片付けられない人向け、3ステップでできる「失敗しない整理整頓術」

「部屋を片付けるのが苦手」で片付け方に悩んでいるという方は決して少なくないと思います。

今回はそんな方のために、「失敗しない整理整頓術」をご紹介しましょう。「物が多すぎて挫折してしまいそう」「結局しばらくしたら元通りになってしまうのでは?」といった、よくあるお悩みにも対応しているので心配ご無用。難しいことは一切必要ありません。

1.整理整頓の基本的な考え方

実際に部屋の整理整頓を始める前に、まずは整理整頓の基本的な考え方について学びましょう。「整理」「整頓」はなにを目的に行うのか知ることで、自 分のやらなければならないことがはっきりします。さらに注意すべきポイントを押さえておくことで、失敗を未然に防ぐことができるのです。

1-1.整理整頓とは、「不用品を捨て、必要なものを配置すること」

「整理整頓」と一言でまとめてしまいがちですが、本来、「整理」と「整頓」はそれぞれ別の概念です。整理とは、「不要なものを捨てること」、そして整頓とは、「必要な物をいつでも取り出しやすい場所に配置すること」を言います。

ものを配置してから必要なものと不要なものを分けて捨てるより、あらかじめ不要なものは分けておき、必要な物だけを配置するほうが自然です。つまり整理整頓とは、「先に整理して、次に整頓を行うこと」だと言えます。

1-2.不用品は捨てるか、可能な限り数を減らそう

「整理」のポイントは、不用品を捨て、もの全体の数を減らすことです。整理が苦手な方は、ものを捨てるのが苦手である場合がよくあります。不用品を 処分できないために、ものが溜まっていき片付けられなくなってしまうのです。そんなときは思い切って「1年間使っていないもの」は不用品として処分してし まいましょう。

水着やコタツのように、特定の季節しか使わないものですら、年に1回くらいは使うもの。1年間使っていないということは、「その後の人生でも二度と使う機会のないもの」である可能性が高いのです。

しかし、なかには使う機会がなくてもどうしても捨てられない、「思い出の品」というものもあるでしょう。そうしたものは捨てるのではなく、数を減ら すという発想で処理します。「ひとつの思い出につき、ものもひとつ」という考え方で、「思い出の品」全体の量を減らしてみましょう。そして、小さなものは 専用の「思い出の品」ボックスを用意して収めておけば、場所も取らず、なくなってしまう心配もありません。

1-3.しまう場所を決め、散らかりにくくする

「整頓」のポイントは、ものを使いやすい場所に配置することで、「しまいやすく、散らかりにくく」することです。

たとえば、「着替え」のように普段から使っているものの量は、同じ人であれば日によって大きく変わるということはあまりないでしょう。「どこに何を 入れるのか」をあらかじめ決めておき、そこに別のものを入れさえしなければ、常に同じ場所に同じものをしまい続けるだけなので、部屋が散らかることはあり ません。また、あぶれた分があれば、それは余計な量だとわかるので、整理の対象にすることができます。

「着替えはこの引き出し、外出用の帽子はここ」というふうに、普段からどこになにをしまうか、収納の用途を決めておくといいでしょう。

2.失敗しない整理整頓術

ここからは、具体的な整理整頓方法を手順に沿って紹介していきます。片付けが苦手な方は、いきなり部屋の整理整頓を始めようとすると、途中で挫折し てしまうかもしれません。クローゼットやタンスの中のように比較的小さな場所から始めてみましょう。始まりは小さな場所でも、ひとつひとつ片付けていけ ば、最終的には住まい全体が整理整頓されることになるのです。

2-1.収納物を全て外に出す

まずは「整理」を始めるために、整理整頓術を実施する場所に収納されているものを全て外部に運び出し、空っぽにしましょう。

よく中にものが入ったまま「整頓」を行う人がいますが、おすすめできません。ものが入ったままでは作業の邪魔ですし、自由な発想でゼロから配置を考 えることもできないからです。どれくらい片付いたか成果がわかりにくくなってしまうこともあるので、まずは整理整頓する場所を空っぽにすることから始めま しょう。

