持家と賃貸、どっちが得? しっかり比較して決めたい選択

持ち家と賃貸。
家は一生の中で最も大きな買い物と言われています。しかし、家を買ってローンに悩みたくない人も多いようです。仕事の都合から結局は賃貸に落ち着く人もいます。ただ、家がないということはずっと賃貸料金を払い続けることになるため、一概にいいことばかりではないです。
この記事では、そんな持家と賃貸を比較した情報を紹介します。

1.不動産の知識って必要?

「不動産」とは、大まかに言えば家に関する大事な知識。しかし、あまり詳しい人がいないのが現状です。知っておかないと人生のお金事情に大きな差を生みます。
実際、購入を考える人はそれなりに勉強しますが、ほとんどの人が勉強不足のまま家を買っているようです。住みたいと思って物件を購入したが、実は損をしてしまったパターンのほうが多い傾向にあります。やはり知らずに決めてしまうより、納得のいく家賃を払ったり、物件を購入したりしたいもの。
さらに、正しい知識を持ってよい不動産を購入することで残せるお金に大きな違いが出てきます。少なくとも納得して決断できるようにしましょう。

2.賃貸のメリットとデメリット

家のことを決めるとき、知識は必ず必要です。この項目では、賃貸に関するメリットとデメリットを確認しましょう。

2-1.・賃貸のメリット

賃貸のメリットとして大きいのは、いつでも引っ越しができる点です。特に、仕事で転勤が多い人は賃貸住まいになることが多いでしょう。また、家族構成の変化に合わせて住む場所を臨機応変に対応できる点もメリットです。
持ち家であれば固定資産税を払う必要があります。しかし、賃貸であればそういった税金を払う必要もありません。また、基本的には修繕費が掛からないのもポイントです。内装に劣化があれば引っ越しをすれば済んでしまうことが多いでしょう。
家のローンに比べ、自分の収入に併せて最適な家賃の場所に引っ越しすることもできます。そのため、経済環境に対応しやすいです。

2-2.賃貸のデメリット

持ち家であればローンを払えばお金を払う必要がありません。しかし、賃貸であれば死ぬまで家賃を払い続ける必要があります。高齢者になってしまうと、収入や連帯保証人の問題から借りることが難しい場合も。また、家賃を払い続けたとしても自分の資産にはなりません。
家族構成に合わせて引っ越しはできても賃貸はプラン上狭い場合が多いです。そのため、大人数では過ごしづらくなります。
持ち家は購入時にデザインすることもできますが、賃貸であればできません。選ぶことはできても、その部屋を自分好みにすることはできないので注意が必要です。

3.持ち家のメリットとデメリット

賃貸を選ぶにしても、ケースバイケースになってきます。では、持ち家のメリットとデメリットに関しても知っておきましょう。

3-1.持ち家のメリット

持ち家の大きなメリットは、住宅ローンを払ってしまうと資産になることです。特に、自分の土地を持てるのは大きなメリットでしょう。また、住宅に掛かるお金が軽くなります。掛かるお金は税金と修繕費ぐらいです。
また、デザインハウスを選べば自分好みの間取り・デザインが可能となります。そのため、将来の家族構成を考えて家を作ることが可能です。

3-2.持ち家のデメリット

持ち家のデメリットとしては、家を構えてしまうと簡単に引っ越しができないのが大きいでしょう。また、デザインするときに家族構成を考えていないと間取りに困ってしまいます。
持ち家の場合、経済の影響を大きく受けてしまうのも特徴。ローンを払う人の給料が下がってしまうと、生活が苦しくなることもあります。また、無理なローンを組んでしまうと節約が続く生活になることに。また、家が不要になって売却することになっても、資産として売れない可能性もあります。

4.持ち家と賃貸の金額面を比較する

4-1.モデルケースを考える

賃貸と持ち家。どちらが得かを考えようとしても、人生は人それぞれのためさまざまな事情を考慮し始めるとキリがありません。
そこで、今回は議論を単純化するため人生のモデルケースを想定しながら検討していきます。その上で、一生の間に支払う住宅支出を比べてみましょう。

4-2.賃貸の想定

賃貸住宅のメリットは、家族構成や家庭の状態に合わせて住まいを「選ぶ」ことができることと確認済みです。なので、各ライフステージに合わせて引っ越しを行い「ちょうどいいサイズ」の家に住むことを前提にしましょう。また、議論を単純にするため敷金・礼金・クリーニング代・引っ越し代はなしとします。
賃貸のまま一生を過ごすと、平均8万円の家賃を月々出費することに。30歳から70年間で約5600万もの家賃を払う計算です。実際に計算してみると、家を買えるくらいのお金を払っているのがわかります。さらに、ここに引っ越し代などを計上すると、大きくなっていくことに。

4-3.持ち家の想定

家の場合は、将来性を考えて家族の人数がピークとなる場合を想定して家を建てます。その場合、約4000万円の家を30年ローンで3%の金利で払うとすると5800万程度。そのうち約1800万円は利息です。
金利やローンの組み方で状況は変わりますが、払い終えてしまうと家は資産となります。持っている家によっては資産になり得ない可能性もありますが、土地は確実に自分の資産です。自分の環境を考えた上で、資産運用を考えましょう。

4-4.老後を考えたときの比較

最近では誰も住まなくなってしまった空き家問題があります。住んでいる人が死んだ後の家処分は、残された家族にとって大きな課題です。
その家を利用する場合は問題ありません。しかし、その家を解体する場合は費用が掛かります。また、誰かに貸し出したり売りに出したりすることは可能です。家自体は劣化していることが想定されるため、修繕費は掛かると思いましょう。
しかし、家に価値はなくても土地に価値がある可能性はあります。土地を貸し出したり、その土地にマンションを建てたりすることで新たな資産運用は可能です。

5.まとめ

いかがでしたか?
この記事では持ち家と賃貸に関する情報をお届けしました。さいごに、大事なポイントをまとめておきましょう。

  • 不動産に関する知識は持っておくべきである。
  • 持ち家と賃貸を考えるとき、知識がないと損をすることに。
  • 賃貸では家族構成や労働環境に合わせて住む場所を変えることができる。
  • 賃貸では、老後のことを考えておかないと住む場所を探すことも難しくなる。
  • 持ち家では、ローンを払い終えれば自分の資産となる。
  • 家だけでなく、土地という大きな資産が手に入る。
  • 持ち家の場合、その土地から引っ越しするのが難しくなる。
  • 場合によっては、リフォームなどでお金が掛かる。
  • 賃貸でも、場所によっては家を購入するぐらい費用が掛かる。

賃貸と持ち家。この議論に決着点はないです。しかし、持ち家のメリットとして大きいのは資産となること。家自体が資産にならなくても、土地という資産は非常に大きいです。老後のことを考えて、賃貸以外の選択が自分にもあり得ることを考えておきましょう。