Sale

建売住宅のデメリットと注意点は?押さえておきたいポイント

みなさんは「建て売り住宅と注文住宅」どちらに、強い魅力を感じますか?

これから家の購入を予定されている方は、これらの選択肢に迷われることが多いと思われます。
そこで今回は、建て売り住宅にターゲットを絞り「建て売り住宅のメリットとデメリット」をご説明したいと思います。

1.建て売り住宅のメリット

建て売り住宅のメリットには、複雑な設計をしなくて済むという点が挙げられます。
カンタンにササッと引っ越しを済ませたいという方にとって、建て売り住宅は大きな魅力を感じるでしょう。
また、住まいやインテリアにこだわりがなく、手際よく住まいを購入したいという方にとって「建て売り住宅」は良い(購入)方法と言えます。
ただ、デザインや間取りの調整(変更)は一切できないので注意が必要です。

2.建て売り住宅のデメリット

家の購入は一生の内でも大きな買い物です。
メリットの項目でご紹介したように、たとえ引っ越しがカンタンに済ませられても、そうそうカンタンに(一軒家を)買い直せるものではありません。
特に建て売り住宅は、自分の希望の間取りに設計できないため、間取りと家具の配置がマッチしないなど「失敗しやすい」危険性が非常に高いです。あらかじめ設計が済んでいるというのは、一見便利なように見えて「窮屈に感じる」ことも多いのです。

2-1.希望が叶えられないという問題

建て売り住宅は、色やデザイン、住まいの形態にこだわりを持つ方にとって「好みの住まいにならない」可能性が高いです。引越した後に「こんなはずではなかった!」と不満をこぼしてもリフォームか建て替え、引っ越ししか選択肢が残されていないのです。

3.建て売り住宅で不満を感じないために

建て売り住宅が安く購入できたものの、実際に住みはじめると「間取りやデザインに不満が多い……」という方が後を絶ちません。こうした問題に直面したのであれば、リーズナブルでなおかつ安全・快適なリフォームを計画してみてはいかがでしょうか?

3-1.リフォームで建て売り住宅を一新させる!

リフォームは、デザインだけでなく家の補強・長く使える快適な住環境へと住まいを一新してくれます。屋内の動線とスイッチ・コンセントの配置がマッチしない、梁や柱、窓の位置が家具と合わないなど、どのような問題にもリフォームで対応・解決することが可能です。

まとめ

既に建て売り住宅を購入された方はもちろん、これから建て売り住宅を購入し、部分的にリフォームを取り入れたいという方も、ぜひ一度「リフォームに優れた設計・施工業者」に相談してみてはいかがでしょうか?無料で見積もりを出してくれるほか、住まいのあらゆる問題にもスピーディーに対応してくれます。