最適なエアコンの買い替え時期は? オトクに快適生活を手に入れるポイント

生活を快適に過ごすためのエアコンですが、いざ買い替えとなると少し戸惑ってしまうものです。
エアコンは買い替え時期を上手に選ぶことで、お得に買い替えをすることができます。
エアコンが壊れていないからと買い替えを躊躇しているという方のために、エアコン買い替えるのに最適な時期と買い替えのポイントについて紹介します。

・エアコンの買い替え時期1 ~電気代がどの程度節約できるのか~

エアコンの機能の中でも年々機能性を増しているのが“省電力機能”です。
エアコンの買い替え時期を考えると、エアコンを買い替えた際に省電力機能によってどの程度節約できるのかということがポイントになります。
省電力機能の目安に関してはエアコンのカタログに記載されている“COP”や“APF”という数字が目安になります。これらの数字が省電力機能の能力を現し“数値が高いほど省電力機能が高い”ということになります。
省電力を比較する際に注意すべきポイントはCOPとAPFは算出方法の異なる数値なので、COPはCOPで比較し、APFはAPFで比較することが必要であるという点です。
古いエアコンの場合にはカタログにCOPだけの記載しかない機種もありますが、その場合には買い替え予定のエアコンのCOPを比較するようにしましょう。

・エアコンの買い替え時期2 ~機能を目安に買い替えを考える~

エアコンの機能のなかでも近年は“快適性”に重点が置かれ新製品が開発されています。
エアコンの快適性を高める機能として代表的なものは“自動クリーニング機能”“空気清浄機能”“加湿機能”“遠隔操作機能”などがあります。
それぞれの機能の特徴について簡単に紹介しましょう。

【自動クリーニング機能】

エアコンのフィルター掃除を自動で行なうための昨日です。掃除後のホコリはダストボックスに溜められるタイプと屋外に自動排出されるタイプがあります。購入の際にはホコリの排出方式に注意しましょう。

【空気清浄機能】

高圧放電によって空気中のホコリを効率的に集塵するという機能です。エアコンが空気清浄機能を兼ねているので、エアコンを使用するだけで部屋の中の空気をキレイにすることができます。

【加湿機能】

乾燥してしまう時期に室温の調整に加えて加湿を行なうという機能です。
このような機能の中で魅力的な機能があった場合には、エアコンを買い替えるという判断材料になります。
新しいエアコンの機能を確認し、魅力的な機能があったという場合には買い替えを検討してみるのも良いでしょう。

・エアコンの買い替え時期3 〜エアコンの買い替えは10年程度が目安〜

エアコンの寿命に関して、メーカー側では10年を標準試用期間としています。これは、製造物責任法(PL法)によって“10年以内であれば賠償責任を負う”ということが定められているためです。実際の統計でも10年程度というのがエアコンの平均使用年数のようです。

エアコンの買い替えというのは省エネ機能や使用年数などを考慮して定めるということが大切です。

・エアコンを家電買取サービスで売って新しいエアコンを購入する

比較的に新しいエアコンであれば家電買取サービスを利用してエアコンを売り、新しいエアコンを導入するということも可能です。
買取可能なエアコンの目安は販売から5年以内が目安になります。販売から新しければ新しいほど高額買取の対象になるので、エアコンを買い替えるという場合には早めに家電買取サービスに相談するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回の記事ではエアコンの買い替え時期について3つのポイントを紹介しました。

  • 電気代がどの程度節約できるのか
  • 機能を目安に買い替えを考える
  • エアコンの買い替えは10年程度が目安

これらのポイントを押さえて最適な時期を見極めてください。
また、不要になったエアコンは製造5年以内のものなら買い取ってもらえることもあります。
まだ値段が付くうちに買い替えてしまうというのも一つのポイントですね。