2-2.収納物を「利用頻度別」に分ける

「整頓」を行う前に、収納物を利用頻度に応じて分別します。最後に使ったのが1年前以上前なら不用品、1ヶ月であれば「たまに使うもの」1週間以内なら「いつも使うもの」というふうに、使うものもいくつかの区分に分けましょう。

不用品は処分し、まだ使うものは次の段階で利用頻度別に収納します。

2-3.「整頓」はある程度自由でもOK

最後に「整頓」を行います。たまにしか使わないものは多少取り出しにくい場所でもOKですが、よく使うものは取り出しやすい場所になるよう、工夫して配置を変えましょう。

とはいえ、なれないうちは「元あった場所にそのまま戻す」でもOKです。一度にたくさんのものの収納場所を変えると混乱してしまいますし、どこになにを置くべきか考えすぎて片付けが進まないことも考えられます。

たとえ整頓がうまくいかなくても、整理で不用品を捨てた分、確実にものはしまいやすく、散らかりにくくなっているはずです。「失敗しない整理整頓術」の肝は、「整理を第一」に考えること。整頓はあとからゆっくり少しずつ進めても全く問題はありません。

3.「片付いた部屋」を維持する秘訣

「失敗しない整理整頓術」では、整理整頓と同じくらい「片付いた状態の維持」にも注意を払います。散らかった部屋の整理整頓よりも、片付いた状態をそのまま維持するほうがはるかに楽です。せっかく片づけた部屋なのですから、少しでもきれいな状態を保ちましょう。

3-1.収納には常に余裕を

一度片付いた部屋が再び散らかってしまう大きな理由のひとつが、「収納スペースの不足」です。収納スペースが足りていないと、今ある収納に無理やり ものを詰め込むことになります。過密になった収納は当然使いづらくなりますから、開け閉めするのも簡単ではありません。結果、さらに別の場所にものを置く ようになり、徐々に片付いた状態が崩れていくのです。

これを防ぐには、常に収納に余裕を持たせておかなければなりません。理想的には常にひとつの収納スペースに対して3割程度の空きを作っておくのが好ましいでしょう。

3-2.床に物を置かない

部屋を散らかしてしまいがちな人は、よくものを床においてしまう癖を持っています。床に物を置くようになると、床にものがおいてある状態が日常にな り、気にならなくなってしまうのです。徐々に別のものも床に置くようになり、スペースがなくなれば置かれたものの上に別のものを重ねるようになってしまう でしょう。

結果として、下になったものは取れなくなり、片付いていない状態が固定化されてしまうのです。千里の道も一歩から。床にものを置く癖のある人は今ある収納を活用する癖をつけましょう。

3-3.収納は、ものを使う場所のそばに

ものを「使う場所」と「収納されている場所」が遠いと、使った後でもとに戻すのが面倒になり、「このへんにおいておこう」という気持ちになってしまいがちです。しかし、使ったものを元と同じ場所に返さなければ、「整頓」の意味はなくなってしまいます。

もし、なにかを収納するのが面倒だと感じたら、収納自体の場所を「収納物を使う場所のそば」に移動させることを考えてください。収納スペースが使う場所のそばにあれば、取りに行くのも戻すのも簡単です。散らかりやすくなる原因をひとつ確実に減らすことができます。

まとめ

今回は、部屋の片付けが苦手な方のために「失敗しない整理整頓術」をご紹介してきました。

最後にポイントをもう一度おさらいしてみましょう。

  1. 整理整頓の基本的な考え方
  2. 失敗しない整理整頓術
  3. 「片付いた部屋」を維持する秘訣

3つのステップをこなすことで、あなたも片付いたお部屋を手に入れることができます。ぜひともチャレンジしてみてください!

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!