、手っ取り早く工賃を下げる業者もいます。
一定の厚みで塗料を塗らなければ、防水効果や断熱効果は十分に得られません。
また、すぐに塗料がはがれてしまう可能性もあるでしょう。
工賃が安いことに越したことはありませんが、安さだけで業者を決めないようにしてください。

3-2.こちらの質問に丁寧に応えてくれる業者を選ぼう

業者は外壁塗装のプロフェショナルであり、依頼主は素人です。
ですから業者が知っていて当然のことも、依頼者は知りません。
ですから依頼者の質問に答えるのは時間のムダ、と考えている業者も残念ながら存在します。
しかし、優良な業者ならば依頼人の心配をきちんと理解してくれるでしょう。
大きなサイズのサンプルも、シミュレーターも依頼者が望めば可能な限り用意してくれるはずです。
「いいから任せておけ」という業者よりも、こちらの質問や疑問に丁寧に応えてくれる業者のほうが、信頼して仕事を依頼できるでしょう。

4.おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は外壁の色を選ぶ際の失敗例や注意点をご紹介しました。
まとめると

  • 外壁の色はサンプルで見ただけでは明度や再度が異なる
  • ある程度周囲との調和も必要
  • 家の建っている場所によっては、汚れやすい色を選ばないように注意する

ということです。外壁の色は家の印象を決定づける重要なものです。
また、外壁塗装がいい加減だと、家の寿命が短くなる可能性もあるでしょう。
家に対するこだわりが強い人は、外壁の色も「この色でないとダメ」という強いこだわりがあるかもしれません。
しかし、理想どおりの色には塗れたけれど、周囲から悪目立ちしてしまったのではせっかくの素敵な家も台無しです。
外壁の色は業者ともよく相談して選んでください。