気になる! 水耕栽培の野菜の栄養価は? メリットや栽培用肥料・溶液について解説!

ガーデニングブームの広がりとともに、水耕栽培に注目が集まっています。
家の中でも栽培できるうえに、土がいらないので汚れる心配がありません。
ひとり暮らしでも手軽に始めることができるのが水耕栽培の最大のメリットです。
水耕栽培の中でも特に人気の高いのは野菜の栽培です。
健康に気を使う方にとって、いつでも収穫できる水耕栽培は非常に魅力的。
女性を中心に水耕栽培に関心が集まっているのも頷けます。
最近ではハウス栽培でも水耕栽培を利用するところが増えてきました。
しかし、気になるのは栽培した野菜の栄養価です。
土壌で育った野菜と比べて、水耕栽培の野菜はどれぐらいの栄養価があるのでしょうか。

栄養管理ができる水耕栽培

水耕栽培は「水につけて植物を育てる」というイメージがありますが、土の代わりに水を使うだけではありません。
水耕栽培で使われる水には肥料となる溶液が使われており、土壌に含まれている栄養素と同じ栄養が含まれています。
肥料となる溶液は人体に有害な農薬とは違い、安心して与えられるものです。
そのため、土で栽培された野菜と比べて栄養素が低いという心配はありません。
家庭で栽培する場合も溶液を利用して野菜を育てますから、土壌栽培と同じ栄養価の野菜を育てることが可能です。

土壌栽培にはないメリット

水耕栽培には土での栽培にはないメリットもあります。
最大のメリットは土の汚染や有害物質を受けないこと。
いつも清潔な環境で安心して野菜を育てられます。
そして、土で栽培された野菜と違うのはストレスが少ないことです。
実は土で栽培された野菜は根っこが土のストレスを受けたり、病気などの障害を連鎖的に受けてしまったりして環境を一定にするのが難しいのです。
それに比べて水耕栽培は生育環境が一定しており、いつでも安定して美味しい野菜を栽培することができます。
土と違って土壌から栄養が流れ出てしまうこともなく、栄養価も野菜によってばらつきが出たりしません。
均一した栄養価の高い野菜を栽培できる、メリットの多い栽培方法と言えますね。

水耕栽培の野菜の栄養価についてまとめ

  • 水耕栽培は肥料に溶液を使っており、土壌栽培と比べても栄養価は低くない
  • 家庭用の水耕栽培でも栄養価の高い野菜を作ることが可能
  • ストレスの少ない環境で野菜を作ることができる
  • 土の汚染や連鎖的な障害を受けず、生育環境が安定させられる

水耕栽培は非常にメリットの高い栽培方法です。
土での栽培に慣れていない人でも水耕栽培なら栄養価の高い野菜を手軽に作ることが可能です。
はじめての野菜作りに挑戦するか方にとって、水耕栽培はピッタリではないでしょうか?