オープン外構とクローズ外構の違いは?それぞれのメリット・デメリット

家の外構を作る際、オープン外構にするかセミクローズ外構にするかで迷われている方は多いと思います。
そこで今回はそれぞれの施工例とともに、オープン外構とクローズ外構のメリットデメリットをご紹介しましょう。
最近はオープン外構とクローズ外構の中間であるセミクローズ外構を選択する方も増えてきています。
施主それぞれに外構に対するこだわりもあると思いますが、それだけで工事を行ってしまうと思わぬ失敗をするかもしれません。
これから外構工事を行うという方や、家を建てるという方はぜひ読んでみてくださいね。

1.オープン外構とクローズ外構の違いとは?

この項では、オープン外構とセミクローズ外構の違いやそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。
家を建てる場所によっても適している外構がありますよ。

1-1.オープン外構とは?

オープン外構とは、敷地内と敷地外の境目にフェンスや塀などを作らない外構です。
アメリカの映画やドラマで、庭から直接道路に出られる住宅街が登場しますね。
あれがオープン外構です。
境界線に低い樹木などを植えることもありますが、たいていは敷地内から敷地外へすぐ出られるようになっています。
オープン外構のメリットはなんといってもその解放感です。
日本の住宅はどうしても敷地が狭いところが多いので、フェンスや塀を作ると土地がさらに狭くなり、圧迫感も増します。
しかしその反面プライバシーをどう守るか、ということが大切になってきます。
また、周りの住宅がすべてクローズ外構のところに、一軒だけオープン外構の家を作ってしまうと、悪い意味で注目を集めることになるでしょう。

1-2.クローズ外構とは?

クローズ外構とは、敷地内と敷地外を門やフェンスや、塀で囲んだ外構のことです。
住宅密集地や、都市部の住宅街はクローズ外構のお宅の割合が比較的多いでしょう。
クローズ外構の特徴は、敷地内と敷地外の境界がはっきりしているので、プライバシーが守られやすく、不審者が侵入するなどのトラブルが起こりにくいことです。
しかしその反面、狭い敷地にしっかりとした囲いを作ってしまうと、圧迫感が生まれます。
また、フェンスや塀は比較的侵入しやすいので、それを乗り越えて入ってこられるとそれらが目隠しになり、空き巣などの発見が遅れるということもあるでしょう。
また、あまりにしっかりと外壁を作ってしまうと、リフォームなどが行いにくくもなります。

1-3.セミクローズ外構とは?

セミクローズ外構とは、プライバシーを尊重したい部分にだけフェンスや塀を設け、その他の場所をオープンにする近年人気の外構です。
これならば圧迫感に悩まされることもなく、適度にプライバシーも保てます。
しかし、デザインをよく考えないと目隠しが目隠しの役割を果たさなかったり、オープンの部分から不審者が侵入したりとトラブルが発生する可能性もあるでしょう。

2.外構の選び方のポイントとは?

では、実際に家を建てる時、どのようなことを基準に外構を選べばよいのでしょうか?
この項では、外構を決定するためのポイントをご紹介します。

2-1.家の周囲の環境はどうか

まずは自宅周囲の環境を確かめましょう。
住宅街なのか、繁華街なのか、郊外なのかでもおすすめの外構は変わってきます。
夜中でも人通りが絶えないような道路沿いの家にフルオープン外構の家を作ってしまうと、プライバシーが保てません。
かといってのどかな郊外にまるで要塞(ようさい)のような家を作ってしまうと悪い意味で人目を引くことにもなるでしょう。

2-2.周囲のお宅との調和を図る

周りのお宅がすべてフルオープンの外構なのに、一軒だけクローズ外構の家を建ててしまうと、悪い意味で注目を集めます。
また、その逆にも同じことがいえるでしょう。
周りの家と全て同じにしろ、というわけではありませんが一軒だけあまり周囲とかけ離れた外構にすると暮らしにくくなります。

2-3.オープンする場所にも注意が必要

たとえば、道を歩く人に対しての目隠しはバッチリでも、隣近所への目隠し対策は考えていなかった、ということも案外多いのです。
道行く人と違って、隣近所の住人とはしょっちゅう顔を合わせますから、あまり生活が丸見えになってもつらいです。
また、塀やフェンスを隣との境に建てる際には必ず立ち会いをしてもらい、あいさつをしましょう。
勝手に建てたりするとトラブルに発展する恐れがあります。
また、樹木を垣根として使う場合は、手入れが簡単で、葉が散らばらないものを選びましょう。
ご近所トラブルの元になります。

3.外構を作る際の注意点

では、実際に外構を作る際は、どのような業者に依頼をすればよいのでしょうか?
この項では、業者を選ぶ際の注意点や、外構を決定するまでの流れをご紹介します。

3-1.業者は経験豊富なところを選ぼう

オープン外構にしろ、クローズ外構にしろ外構のデザインは業者のセンスが問われます。
外構の相談をした時に、何パターンもデザインを見せてくれるような業者ならば、経験豊富と判断しても大丈夫でしょう。
また、施主の意向を聞きつつも周りの環境との調和のとれた外構をすすめてくれる業者ならば、信頼できます。

3-2.10年後のことを考える

外構は、作って終わりではありません。長い間家族が暮らす家の顔になるのです。
ですから、今見栄えがするかどうかよりも、10年後使いやすいかどうかを優先しましょう。
たとえば、子供が小さいときに家を建てるのならば、10年後駐輪場には家族の数だけ自転車が並ぶ可能性が高いです。
さらに、ガレージに車がもう1台並ぶかもしれません。
また、敷地外との境界線に樹木を植えた場合、どれだけ育つのかも計算に入れておきましょう。
成長が早い木を植えてしまうと手入れも大変です。
さらに、果実のなる木や花が咲く木は人気がありますが、強すぎる臭いはトラブルになるかもしれません。
その上、果実は実がなったら収穫しなければ落ちて腐ります。これもこまめに手入れをしなければトラブルの元になるでしょう。

3-3.自然災害のことも考える

クローズ外構を作る際、重厚なレンガ塀を作りたいという方もいるでしょう。
しかし、レンガ塀は重く、倒れると大事故になる可能性があります。地震が多い地域は避けるか、基礎工事をしっかりと行うことが大切です。
また、あまり耐久性のない外構を作ってしまうと、大雨や台風のたびに修理が必要になるかもしれません。
気候に合った外構を作ることも大切です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はオープン外構とクローズ外構の違いや、外構を作る際の注意点をご紹介しました。
まとめると

  • オープン外構は開放感は強いが、プライバシーの心配がある
  • クローズ外構はプライバシーは完璧だけれど圧迫感がある
  • セミクローズ外構はどこを隠すかが大切

ということです。こうしてあげてみるとオープン外構もクローズ外構もそれぞれ一長一短があることがお分かりいただけたかと思います。
家を作る際は、施主も希望や要望がたくさんあるでしょう。
それらはもちろん優先されるべきですが、外構に限っては、周囲との調和や使いやすさを優先したほうが良いのです。
デザインや希望を優先した結果、非常に住みにくい家になってしまったという例もあります。
また、家族構成は変わるものという意識を持って外構をデザインしてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!