苦手な掃除を克服! 掃除が楽しくなる3つの方法

「掃除は面倒だから苦手」という方は少なくありません。
では掃除が大好きな方とは一体何が違うのでしょうか。
ここでは、そんな掃除が苦手な方でも克服できる3つの方法をご紹介します。
苦手な意識を取り除き、楽しく清潔なお部屋で生活できるようになりましょう。

掃除が楽しくなる方法1 音楽と共に掃除を行う

お掃除が苦手な方の多くは、掃除に集中している時間に「面倒だなぁ」「早く遊びたい」などと思ってしまっています。
それでは、掃除ははかどりませんし、楽しくすることもできません。
掃除はあくまで「やればより良い暮らしができる」手段であり、必ずやらなければならない義務ではありません。軽い気持ちで、気軽に掃除ができれば、きっと楽しくなるはずです。

掃除は手を使うので、耳で楽しみましょう! と言う事で、ここでは音楽を聞きながらの掃除をオススメします。
好きな音楽を聞きながらテンションを上げて掃除をすれば、きっとテキパキと動くことができますし、掃除をしていることに対して苦になりません。
また、気分が良いときには歌を口ずさみながら掃除をしてもいいでしょう。
手を休めず、音楽に合わせて掃除をすれば、きっと素早くきれいなお部屋が手に入るのではないでしょうか。

掃除が楽しくなる方法2 お花を飾る

人間だれしも、花はきれいなものだと潜在的に認識しています。
お部屋に花があると、自然とその周りをきれいにしたくなり、掃除もするようになるのです。

ただし、この方法はお花がきれいなものであることが条件。
ひからびてしまったお花では、逆効果になってしまう可能性があります。
常にきれいなお花を添えておけば、潜在意識できれいにするようになると言われています。

また、お花以外でもきれいな小物やインテリアでも効果的。
きれいな空間に合うものを置けば、自然とその周りはきれいにしたくなるはずです。
掃除の時間がどうしても取れないというような方は、是非この方法を実践してみてはいかがでしょうか。

掃除が楽しくなる方法3 徹底したシンプルライフを実行する

掃除が億劫になってしまう原因の一つとして、モノがあふれている事が挙げられます。
だれでも、整頓をする前にはある程度モノの量を見て着手しますが、膨大な量になるとやる気が失せてしまいます。
そういったことのないよう、シンプルな暮らしに切り替えてみるのも一つの方法です。

シンプルライフを実行するには、まずは一日がかりで「捨てる」ことを行わなければなりません。
ものをすてることができれば、部屋もすっきりと片付き、シンプルな暮らしになるでしょう。
まとまった休みの日などに、ぜひ部屋の改革を行ってみてください。

「捨てる」と言うとちょっと引いてしまう方も多いと思いますが、捨てることは決して悪い事ではありません。
今の時代、必要になればネットでいくらでも購入できますし、街を歩けばたくさんのもので溢れています。
必要になればいつでも買うことができるので、思い切って捨てる作業をしてみましょう。

まずはものを捨てて、シンプルな生活になれば、あとはモノをしまっていくだけ。
量が少ないので楽に片付けることができますし、テレビを見ながら、音楽を聞きながらなど意識しなくても掃除をすることができます。
自分で掃除をしやすい環境を作るということが重要なのです。

まとめ

以上、苦手な掃除を克服する3つの方法をご紹介いたしました。
快適な空間で生活できれば、今よりもっと充実した人生を送る事ができるでしょう。
決してあきらめず、少しずつ自分にあった方法で掃除を始めてみてください。